読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

Sunny in Valencia

このあいだまでの雨続きが
うそみたいに晴れやかなスペインの朝!

せっかくなので、テラスで朝食を。

今日はToredoに行こうかと思ってたのやけど、
Ferranが「絶対バレンシアに行くべき!
友だちに案内頼んであげるからさ!」というので、
「ほんま?!じゃぁそうするわ、ラッキー♪」とふたつ返事で。

マドリッドからまた高速列車に乗り
南東の地中海方面へ1時間40分。

南の楽園、バレンシアに到着です。


Valencia

待ち合わせまでまだ2時間ぐらいあったので、
 Tourist informationで地図をもらい
旧市街をぷらぷらとお散歩。

ここの太陽のパワフルなことといったら!

南に来たのやな~。

また?!、とそろそろ言われそうな
中央市場へまず向かい。

だってさ、市場見ると
売ってるもの、みんなが買ってるもので
ここの名物がひとめでわかるのやもん。
なにを隠そう、だいすきなのですしかたない(*´∀`)

ひろーい敷地に、お肉やお魚。

でっかすぎるピーマン!

これこれ!バレンシアオレンジ。 

フレッシュジュースが1€ってやすいー。

そして甘くておいしいーっ!!

そして、ヴァレンシアと言えばの
パエジャ鍋もたくさん。

小腹がすいていたので
なんやか美味しそうなスタンドで
指差しでチキンとパプリカのソテーを頼むと、

パンにたっぷりはさんで
パニーニに焼き直してくれました。

これまた、うんまーーーー!!!
そして、たったの1.2€という安さ。

Ferranも言っていたけれど
バレンシアはとっても開けた街のわりに、物価がお安い。
どこのカフェを除いてもだいたい、ビールだって1€ぽっきりです。

おいしそうなオリーブやさんを見つけ、
蛸や鮪のピンチョスと、色とりどりのオリーブをお土産に。

やっぱり、市場がだいすき!
このなかに住みたいぐらい。楽しかったです(^^)

◆Mercato Centrale Valencia
http://www.guidavalencia.com/turismo-cultura-valencia/monumenti-luoghi-interesse-valencia/23-mercato-centrale-vlc


街歩きを再開すると、
ここにもお洒落なショップ、とくに
ヴィンテージショップがたくさんあって。


質のよい古着がかなりお手頃価格やったので、
時間があったらずっとぷらぷらしてたかったぁ!


時計をみると、うっかり約束まで1時間をきっているのに
メインの観光スポットにまだ行ってなかったやばー!と、
大慌てでバレンシア大聖堂へ。

ここ、Catedral de Valènciaは
800年以上前に建築が始まったもので、
その壮大さはもちろんのこと、
なにより、キリストが最後の晩餐でも実際に使用したとされ
バチカン市国からも認定をされている聖遺物のひとつ、
"聖杯"が納められていることで有名で。
これは見ておかないとだめよね。

聖堂はどの街でもよく行くしなぁと
軽い気持ちで来てしまったけれど、
天井のモザイクがほんとうに素晴らしくて!

こちらが聖杯の納められている礼拝堂。
遠くちいさく見えるのが、その"聖杯"です。

レプリカがこちら。

この大聖堂は、ヨーロッパに数あるそれのなかでも
素人目にですが、特に素晴らしかったです。

時間になったので、待ち合わせの"COMIC" カフェへ。

◆COMIC
https://m.facebook.com/comicrussafa

すっかりお気に入りになった
Tinto de veranoを注文し、待っていたら

Ola!と、バレンシアの学校で
犯罪更正学の教師をしているというJonが会いに来てくれました(^^)

ユニコーンがだいすきだというここの店員さん、Joseをふくめ
ふたりともFerranの大親友だそうで、
先週はみんなでゲイパレードに出掛けていたのと
超絶刺激的な写真も見せてくれました(笑)

なにしたいー?どこでも案内するよー!
と言ってくれたので、
「本場のパエリア食べれる?!」と聞くと、
近くにテイクアウトの美味しいショップがあるから
買いにいってこのカフェで食べようか!と♪

よく行っているというショップでは
奥のおーっきぃお鍋に
パエリアが何種かできあがっていて、

わたしには、兎とエスカルゴのものを

僕はこれ、と"ボティファラ"という豚の血のソーセージのものを。

どっちも美味しかったのやけど、
ボティファラのがもうほんまに絶品で、
このパエジャおいしすぎるー!と言ったら
「これはパエジャじゃないよ。お米の種類が違うからね。」と。

どうやら本番では、パエジャと呼ぶには
使うお米やトマトの種類が決まっていて、
どちらもバレンシア地方の特定のものじゃないと呼べないのやとか。

お米が変われば呼び名も代わり、
バレンシアのお米じゃなきゃ、パエジャにもなれないのやって。
深いのやなぁ~。

高級なイメージだったパエジャも、
地元のお店で買うとたったの3€でした。
(といってもまた、ご馳走になってしまったのやけど)

◆Que Bo!
http://www.quebovalencia.es/

クリームチーズと
バレンシアのフレッシュなライムを使ったという
おいしいプディングまでご馳走になり♪

海のほうまで歩こうー!と
太陽のもとをてくてくと。

すると、なにやら巨大なモニュメントや建物が出現して!

これは、かのガリバーやろうか。
公園になっています。巨大。

バレンシアは"芸術科学都市"だそうで
海に向かって、博物館やオペラハウス、
人工の湖や水族館などの複合施設が立ち並び
それはそれは圧巻の光景。

緑もたくさんあって、
ここに住んでいるひとたちが思い思いに生活を楽しむ場所なのやって。

This is a "quality of Life".
これがそうだよ、とJon。

たしかにそうね、ほんとうに素晴らしいとおもう。

時間の使い方、日々の過ごし方。
わたしはもうすこし、いろんなことのペーストを落として
限りのなく思える時間を楽しんでみてもいいのかも。

ありがとう!Jon.

そしてさいごに、
バレンシアのおいしいワインを1本選んで!と
Alicante(バレンシアの南の産地)のChardonnayを買い。

楽しくてあたたかくてたまらない時間をほんとうにありがとう、
必ずまた来るね、今度は大切な家族を連れてくるねと
再会を約束してお別れ。

またスペインの広大な景色を横目に、
シエスタしながらMadridへ戻ります。


Madrid again

マドリッドに戻り、
スペインの晩ごはんの時間までまだすこし時間があったので
チュエカ地区の奥のエリアをすこし散策して。

また見つけてしまった、かわいいショップたち(*^^*)

◆PANADERIA
http://www.lapanaderiadechueca.es/
女性オーナーのオーガニックのパンやさん。

明日の朝用にバゲットを1本買うと
こんなかわいい紙に包んでくれました。

◆La hogaza
http://www.panaderialahogaza.com/
もうひとつ見つけた、こじんまりかわいいパンやさん。

明後日はここに買いにこようかな♪

◆MOTT
https://m.facebook.com/MOTTmadrid/
セレクトはほんまに、超絶お洒落でほしいものだらけやったけれど
割と高くてなにもかえなかった~。

◆PINKOCO
https://m.facebook.com/pinkoco.popup/
美しいライフスタイルのセレクトショップ

◆NUD
https://m.facebook.com/pages/NUD/363924163715610
こちらも鞄や服のかわいいセレクトショップ

うろうろしてるうちに、晩ごはんの時間に。
どこに入ろうかなとるんるん♪
迷って決めたのが、こちら。

◆Baco y Beto
http://baco-beto.com/
ワインとタパスのお店みたい!最高っ**

まず頼んだワインは、
Floor innata , Rueda 2014

おすすめだけあって、とてもフルーティでおいしい。

Duck rilletes, mango chutney 
鴨のリエットとマンゴーピューレ

これが、めちゃくちゃおいしくて。

調子にのってもう1品。
Breaded wild mushroom with truffle sauce
マッシュルームのフリット トリュフソース

これには、RiojaのCRIANZAと合わせて。

タパスはハーフポーションで頼めるし
ワインもグラスで15種類ぐらい空いていて、
わたしには天国のような場所でした!

飲んでおなかいっぱい食べて、17€。しあわせー!
また来たいな。ご馳走さまでした。

太陽いーっぱいあびて、よい疲れ!
おやすみなさい。