読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

Share A Table

 

市場前の好立地を生かし、

今日はヨーグルトやパテドバスクを買って

ホテルで朝食を食べることに。

f:id:naccotours:20170503232636j:image

こういうのが一番好きなわたしたち。

シェーブルチーズも美味しかったぁ。

 

しあわせの焼きたてパンは

朝一番に坂の上のこちらで調達しました。

◆Boulangerie Pâtisserie Colombini

f:id:naccotours:20170503232723j:image

f:id:naccotours:20170503232729j:image

f:id:naccotours:20170503232811j:image

 

雨模様がつづく今日は、

ビアリッツのCasinoの近くからA2のバスでバイヨンヌまで。

直通約25分、たった1€でいけちゃいます。
(A1や8番バスも行くみたいでした)

f:id:naccotours:20170503233007j:image

 

バイヨンヌへ到着です。

f:id:naccotours:20170503233042j:image

f:id:naccotours:20170503233049j:image

 

どの街へ行っても、市場へ吸い寄せられるわたしたち。

◆Les Halles Bayonne

f:id:naccotours:20170503233139j:image

f:id:naccotours:20170503233304j:image

 

バイヨンヌといえば、生ハムとチョコレート!

市場の脇に良さそうなお肉やさんを見つけ

Jambon Bayonneを切ってーと。

f:id:naccotours:20170503233918j:image

f:id:naccotours:20170503233924j:image

f:id:naccotours:20170503233939j:image

f:id:naccotours:20170503233958j:image

でっかー!すごー!

切りたてを真空パックにしてくれました。ありがとう。

f:id:naccotours:20170503234059j:image

 

街をぷらぷらしていると、

f:id:naccotours:20170504000217j:image


バイヨンヌ・サント・マリー大聖堂が見えてきました。

f:id:naccotours:20170503234424j:image

f:id:naccotours:20170503234446j:image

ここのステンドグラスは形が変わってて可愛い。

 f:id:naccotours:20170504000348j:image

f:id:naccotours:20170504000353j:image

 

次は、チョコレート!

カカオが南アフリカから伝わったフランス最初の場所がここバイヨンヌ

 

その中でも特に歴史の深い、

ビーントゥバーという概念すらなかった昔々から

当然のようにここで手作りを続けているショコラティエへ。

 

◆Cazenave
http://www.chocolats-bayonne-cazenave.fr/

f:id:naccotours:20170504001332j:image

f:id:naccotours:20170504001338j:image

f:id:naccotours:20170504001540j:image

f:id:naccotours:20170504024430j:image

f:id:naccotours:20170504024417j:image

チョコレートは、こんな可愛い箱に入れてくれるの。

f:id:naccotours:20170504024550j:image

お店を出るとき、お魚のチョコレートをくれました。

f:id:naccotours:20170504024518j:image


行きたかったバスクリネンのお店ものぞきます。

◆Jean-Vier
http://www.jean-vier.com/fr/

f:id:naccotours:20170504024609j:image

f:id:naccotours:20170504024624j:image

バスクリネンのブランドはいくつかあるけれど、
ここが一番正統派というか、そんなかんじでした。

 

街には可愛いブティックもたくさんあって。

f:id:naccotours:20170504024644j:image

f:id:naccotours:20170504024658j:image

f:id:naccotours:20170504024714j:image

f:id:naccotours:20170504024813j:image

f:id:naccotours:20170504024730j:image
ただビアリッツなどより、良くも悪くも田舎っぽい印象のバイヨンヌ
売っているものもどこか懐かしさがあったり(´∀`*)

 

さてさて、お待ちかねの昼食は
フレンチバスクらしいものを、と予約していた川沿いの小さなリストランテへ。

 

◆A Table !
http://www.restaurant-a-table-bayonne.fr/

f:id:naccotours:20170504024756j:image

f:id:naccotours:20170504024911j:image

f:id:naccotours:20170504024833j:image

可愛い店内ーーー!!
カラフルやのに、いやらしさが全然なくて
むしろとっても小洒落たかんじ。

 

バイヨンヌの地ビールと、

f:id:naccotours:20170504024932j:image

 

ポーションも大きいと聞いていたので、
厳選して3人で3品をシェアすることに。

 

本日のおすすめ前菜より
Tartare de legumes frais et Burrata 8.5€
ブッラータチーズと野菜のタルタル

f:id:naccotours:20170504024947j:image

f:id:naccotours:20170504024959j:image

チーズとろりー!これこれ!

 

Brochette de Gambas decortiquees 16€
海老の鉄板串焼きグリル

f:id:naccotours:20170504025046j:image

注文してからずっと後ろの鉄板で焼かれてて
いい匂いがしていたのよ。

f:id:naccotours:20170504025222j:image
海老味噌とトマトのソースがたまらないーっ!

 

Confit de Cochon Iberique en Risotto 16€
イベリコ豚のコンフィ パルメザンクリームリゾット

f:id:naccotours:20170504025144j:image

イベリコ様は外カリっジューシーやし、

リゾットはチーズがどろーっとたっぷり!
半端ない美味しさっ。

 

ひと皿ひと皿、見た目以上に細かく仕事がされていて
何に口をつけても、うなるほど美味しかった。しかもお安いー!

 

これぞ、フランスの街ビストロの真髄。
ご馳走さまでした。

 

デザートもいただこうかと思ったけれど
シェフとお2人だけで切り盛りされていて
とっても忙しそうやったので、
さっき見つけたモダンなショコラティエでお茶をすることに。

 

◆Pâtisserie Lionel Raux
http://www.patisserieraux.fr/

f:id:naccotours:20170504073243j:image

 

日本で流行っているフランス菓子のイメージそのまま、
煌びやかー!なスイーツの数々。

f:id:naccotours:20170504025344j:image

f:id:naccotours:20170504025500j:image

f:id:naccotours:20170504025517j:image

f:id:naccotours:20170504025533j:image

f:id:naccotours:20170504025618j:image
値段は日本の半額ぐらいだけれど♪

ジャケ買いしそうになったほどかわいいパッケージは、唐辛子チョコレート。

f:id:naccotours:20170504032243j:image

 

2階がイートインスペースになっていて、
カフェ・オ・レなどを注文できます。

f:id:naccotours:20170504032332j:image

 

Petit Alex 4.9€ ※イートイン価格
チョコレートケーキ

f:id:naccotours:20170504032311j:image

 

Tarte aux Abricots 2.95€ ※イートイン価格
アプリコットのタルト

f:id:naccotours:20170504032412j:image


どちらも甘さ控えめで美味しかったです。
午後のしあわせな時間。

 

そしてまた、ビアリッツへ戻り
ホテルまでの道のりで、今日は開いていたマカロン屋さんへ寄り道。

 

◆Maison Adam

https://www.maisonadam.fr

f:id:naccotours:20170504032519j:image 

バスクカロンきっての有名店で
本店は明日行くサンジャンドリュズにあります。

f:id:naccotours:20170504032541j:image

f:id:naccotours:20170504032626j:image
なので、今日は下見だけっ。

f:id:naccotours:20170504032654j:image

f:id:naccotours:20170504032707j:image 

食べたいーーーー(;_;)

 

気を取り直し、ホテルへ戻ってタクシーを呼んでもらい
この旅で一番楽しみにしていたホテル、山の中のオーベルジュへ。

 

◆L'AUBERGE BASQUE
http://www.chateauxhotels.jp/search/hotel.php?hotel_id=476

f:id:naccotours:20170504032858j:image
若くしてアランデュカスに認められというシェフ、

セドリック・ベシャドさんが2007年にオーナーシェフとしてオープンしたオーベルジュは、
名実ともにバスクきっての美食宿。

 

チェックインのレセプションからは
なんと厨房の様子が見えるという。

f:id:naccotours:20170504032957j:image

 

ファミリールームにはキッチンまで!

f:id:naccotours:20170504033115j:image
でもでもなんだか、障子?のおかげで
またもやほっこり懐かしい印象。

f:id:naccotours:20170504033219j:image

f:id:naccotours:20170504033642j:image

 

部屋には嬉しいマカロンのギフトに、 

胡瓜とキウイを使った
自家製のウェルカムドリンクも頂きました。

f:id:naccotours:20170504033659j:image

f:id:naccotours:20170504033708j:image

 

今晩ここで再び合流する
素敵女子おふたりを迎えるために、
歩いて15分ぐらいのとこらにあるスーパーへお散歩がてら。

f:id:naccotours:20170504033813j:image

 

ロゼのチャコリ発見ー!

f:id:naccotours:20170504033751j:image
食後のバータイム@お部屋 はこれに決定♡


エスパドリーユがたくさん売ってるのもバスクらしい。

f:id:naccotours:20170504033756j:image

f:id:naccotours:20170504033825j:image

 

運動もしっかりとしたので、
ホテルへ戻りシャワーを浴びて服を着替え
お楽しみのダイニングへ!

f:id:naccotours:20170504033931j:image

f:id:naccotours:20170504033948j:image

素敵なお庭ーっ。

 

大好きな家族と友人、
5人で囲むハッピーすぎるテーブルには
パパからのシャンパーニュ "DRAPPIER" 。

f:id:naccotours:20170504033846j:image

f:id:naccotours:20170504033957j:image

体に染みるー。しあわせの象徴。

 

コースは3段階あったうちの真ん中、
前菜+メイン2皿+デザートの4皿で75€ のものを。

 

ブラックペッパーを練り込んだパンには、
地元産のバターとRioha産のオリーブオイル

f:id:naccotours:20170504034146j:image

f:id:naccotours:20170504034158j:image

地産地消がモットーのよう。

 

アミューズのピンチョ3種は、
牛肉コンフィのコンソメ
マッシュルームのビスケット
フォアグラとシェーブルチーズのムース

f:id:naccotours:20170504034234j:image

f:id:naccotours:20170504034622j:image

 

前菜には、
ゴートチーズと林檎、玉葱のグリル

f:id:naccotours:20170504034226j:image

ふわふわとしたチーズのムースがほろり美味しい。

f:id:naccotours:20170504034327j:image

 

合わせるワインに選んだのは、
2014 Irouleguy Domaine Arretxea

近く、南西地方イルルギーの白です。

f:id:naccotours:20170504034405j:image
日本ではなかなか飲めないー!と大はしゃぎ。
飲み口は軽やかながらにゴートチーズにも負けない懐の深さ。

 

お楽しみのメインのひと皿めは、
イカ墨のソーセージ 雲丹のソース
人参グラッセ添え

f:id:naccotours:20170504034404j:image

えー!これイカ墨なの?!と。
てっきり豚の血のソーセージかと思っちゃった。
もちろん、美味しく頂きました。

 

メインの2皿めは、
パルフォン牛のグリル じゃが芋のフリット

f:id:naccotours:20170504034433j:image

こちらの牛肉って、
赤みに深い味わいと大地の香りがあって大好き。

 

合わせた赤ワインは、同じイルルギーから、
2014 Irouleguy Domaine Bordaxuria

f:id:naccotours:20170504034526j:image
女性醸造家さんの作品だそうで、
セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨンとフランのブレンド。
しっかりと、でもやわらかなタンニンでとてもエレガントな印象。

 

最後のデザートには、
ココナッツムースとグレープフルーツソルベ

f:id:naccotours:20170504034547j:image
ココナッツのフランジパニと

このフランジパニがお餅な不思議な食感でおいしたのしかった!

 

嬉しくて楽しい時間はあっという間で
こちらの部屋で晩酌のつづきをしようー!と


後ろで悠々と鎮座していた生ハムを
部屋で少し食べたいので切ってもらえませんか?とお願いすると…

 

これは、Patrik Dulerという世界最高級、
スペインではなくフランスの生ハムなのですよ、と。

f:id:naccotours:20170504034720j:image

パパがご馳走してくれるというので
喜んでー!と頼むと、こんな箱まで見せてくれて。

f:id:naccotours:20170504034652j:image

今切ったこれだけで20€です、もっと入りますか?と。

f:id:naccotours:20170504073206j:image
ひえぇぇえええー!充分です!!!
勿体無すぎるのでここでみんなで味わうことに。

 

ブルーチーズのような香りさえする
複雑で旨味の詰まりに詰まった生ハムでした。
なんという食の体験。

 

部屋に戻り、わいわいと
夜更けまでしあわせな宴は続いたのでした。