Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

丹後の魅力発見旅 Day.3


AM 06:30

「めちゃくちゃかわいい漁港に連れて言ってあげます」と、ひーさんがお迎えにきてくれて。

f:id:naccotours:20180620231534j:image

やさしい1杯のコーヒーから始まる朝。


連れて行ってくださったのが、竹野(たかの)漁港というところ。こじんまりほんとかわいい!

f:id:naccotours:20180620231620j:image
f:id:naccotours:20180620231623j:image
f:id:naccotours:20180620231627j:image
f:id:naccotours:20180620231631j:image


戻ってきたばかりの船から魚を上げています。

f:id:naccotours:20180620235447j:image
f:id:naccotours:20180620235453j:image
f:id:naccotours:20180620235457j:image
f:id:naccotours:20180620235442j:image
f:id:naccotours:20180620235438j:image

 

きゃぁっΣ(゚д゚lll)アナゴ落ちてるっ!!!!!!笑

f:id:naccotours:20180620235745j:image


アジを手早く仕分ける西口船長さんは、"飛丸タクシー"という漁船観光も行う、名物船長さんだそう。

f:id:naccotours:20180620235527j:imagef:id:naccotours:20180620235630j:image

 

水も透き通っていてとても綺麗でした。

f:id:naccotours:20180620235814j:image


漁港の上にある大成古墳群からも、きらきらの海が。

f:id:naccotours:20180620235910j:image
f:id:naccotours:20180620235923j:image
f:id:naccotours:20180620235906j:image
f:id:naccotours:20180620235902j:image
f:id:naccotours:20180620235919j:image
f:id:naccotours:20180620235914j:image


この海にそびえる"立岩"までの参道を持つ、竹野神社へ。

f:id:naccotours:20180621000017j:image
f:id:naccotours:20180621000021j:image
f:id:naccotours:20180621000025j:image
f:id:naccotours:20180621000014j:image


地元の方は親しみを込めて"いつきさん"と呼ぶそう。

f:id:naccotours:20180621000101j:image
f:id:naccotours:20180621000119j:image
f:id:naccotours:20180621000110j:image
f:id:naccotours:20180621000114j:image
f:id:naccotours:20180621000130j:image

 

塀にある白い線は、由緒正しい神社の証。
f:id:naccotours:20180621000126j:image

 

こちらが海へ続く参道です。すてき。
f:id:naccotours:20180621000106j:image


そのまま、有名な漁港を持つ間人(たいざ)の街へ朝のドライブ。

f:id:naccotours:20180621000309j:image
f:id:naccotours:20180621000314j:image


このま新しいへしこ工房さんは、なんとケーキが美味しいそう!笑

f:id:naccotours:20180621000338j:image


AM 08:30

公民館で会った、中浜の吉岡提灯店さんへ。見せてあげますとよと言ってもらったのを、大いに本気にして訪問です(笑)

f:id:naccotours:20180621000441j:imagef:id:naccotours:20180621000902j:image

 

お祭りの多い丹後に22軒ほどあった提灯やさんも、今では2軒が残るのみ。
f:id:naccotours:20180621000435j:image


提灯の原型となる「型」を見せてもらいます。

f:id:naccotours:20180621000523j:image
f:id:naccotours:20180621000526j:image

丹後は6枚、浅草寺などの提灯を作ったりと有名な京都の作り手さんは、8枚板を使うそう。


この型に、秋に切った竹を横に螺旋状に巻きつけていき、糸を盾に掛けで固定。そこに丹後の二俣和紙という手漉き和紙を、ノリをつけて貼っていきます。

f:id:naccotours:20180621000659j:image


手漉きならでは、繊維がしっかりと詰まっていて、薄いけれど破れにくい。

f:id:naccotours:20180621000717j:image


最後に、パキパキっと型を外して、竹べらで折り目をつけて畳んでいく。

f:id:naccotours:20180621000735j:image

すごい!職人技!!!

f:id:naccotours:20180621000752j:image
f:id:naccotours:20180621000756j:image


ここに絵付けをし、"油ひき"という軽い防水加工を施し完成します。

f:id:naccotours:20180621000816j:image


この時、"家紋"を手書きで入れるのですが、家の数だけあると言われるため、着物や風呂敷を持ってきてもらって違いなく書くことにとても心を使うそう。

f:id:naccotours:20180621000840j:image
f:id:naccotours:20180621000836j:image


ご案内してくださった雄一郎さん。優しさのかたまりみたいな方でした。

f:id:naccotours:20180621000940j:image

今はなき、おじいさんと2人で作ってきた提灯。貴重な体験をありがとうございました。

 

そのまま中浜の街を歩いて案内していただきます。

f:id:naccotours:20180621001051j:image
f:id:naccotours:20180621001054j:image
f:id:naccotours:20180621001046j:image


大豆を撒いて、自家製納豆をつくるというおじちゃん♡

f:id:naccotours:20180621001115j:image

のどかぁ。


丹後で採れる貝を何十年にも渡って集め歩き、自宅に展示している池井先生にも会いに連れて行ってもらって(´∀`*)

f:id:naccotours:20180621001214j:image
f:id:naccotours:20180621001205j:image
f:id:naccotours:20180621001210j:imagef:id:naccotours:20180621001217j:image


出版されている詩の作家さんでもあり、町の身近なアーティストさんなんですと。

f:id:naccotours:20180621001258j:image

 

こうやって並べると新しいアイデアが思いつくかもって思って。と。すてき!きゅんっ。
f:id:naccotours:20180621001303j:image
f:id:naccotours:20180621001254j:image

良いものたくさん見せていただきました…!ありがとうございます♡


ここの漁港には、烏賊釣りやアゴ拯き(トビウオ)に使う船たちが。

f:id:naccotours:20180621001447j:image

 

昔の郵便局の建物も残っていたりと、とてもノスタルジックで楽しい町並み散策でした。

f:id:naccotours:20180621001535j:image
f:id:naccotours:20180621001531j:image


AM 10:00

伊根へ向かうドライブの途中、丹後岬のいちばん端っこ、経ヶ岬灯台へ

f:id:naccotours:20180621001559j:image


ちょこん。かわゆっ!♡

f:id:naccotours:20180621001707j:image


AM 10:30

週末には浜買い(漁師さんから直接魚を買える)ができるという、珍しい伊根の新井漁港へ。

f:id:naccotours:20180621001830j:imagef:id:naccotours:20180621001826j:image
f:id:naccotours:20180621001822j:image


近くのひとがバケツ持って買いにくるんだってー!楽しそう!!

f:id:naccotours:20180621001852j:image


こちらは新井崎神社。徐福さんという祭神さまが上陸したという伝説がのこるところ。

f:id:naccotours:20180621001916j:image
f:id:naccotours:20180621001921j:image
f:id:naccotours:20180621001925j:image


とても気持ちよくて、ここで1日中のんびりしていられそう。

f:id:naccotours:20180621001955j:image


おーっきな棚田!1枚1枚が大きくて、美しいすごいっ。

f:id:naccotours:20180621002023j:image


そして久しぶりに伊根の町へ。

f:id:naccotours:20180621002051j:image

 

暑いからアイスを食べようー♡と連れて来てくださったのは、なんと…酒蔵!!!


◆向井酒造株式会社

http://kuramoto-mukai.jp/

f:id:naccotours:20180621002153j:image
f:id:naccotours:20180621002157j:image
f:id:naccotours:20180621002145j:image
f:id:naccotours:20180621002201j:imagef:id:naccotours:20180621002149j:image

 

アイスの前に、せっかくなので試飲をと。代表銘柄の特別純米酒、"京の春"を。

f:id:naccotours:20180621002351j:image


伊根町の契約農家さんで作る赤米を使った1本も。甘やかで美味しい!

f:id:naccotours:20180621002421j:image
f:id:naccotours:20180621002424j:image


その赤米酒粕を使った、もうひとつの名物がこのアイス最中 "あかちゃびん" 400円。

f:id:naccotours:20180621002527j:image


テイクアウトをすると、向かいの海に突き出たテラスでいただけるのですが。

f:id:naccotours:20180621003250j:image
f:id:naccotours:20180621003253j:imagef:id:naccotours:20180621003246j:image

 

景色もさることながら、酒粕の香りがふわりっさっぱりと甘くてこれめっちゃ美味しい!

f:id:naccotours:20180621003315j:image

最近食べたアイス界No.1かも?!大好きなルマンドアイスと張るかもーーっ!♡♡


女性の名物杜氏さん、久仁子さんをご紹介いただいて。笑顔が素敵すぎるーーー!♡

f:id:naccotours:20180621003510j:image


とっても珍しい赤米の酒粕までいただいてしまいました。嬉しいっっ。

f:id:naccotours:20180621003528j:image


PM 00:00

お昼にお呼ばれになったのは、神戸から移住してきて、今は伊根の観光案内所で働かれている高井さんのお宅。

f:id:naccotours:20180621003625j:image


到着して戸をがらがらと開けると、漁連OBの秀樹さんと、近くで伊根のローカルガイドをされているカヤさんが、なんと玄関先で魚をさばいてくれていました。

f:id:naccotours:20180621003740j:image
f:id:naccotours:20180621003745j:image
f:id:naccotours:20180621003748j:image

豪快ながら丁寧なお仕事っ。おいしそうー!!


今朝、伊根漁港に定置網であがったものをバケツで買いに行ってきてくださったそうで。

f:id:naccotours:20180621003852j:image

なんと、アジ30匹分!に、角飛魚をお刺身に。

f:id:naccotours:20180621003944j:image


残った骨は唐揚げに、炊合せなどいろいろと。

f:id:naccotours:20180621095909j:imagef:id:naccotours:20180621095901j:image
f:id:naccotours:20180621095904j:image

めちゃくちゃ豪華ーー!すごいー!!

f:id:naccotours:20180621095946j:image

人参とエノキ、加悦(与謝野町)のトマト以外は全部伊根産ですよと。


かやさんの自家製かりんジュースに。

f:id:naccotours:20180621100207j:imagef:id:naccotours:20180621100202j:image


「手前味噌です」と、高井さんの自家製味噌と秀樹さんのワカメのお味噌汁。

f:id:naccotours:20180621100233j:image

 

脂のびっくりのった、ぶりんぶりんのアジを。
f:id:naccotours:20180621100338j:image
f:id:naccotours:20180621100348j:image

一緒ににぎったすし飯おにぎりに載せて♡

f:id:naccotours:20180621100343j:image

 

漁港から食卓へ。みんなでごはん。
f:id:naccotours:20180621100352j:image

楽しいな〜おいしいうれしいなぁ〜(´∀`*)


お腹がいっぱいになった後は、みーんなでお散歩をして、まりこさんという方に会いに行きました。

f:id:naccotours:20180621100822j:imagef:id:naccotours:20180621100817j:image


昔はこの一帯にたくさんあったという西陣織工房の、伊根でたった2軒だけのこるところで。

f:id:naccotours:20180621100852j:image
f:id:naccotours:20180621100856j:image

機織り機のカタカタという音が外まで聞こえています。


すごいーーー!初めて見たーーーっ!!

f:id:naccotours:20180621101003j:image
f:id:naccotours:20180621101017j:image
f:id:naccotours:20180621101008j:image
f:id:naccotours:20180621101025j:image

 

今織られていっているのは着物の帯です。

f:id:naccotours:20180621100957j:image
f:id:naccotours:20180621101013j:image


2~30年前は、糸の吊り込み本数が今の倍ありもっと、細かいものが織れたのよと。

f:id:naccotours:20180621101049j:image


とっても繊細な源氏物語の絵巻物を見せてくれました。仕事の細かさに、すごいの一言っ。

f:id:naccotours:20180621101117j:imagef:id:naccotours:20180621101112j:image

 

「簡単簡単。誰でもできるわよ〜♡」と笑うまりこさん。

f:id:naccotours:20180621101249j:image

いえいえ、いつまでも伝統を紡いでいってほしいなと思っちゃったのでした。

着物、着よう。ありがとうございました。


PM 15:00

大阪に帰る前に卵を買いたい!という私に、本当に美味しい卵ならと、伊根の山あいにある養鶏場へ連れて行っていただいて。


◆三野養鶏

http://thetango.kyoto/food/713/

f:id:naccotours:20180621101437j:image
f:id:naccotours:20180621101441j:image


鶏が食べるもので卵の味は決まるからと、地元のお米や魚粉、トウモロコシなどを自家配合し餌にとことんこだわって家族で営まれています。

f:id:naccotours:20180621101503j:image


「卵は生き物だから。綺麗にみがきすぎても弱くなっちゃうし加減が大切。嘘じゃないのと言われるけど、生でも夏は最低2週間~1ヶ月、冬なら2ヶ月持ちますよ。」とお父さん。

f:id:naccotours:20180621101522j:image


市場にはあまり出回らないという、MS玉を購入させていただくことに。

f:id:naccotours:20180621101544j:image

小さい若鶏の卵で、若さゆえに味が濃く、黄身の割合が高いので卵ごはんにするには最高だとか…♡

 

10個で220円、18個買って390円というお安さ…!!!

f:id:naccotours:20180621101615j:image

クオリティを考えればきっともう少し高くしてもいいんだけれど、給食とかね、普通の人に本当においしい卵を買ってほしいからねと。


生後100日前後の美人な子たちにも会わせていただきました。

f:id:naccotours:20180621101705j:image

また美味しい卵を産んでね。


PM 17:00

車ではるばる宮津まで送っていただき、そこから高速バスで大阪へ。

 

あっという間の2泊3日。

おいしいものを探しにいったはずなのに、思い出すのは、迎えてくださったみなさんの優しさや笑顔ばかり。

おかげさまで、五感全部で心から。丹後の魅力を味わえた気がします。

 

きっと今度は私が伝える番。がんばらなくちゃ!

みなさま本当に、ありがとうございました。

f:id:naccotours:20180621102224j:imagef:id:naccotours:20180621102403j:image

大好きっ!♡♡ また会いに帰ります。

 

 

Written by... **

----------------------

◆Table a Cloth.Co.,Ltd

CEO/Travel Designer/J.S.A.認定ワインエキスパート

岡田 奈穂子(Nahoko Okada)

Mail: tableacloth@gmail.com

Web: http://tableacloth.com/

 

 

丹後の魅力発見旅 Day.2

 

AM 04:30

1階の台所からことことと朝支度の音。目覚めると、窓の外には丹後松島の海景色。f:id:naccotours:20180619182155j:image


目のまえの海から朝日が登る6月限定で朝食を出すため、なんとレストこのしろ、4時半よりオープンです。

f:id:naccotours:20180619182118j:image
f:id:naccotours:20180619182114j:image
f:id:naccotours:20180619182122j:image
f:id:naccotours:20180619182126j:image


今日の波はとっても穏やか。

f:id:naccotours:20180619182037j:image
f:id:naccotours:20180619182230j:image


1.5升(15合)のごはんが炊き上がりました。

f:id:naccotours:20180619182253j:image

地元丹後産のこしひかり。このあたりは米どころで、酒米などもたくさん作っているエリア。おいしいお米の調達には事欠かないそう。


海を見ながらいただける朝食メニュは1種類、ごはんにお味噌汁、おかずが2~3種つく「朝定食」は500円。

f:id:naccotours:20180619182320j:image


今日のお魚はカレイの干物。日によって飛び魚だったりその日の仕入れによって様々。

f:id:naccotours:20180619182345j:image

この日のおかずは、がんも、ワカメの酢の物、いんげん豆の胡麻和えでした。すてき!♡

 

私にも朝食をご用意してくださったのですが。

f:id:naccotours:20180619182516j:image

 

嬉しい!昨日話しに聞いていた、アカモクというこちらの海藻を使った卵ごはん定食です。

f:id:naccotours:20180619182618j:image
f:id:naccotours:20180619182622j:image


丹後の有機農家さんのネギを乾燥させ、甘みを出したシンプルだけれどとってもおいしいお味噌汁。

f:id:naccotours:20180619182647j:image

なんと贅沢な朝ごはん。ご馳走様でした。f:id:naccotours:20180619182723j:image


AM 06:30

近く"此代"の集落へお散歩に出かけます。静かで青々ととても気持ちがいい。

f:id:naccotours:20180619182844j:image
f:id:naccotours:20180619182835j:image
f:id:naccotours:20180619182855j:image
f:id:naccotours:20180619182839j:image
f:id:naccotours:20180619182827j:image
f:id:naccotours:20180619182832j:image


沢の音を聞きながらお散歩。紫陽花もたくさん*

f:id:naccotours:20180619182925j:image
f:id:naccotours:20180619182917j:image
f:id:naccotours:20180619182921j:image


かわいいお地蔵さん軍団!丹後にはこういう軍団さんがちょくちょくといらっしゃるそう。

f:id:naccotours:20180619183013j:image
f:id:naccotours:20180619182849j:image

 

AM 08:00

レストハウスに帰ってのんびりお仕事していると、突然の地震!びっくり。。

大阪のおうちたちに連絡を入れると、何事もなかったようでホッ。

 

と思ったら!うっかり開いていたMACのスピーカー部分にお茶をこぼしてて、スピーカーがならず。慌てて天日干し…!!!

f:id:naccotours:20180619183250j:image

さすがの日当たりのよさに、夜にはすっかり回復してました*

 

AM 11:00

今日は1日まるまるかけて、美味しい丹後発見の旅へ!丹後でガイドをされながら地域創生に関わられている、"tangonia"の長瀬さんが案内人として、わざわざお迎えきてくださって。

 

まず初めに連れて行ってくださったのが、峰山というエリアにあるお醤油の醸造場さん。


◆小野甚味噌醤油醸造(株)

http://www.onojin.com/

f:id:naccotours:20180619184924j:image

 

昔は丹後の各町にあったという醤油醸造場ですが、今残っているのは3軒ほど。現当主を務める甚一さんで4代目になるという老舗のお醤油やさんです。
f:id:naccotours:20180619184905j:image
f:id:naccotours:20180619184858j:image

醸造場併設のショップでは、通常のこいくちシリーズ以外に、刺身や寿司用の"むらさき"シリーズ、お味噌などこだわりの品がたっっくさん!そのほとんどすべてを試飲させていただけます。

 

地元で採れる荏胡麻や琴引のお塩、にんにくなどローカル素材とのコラボレーションにも積極的で。
f:id:naccotours:20180619184916j:image

大豆そのものも隣の与謝野町から調達しているとか。

 

どれも個性豊かでアイデア満載!とっても美味しかったけれど、中でも気に入りすぎて即決しちゃったのがこれ…!!!
f:id:naccotours:20180619184901j:image

旨味たーっぷり!帰ってこれで卵ごはんするんだぁ♡

 

「調味料の多角化に合わせて色々なものを作るけれど。地元の素材を使ってここでしか出来ない、自分たちにしか作れないものを。」と甚一さん。
f:id:naccotours:20180619184912j:image

娘の恵理子さんも、すっかり醸造場の顔的存在です。

 

お醤油の奥深くて美味しい世界を見せていただきました。
f:id:naccotours:20180619184921j:image

ありがとうございました!また来ます〜♪


PM 00:30

お醤油の試食ですっかりごはん気分になっちゃった私っ。おすすめの場所と、予約をしてくださっていたこちらへお邪魔しました。


◆創作料理 Akari

http://akari0423.sakura.ne.jp/sousaku/

f:id:naccotours:20180619190244j:image

 

2017年の4月に峰山にオープンしたばかりのレストラン。
f:id:naccotours:20180619190237j:image

 

素敵な空間でいただけるのは、地元食材を使った、平日限定のお得なランチセット。

f:id:naccotours:20180619190339j:image
f:id:naccotours:20180619190328j:image
f:id:naccotours:20180619190335j:image


和食週替わりランチ 1,200円

f:id:naccotours:20180619190402j:image

本日は、鰆の甘辛炒めのメインに、お刺身、小鉢料理3種、蒸し鶏サラダ、茶碗蒸し、鯛出汁の炊き込みごはんがつくという贅沢さ。

f:id:naccotours:20180619190431j:image
f:id:naccotours:20180619190423j:image
f:id:naccotours:20180619190427j:image


気まぐれランチ 900円は、メインが自家製タルタルソースのアゴフライ。

f:id:naccotours:20180619190456j:image

はー!おなかはちきれちゃうっ。丹後の幸もりもりもりだくさん!大満足ランチでした。

ご馳走さまでした。

 

PM 14:00

次にと連れてきていただいたのは、網野町にある「フルーツガーリック」の製造工房さん。


◆ 有限会社 創造工房

https://www.fruit-garlic.com/

f:id:naccotours:20180619190754j:image

 

フルーツガーリックって何??? 状態で来てしまった私に、まぁまぁとまずご案内いただいたのがにんにくの発酵熟成庫。

f:id:naccotours:20180619190929j:image
f:id:naccotours:20180619190933j:image

んん?! 59.5度?! ここ入っちゃうの…??!!??!!

 

どうぞー♪と、軽やかに入れていただくと。

f:id:naccotours:20180619205229j:image

湿度も温度もとーーっても高くて、おまけに硫黄成分で目が痛すぎる…!!! 素人には到底長くはいられません… 

f:id:naccotours:20180619205307j:image

 

中はなんと64℃。収穫したての白にんにくを、この空間で1ヶ月かけて「完熟発酵」を行います。

f:id:naccotours:20180619205404j:imagef:id:naccotours:20180619205450j:image


一口頂くと、本当に甘くてフルーティで。旨味のすごいプルーンのよう!

f:id:naccotours:20180619205510j:image

なんと糖度は45度も。フルーツよりもフルーツですよと。


お父さんと一緒に、時にはぶつかりながら商品の存在意義に熱い想いを込める玄氣さん。

f:id:naccotours:20180619205552j:image

生にんにくの味×発酵の技術というシンプルな掛け算だけで、美味しさのベクトルをどこまで伸ばせるかに挑戦していると。

 

「フルーツガーリックを主張したいわけではなく、例えばそのチーズなど。一緒に食べ合わせてもらう素材の食材としての可能性を高めるお手伝いをしたいんです」と。

f:id:naccotours:20180619225429j:image

なんと、赤ワインや、スティルトンなどのブルーチーズとの相性も抜群だそう♡

 

こんなに、言葉の端々に尊敬すべき想いや考えが滲み出ているのに、実はまだまだ20代という元氣さん。

これからの展開が楽しみすぎるっ!本当にありがとうございました(´∀`*)


PM 16:00

京丹後市役所の観光振興課さんとのミーティングにもご案内いただき。

f:id:naccotours:20180619225816j:image

 

フルーツ直売所にテラスを設けて気軽に楽しんでもらう"フルーツトレイル"など、海外の事例を取り入れつつ丹後の美食を気軽に楽しんでもらえる取り組みを考えられています。
f:id:naccotours:20180619225820j:image

食を楽しんでほしい、美味しくてしあわせな経験を共有したい。ゴールは同じ。


地域で取り組む、ローカルで楽しい食イベントに、旅行会社として何がご一緒できるかなと考える機会をいただきました。

宿題にして、また会いに来させていただきます(´∀`*)

 

PM 17:00

最後に連れて行っていただいたのがここ。


◆竹野酒造 有限会社

https://yasakaturu.co.jp/

f:id:naccotours:20180619230406j:image
f:id:naccotours:20180619230411j:image

 

「弥栄鶴(やさかづる)」の名称で、地元丹後のみならず、日本全国、世界でも高い評価を受けている日本酒蔵さん。

f:id:naccotours:20180619230319j:image

現代のヨシキさんで6代目、120年の歴史を持つ蔵元さんです。


3年前にオープンされたという素敵な試飲バースペースにご案内いただき。f:id:naccotours:20180619225938j:imagef:id:naccotours:20180619225934j:image
f:id:naccotours:20180619225942j:imagef:id:naccotours:20180619225928j:image

 

田園を眺め、夕方の涼しい風に当たりながらの贅沢すぎる試飲タイム。

f:id:naccotours:20180619230853j:image


キリッとした辛口さとフルーティさのバランスが絶妙な「旭蔵舞」、まったり甘やかで女性イメージの「錦蔵舞」。洋梨のような華やかさを持つ「超亀の尾」。

f:id:naccotours:20180619230825j:image

使うお米の種類、それぞれの個性が際立っていて、日本酒のポテンシャルの高さに早速驚かされちゃう。

 

ラベル裏にはなんと!原料のお米の生産者様の名前が入ります。

f:id:naccotours:20180619231248j:image

理由を尋ねると、「田んぼをブランドにしたいから」と。

 

次に出してくださった2種は更に驚き。

下左、リリース前の⚫︎⚫︎(Secret♡)は、グレープフルーツのような酸味と、パクチーのようなアジアンなハーブの香りがあって。

ブラインドで飲むと白ワインかと勘違いしちゃいそうなほど香り高い。

f:id:naccotours:20180619231228j:image

上右、世界でも人気という"-in/ei- "は、しっかりとフルボディな味わいを燻製の香りが包む。

こちらはがっつりとしたお肉料理に合わせたい。日本酒に対してそんなふうに思ったことはなかったけれど。

 

これまで知らなかった日本酒の世界が確実にここにはあって。

2次元にしか見えてなかったものが、急に3次元に見えてきたような。不思議で嬉しい感覚。


更に。先ほどの「旭蔵舞」の別シリーズ。複雑な旨味が口の中にアフターとしていつまでも残る素晴らしい味わいは、袋釣り斗瓶の1本目だけを贅沢にも取っているからだと。

f:id:naccotours:20180619231209j:image

まるでワインのようなエチケットの「No.25 ファーストフラッシュ」は、酸味がキリッとたっていて、シンプルに美味しい。


25歳で丹後に戻り、杜氏になって9年。美味しいお酒を作ろうという心にストレートに、「好き放題やっています」と。

f:id:naccotours:20180619231139j:image

概念にとらわれず、様々な日本酒の可能性を探求される姿が本当に素晴らしくて。

 

お会いできて良かった。ありがとうございました。

f:id:naccotours:20180619232626j:image


今日出会った方の、一言一言を思い出しながら。

f:id:naccotours:20180619232722j:image

屏風岩の夕焼けを横目に、レストハウスへ戻ります。

f:id:naccotours:20180619232718j:image

 

------------

今日、丹後の素晴らしい魅力をこんなにも色々な角度から見せてくださった、長瀬啓二さんが代表を務められる"Tangonian"は。

f:id:naccotours:20180619232902j:image

 

「旅は“日常”と“非日常”の交差点」をコンセプトに、外国人旅行者へ ローカルならではの出会いと体験の提供、おもてなしをサポートすることを指名として様々活動されています。

◆Tangonian

http://tangonian.com/

 

なにって、彼自身が本当に熱くて素敵な方で。

f:id:naccotours:20180619232948j:image

地域の方にとても信頼され、人と人を繋ぐ良い意味でのハブのように走り回られていました。

きっとこれからまた、お仕事をご一緒させていただけるのを楽しみにしています(´∀`*)

 

PM 19:00

近くに素敵な温泉施設があると、にんにくの良い香り♡まるごと連れていっていただき。


◆宇川温泉 よし野の里

https://ukawaonsen.jp/

f:id:naccotours:20180619233217j:image

素敵な木造建築の温泉は、日によって「海の湯」「山の湯」と趣の異なる雰囲気が楽しめます。今日の女性湯は「山の湯」。

 

テラスで黄昏ていたのは、どこからかきた山羊さん。
f:id:naccotours:20180619233226j:image
f:id:naccotours:20180619233234j:image

気持ちよいよね。わかるわかる。お邪魔しますね。

 

お風呂を上がってテラスへ戻ると、紅色の夕焼けに。

f:id:naccotours:20180619233209j:image
f:id:naccotours:20180619233221j:image

はぁしあわせ。素晴らしいインプットが山盛りだった日は、こうやって自分にのんびりと吸収させるの。

 

PM 21:00

ひーさんにお迎えにきていただき、レストハウスへ戻ると。

 

丹後本を作られたクミコさんと、アイルランドに長くいらっしゃり、ここでゲストハウス運営を考えられているジュンコさんを迎えての女子ワイン会(+ひーさん)に…!!! ♡
f:id:naccotours:20180619233248j:image

 

クミコさんの持ってきてくださった鯖のへしこ。フレッシュで美味しい。
f:id:naccotours:20180619233230j:image
f:id:naccotours:20180619233243j:image

 

長瀬さんが、家に眠っていたと届けてくれた1999年のSavigny-Les-Beaune。
f:id:naccotours:20180619233213j:image

すごいすごい!丹後でサヴィニーに出会えるなんて思ってもなかった。

 

すっかりと話し込み、2日目の楽しい夜は更けて。

明日は丹後最終日、どんか景色と美味しいに出会えるかな。

おやすみなさい。

 

 

Written by... **

----------------------

◆Table a Cloth.Co.,Ltd

CEO/Travel Designer/J.S.A.認定ワインエキスパート

岡田 奈穂子(Nahoko Okada)

Mail: tableacloth@gmail.com

Web: http://tableacloth.com/

 

丹後の魅力発見旅 Day.1

 

梅雨真っただなかの6月中旬。

準備中のお宿サイトの取材に、今日から2泊3日の丹後旅へ。

 

PM 00:30

旅は西舞鶴駅からスタート。

f:id:naccotours:20180618051449j:image
f:id:naccotours:20180618051452j:image
f:id:naccotours:20180618051445j:image

 

今回私を丹後取材に呼んでくださり、取材先、宿泊場所までお世話をしてくださったユミさんと合流し。

 

予約してくださっていたランチの、なんと送迎体験から!と送迎車を待ちます。

f:id:naccotours:20180618051606j:image

お越しくださったのは、ここから車で15分ほど行った場所で土日のみ、1組限定でレストランを運営されている"mogmog"の旦那さま、ヒロユキさん。

 

元々、天橋立ワイナリーで長年醸造に携わられていた方で、いつかのワイナリーでの拙い私の思い出など楽しくお話させていただくうちに、あっという間にレストランに到着。

f:id:naccotours:20180618052151j:image
f:id:naccotours:20180618052154j:image

 

レストランのシェフ、奥さまの美香さんのひいおじいさんが建てられたという古民家の。

f:id:naccotours:20180618052948j:image

 

元々お味噌の貯蔵庫だったという2階部分を改装し、オープンキッチンを併設。たった1組のためだけの特別空間に。

f:id:naccotours:20180618062314j:image
f:id:naccotours:20180618062325j:image
f:id:naccotours:20180618062322j:image

 

今日いただく昼食のコースの始まりは、前菜の3種盛り合わせから。

f:id:naccotours:20180618062656j:image


鴨と焼きなすのテリーヌ

f:id:naccotours:20180618062711j:image

 

宮津の黒米のタブレ

f:id:naccotours:20180618071512j:image

本来はクスクスで作るものをアレンジされたそう。

 

プチトマトのマリネは、甘くてフルーツのよう。

f:id:naccotours:20180618071558j:image

シェフの美香さんは、フレンチレストランにいらっしゃったこともあるそうで、どのお料理にも丁寧で美しい和と洋の饗宴が。


舞鶴の新じゃがの冷製スープには、トマトのロワイヤルを載せて。

f:id:naccotours:20180618072237j:image


自家製のミルクパンはほこほこと優しい。

f:id:naccotours:20180618072258j:image


前の海であがった、サザエのブルギニョン。

f:id:naccotours:20180618072406j:image

エスカルゴの調理法を取り入れ、一度蒸したサザエに、タイムとニンニク、発酵バターを加えて焼き上げます。

 

パンにこのバターをつけていただく、幸せすぎる瞬間。

f:id:naccotours:20180618072443j:image
f:id:naccotours:20180618072447j:image

このひとつの手間ひまに、美香さんの食材と食べ手への愛情をとっっっても感じます。

 

同じく舞鶴のカマスとモロッコ豆のパコラ。

f:id:naccotours:20180618072614j:image

ひよこ豆粉を使ったインドの天ぷらのようなもの。

 

ここにさらりとかかるのが、飯尾醸造さんの紅芋酢を使ったソース。

f:id:naccotours:20180618072739j:image

この味付けが美味しすぎて…!!! 南蛮漬けなどと同じ考え方で、油とお酢は相性がよいのですよと。


お口直しの、レモンバームとミントのソルベ。

f:id:naccotours:20180618072846j:image


岡山地鶏のマスタードソースと。

f:id:naccotours:20180618073010j:image

付け合わせには舞鶴名産の万願寺甘唐辛子や、肉厚ジューシーなズッキーニのグリルを、琴引浜の藻塩で頂きます。

f:id:naccotours:20180618073027j:image

もう、大大大満足でお腹もこころもはちきれそうっ。


最後には、デザートにと苺のブランンマンジェ。

f:id:naccotours:20180618073135j:image

苺は地元舞鶴のあきひめを、カスタードクリームに使う卵も、同じく舞鶴の西方寺で平飼いにしたニワトリから採れる有精卵をというこだわりよう。

 

ミルクティーをお願いすると…

f:id:naccotours:20180618073409j:image
f:id:naccotours:20180618073413j:image

きゅんっ♡嬉しくなっちゃうっ。カップの側面には天橋立も。

 

大切な人を連れてきたい。

レストランというよりも、美味しい素材と食事の時間を楽しむ、空間デザインのように感じました。

 

◆mogmog

https://m.facebook.com/Mおいしいグルメ開発研究所-563276927029535/

 

今回頂いたのは、おひとり5,000円のコース。

土日のみ時間は昼夜相談で、1日1組のみ。食材アレルギーなどにもご丁寧に対応してくださいます。

 

美香さんと、旦那さまのヒロユキさん。

f:id:naccotours:20180618072149j:image

実はお二人が出会われたのは、美香さんが天橋立にある「ワインのお宿 千歳」で働かれていた時。

私も両親と、そして旦那さんと。大切な思い出の節目で訪問させていただいていたお宿だったので、勝手に運命を感じてしまいました。

本当にご馳走さまでした。

 

PM 16:30

すっかりとのんびりお食事を頂いた後は、大きいお腹をさすりながら地元の銭湯へ。

f:id:naccotours:20180618073845j:image
f:id:naccotours:20180618073849j:image

このレトロな町並みがたまらない〜っ。


◆日の出湯

住所: 舞鶴市字東吉原297

【営業時間】16:30~20:30【定休日】土曜日

f:id:naccotours:20180618073926j:image

聞くと、近く五老岳の伏流水を引く銭湯で。

大正9年から今の番頭さんのおうちが経営を引継ぎ、そこから数えても間も無く100年を迎えるという超老舗さん。

 

タイルは64年前に張り替えたばかり(!!!)、というなんとも年代ものっ笑

f:id:naccotours:20180618073952j:image
f:id:naccotours:20180618073956j:image


すっかり温まってほこほこしていると、徒歩7分のおうちから毎日一番風呂に通うというおばぁちゃんが、遠くから来たのやからこれご馳走したげる。飲みんさいって。

f:id:naccotours:20180618074041j:image

懐かしいファイブミニを買ってくれました。みんなやさしい。ありがとうございますっ。

 

PM 17:30

近くの港に海風をあたりに。ここの夕方の風は、さらっととても気持ちいい。

f:id:naccotours:20180618074123j:image
f:id:naccotours:20180618074127j:image


今日から2泊は、ユミさんがレストランを営む丹後でお世話になるのでそちらまで帰るのですが。

 

途中、舞鶴の隠れた人気スポットだと寄っていただいた「ドライブインダルマ」。

f:id:naccotours:20180618074335j:image


なんと!ラーメンやうどんの自動販売機が…!!!

f:id:naccotours:20180618074417j:image

初めて見ました。気になる!!!

 

宮津の街でもちょこっと寄り道、宮散歩。

f:id:naccotours:20180618074458j:image
f:id:naccotours:20180618074504j:image
f:id:naccotours:20180618074454j:image
f:id:naccotours:20180618074509j:image

レトロな町並みがとてもかわいいっ(´∀`*)


PM 19:00

丹後に戻り、弥栄という町にある公民館へ。今夜は、丹後で年に1度行われる「mix ひとびち tango (通称 ミクタン)」イベントの打ち上げがあるそうで!

f:id:naccotours:20180618074913j:image
f:id:naccotours:20180618074910j:image

宮津で様々な活動をされている方々の集まりに、大阪からひとり参加させていただいてしまいました。

 

◆mix ひとびと tango について

http://www.mixtango.com/

f:id:naccotours:20180618081021p:image

移住者の方、ずっとこの土地にいらっしゃる方。地元の酒蔵さん、醤油醸造所さん、提灯職人さんなどなど。

普通だったら相容れないかもしれない、いろんな職業、世代、バックグラウンドの方々が一緒になって地域の魅力を伝えようと活動されていて。

 

こちらでお世話になっている、ユミさんとひーさん。

f:id:naccotours:20180618075528j:image

ユミさんは大阪から丹後の地に魅了されて移住し、「レストこのしろ」という手作りごはんのレストランを経営されています。

 

たくさんの方をご紹介いただき、部外者なのに温かくも迎えていただいて。

1日目にしてすっかりと丹後の「人の魅力」に触れ、またすぐ帰ってきます!と言っちゃうほどここが好きになっていることに気づいた夜でした。


PM 22:00

お家の近くは蛍が見えるよ、とお散歩につれていってくださって。手をかざすと手の上できらきらと光ってくれるの。


「足りない不便さを補うものがここにはたくさんあるよ」と、ひーさん。

豊かな丹後の魅力の一節に、ふれたような気がしました。

 

明日は1日、丹後半島の食巡りツアーへご案内いただきます。

楽しみーーーー!♡♡

 

 

Written by... **

----------------------

◆Table a Cloth.Co.,Ltd

CEO/Travel Designer/J.S.A.認定ワインエキスパート

岡田 奈穂子(Nahoko Okada)

Mail: tableacloth@gmail.com

Web: http://tableacloth.com/

 

 

ここが大好きな理由

 

AM 06:00

ぐーっすり寝た最後の朝。お天気もはれて、完全回復っっ!!!


フリスビーを持って近くの公園へランニングに(´∀`*)

f:id:naccotours:20180612052601j:imagef:id:naccotours:20180612052750j:imagef:id:naccotours:20180612052708j:image

 

不思議でキュートな遊具がたくさん*

f:id:naccotours:20180612052716j:imagef:id:naccotours:20180612052726j:imagef:id:naccotours:20180612052623j:imagef:id:naccotours:20180612052633j:imagef:id:naccotours:20180612052640j:image

フリスビーは…わたしは下手くそすぎてだめでした(笑) 


AM 08:00

最終日の朝ごはんは絶対ここ!と決めていたお店へモーニングへ。


◆Sweedeedee

http://www.sweedeedee.com/

f:id:naccotours:20180612053032j:imagef:id:naccotours:20180612053040j:imagef:id:naccotours:20180612052934j:imagef:id:naccotours:20180612052945j:image


お店の奥で毎朝焼き上げるパンと、5つの契約農家から仕入れる新鮮な野菜やフルーツを使ったブレックファストメニュがいただけるお店で。

f:id:naccotours:20180612053112j:image

パンやセイボリーたちがどんどん焼きあがってきます♡


憧れのー!!! Breakfast Plate 12ドル。

f:id:naccotours:20180612053200j:image
雑穀の練りこまれたざくざく食感の食パンがおいしすぎる!!買って帰りたいーっ!

f:id:naccotours:20180612053220j:image


最後にもう一度ビスケットが食べたくて、

Egg Sandwitch fresno aioli 9ドル に、ベーコンを追加で。

f:id:naccotours:20180612053253j:image

ザクザク。しあわせの音ーっ。


Bottomless Extraco Coffee 3ドル

f:id:naccotours:20180612053326j:image

底なしコーヒー♡かわいい名前っ!飲みたいほうだいってことね*

f:id:naccotours:20180612053344j:image

 

最後やしね、いいよねいいよねと♡ スペシャリテのSalted Honey Pie 5ドル を追加で♪

f:id:naccotours:20180612053425j:image

ほどよい塩加減のカスタードと、その場で載せてくれたクリームも、とっても軽くてぺろって食べれちゃう!

f:id:naccotours:20180612053458j:image


地元のカップルやファミリーが次から次へと訪れて、開店1時間後には満席に。人気なのもわかる。ほんとにかわいくてすてきなお店でした*

f:id:naccotours:20180612053540j:image


ちなみにお隣は、全米でもとっても有名なレコードやさん、Misissippi Recordさんでした。

f:id:naccotours:20180612053632j:imagef:id:naccotours:20180612053637j:image


AM 10:00

ポートランド空港でチェックイン。大きすぎず新しく、快適な空港です。

f:id:naccotours:20180612053713j:imagef:id:naccotours:20180612053721j:imagef:id:naccotours:20180612053729j:imagef:id:naccotours:20180612053819j:image


PM 00:00

1週間しあわせに過ごしたポートランドを後に、日本へ帰ります。

f:id:naccotours:20180612054010j:image


ありがとう、ポートランド。美しい街でした。

f:id:naccotours:20180612054027j:image

 

ポートランドは人の心も本当に美しくて。

これは、いろんなお店の前に貼ってあった張り紙。

f:id:naccotours:20180613182722j:imagef:id:naccotours:20180613182731j:imagef:id:naccotours:20180613182736j:imagef:id:naccotours:20180613182745j:image

 

正直まだまだ人種差別や性差別の問題をかかえるアメリカですが(きっとアメリカだけじゃないね)。

気にしないよ!一緒に生きていこう!と真っ向から声をあげるひとがいる場所は、きっと自分たちの力でどうにでも変わっていけるのだと思う。

 

こういう世界にふれると、どうしたって人を恨んだり否定したりすることが幸せに繋がるとは思えないから。

日常をはなれ、様々な価値観にふれる旅を。きっとこれからも作りたいなと思ってしまったのでした。

 

さぁ、また明日から!

帰国という名の日本での再出発。また楽しい日々が始まりますように。

Bon Voyage ♡

 

 

Written by... **

----------------------

◆Table a Cloth.Co.,Ltd

CEO/Travel Designer/J.S.A.認定ワインエキスパート

岡田 奈穂子(Nahoko Okada)

Mail: tableacloth@gmail.com

Web: http://tableacloth.com/

 

雨のウィラメット・ヴァレー


AM 07:00

劇薬?!のおかげか、わりと回復して目覚められた朝。


昨日買っただちょうの卵(!!!)やライ麦パン、ファームサラダで朝食を。

f:id:naccotours:20180612031442j:imagef:id:naccotours:20180612031659j:image

でっかー!!!びびるーーーっ笑

 

味は普通の卵より濃厚!で、いやな臭みとかも全然なくておいしかったー♪

f:id:naccotours:20180612031859j:image


AM 09:00

汗だくになったわたしたち。最終日やけどあそこに洗濯しにいこうかと(´∀`*)

f:id:naccotours:20180612031938j:image


ソイラテを飲みながら、ウォッシュに16分、ドライに24分。良い日曜日の朝。

f:id:naccotours:20180612032037j:imagef:id:naccotours:20180612032046j:imagef:id:naccotours:20180612032058j:image


すっかりほこほこになった洗濯物を持って一度家に帰り、今日は郊外のワイナリーへお出かけします。

 

AM 10:30

向かったのは、ポートランドから南に約45分ほどの"Dandee"というエリア。

f:id:naccotours:20180612035313j:image

ウィラメットヴァレーの一角、Pinot Noirを始めとした高品質なワインをつくる、オレゴン州きってのワイン産地です。


◆Durant Vineyards

http://redridgefarms.com/sip

f:id:naccotours:20180612035346j:imagef:id:naccotours:20180612035353j:image


Red Ridge Farmが経営するワイナリーで、同じ敷地内ではお花が栽培されていたり、オリーブオイルも作っています。

f:id:naccotours:20180612035429j:image


雨の日のガーデン。ラベンダーもたくさん。

f:id:naccotours:20180612035459j:imagef:id:naccotours:20180612035506j:imagef:id:naccotours:20180612035515j:imagef:id:naccotours:20180612035523j:image


ガーデンショップでは、できたてのオリーブオイルを試食して買うことができます。

f:id:naccotours:20180612035544j:imagef:id:naccotours:20180612035554j:imagef:id:naccotours:20180612035603j:imagef:id:naccotours:20180612035617j:imagef:id:naccotours:20180612035627j:imagef:id:naccotours:20180612035637j:imagef:id:naccotours:20180612035647j:imagef:id:naccotours:20180612035701j:imagef:id:naccotours:20180612035711j:image


ラベンダー畑もあったー!すてきっ♡

f:id:naccotours:20180612035743j:imagef:id:naccotours:20180612035750j:imagef:id:naccotours:20180612035800j:image


いよいよ、ワインテイスティングへ。

f:id:naccotours:20180612035414j:imagef:id:naccotours:20180612035832j:image


Wine Tasting Flight 15ドル をお願いし。

2016 Southview Pinot Gris から、

f:id:naccotours:20180612035859j:image

 

2017 Rose of Pinot Noir

f:id:naccotours:20180612035917j:image

これ、とっても美味しかったの。チャーミングで、すこしラベンダーとナッツが香る。この土地ならではの味わい。


2014 La Paloma Pinot Noir

f:id:naccotours:20180612035946j:image
こちらはストラクチャのとてもしっかりしたピノ・ノワール。力強い。そして綺麗すぎるおねぇさんっ(´∀`*)♡


2015 Bishop Pinot Noir

f:id:naccotours:20180612040013j:image

一番古い畑の、45歳の古木から作ったというこちらは同じピノ(クローンは異なる)でも、複雑で落ち着いた印象。しみじみおいしい~。


Dundee Hillと呼ばれる丘の上にあるこのワイナリー。晴れた日には、眼下に絶景をのぞむテラスで、ピクニックランチがいただけます♪

f:id:naccotours:20180612040101j:imagef:id:naccotours:20180612040109j:image

残念ながら、曇りときどき大雨な今日。

 

街に5台ぐらいしかいないよと言われたUberを無事にひろえて、Dandeeの街の中心へ。

f:id:naccotours:20180612040246j:imagef:id:naccotours:20180612040255j:imagef:id:naccotours:20180612040304j:image


運転手さんに、どこか街ですてきなランチスポットを教えてと連れてきてもらったのがここ。


◆Red Hills Market

http://www.redhillsmarket.com/

f:id:naccotours:20180612040326j:imagef:id:naccotours:20180612040334j:image


すごいーーー!良い感じすぎるマーケットプレイスです。

f:id:naccotours:20180612040356j:imagef:id:naccotours:20180612040402j:image

 

ローカル食材を使って、朝食からディナーまでを楽しめるアドレスのようで。みんなの食べてるものもとってもおいしそう!

f:id:naccotours:20180612040514j:image


Kombuchaのシトラスポップ味に、

f:id:naccotours:20180612040424j:image


Kale Salad 5ドル (Cup)

薪でグリルされた燻製チキンに、皮むきアーモンドやレーズン。うまーっ!

f:id:naccotours:20180612040441j:imagef:id:naccotours:20180612040449j:imagef:id:naccotours:20180612040534j:image


Seasonal Fritata 4ドル は、燻製ベーコンと黒胡椒。

f:id:naccotours:20180612040549j:image


今日のスープは、Ham+Vegetable 5ドル

レンズ豆がごろごろ入っててほっこりあったまる~◯

f:id:naccotours:20180612040606j:imagef:id:naccotours:20180612040610j:image


ワインもたくさん売っていて大満足!運転手さんに感謝です♪( ´▽`)

f:id:naccotours:20180612040636j:imagef:id:naccotours:20180612040640j:image


PM 13:30

ここからポートランドへ、帰りはバスにトライしようと。

f:id:naccotours:20180612040700j:image


バス停へ向かう途中、道端に、ちっちゃ!!!なワイナリー?!テイスティングルームを見つけて。

f:id:naccotours:20180612040753j:image


◆RedQuiem Tasting Room

住所: 875 OR-99W, Dundee, OR 97115

f:id:naccotours:20180612040817j:image


恐る恐る中に入ると…誰もいないし…

f:id:naccotours:20180612040843j:imagef:id:naccotours:20180612040857j:imagef:id:naccotours:20180612040906j:image


でもきっとワイナリーなのやろうなぁ。

f:id:naccotours:20180612040929j:image


なぜかドライヤーで温められている赤ワイン。シュールすぎる…笑

f:id:naccotours:20180612040952j:image


すると突然、奥のトイレ?!から大男さん登場…!!!うそみたい!!!笑

 

聞くと1968年、自分が8ヶ月の時に家族でカリフォルニアからここダンディに移住しワイナリーを始めたそうで。


Pinot Noir 100%のたった1種類のみをシンプルに、そして丁寧に。作っているのだといいます。

f:id:naccotours:20180612041045j:image


テイスティングさせてもらうと、意外と言っちゃうと失礼だとおもいつつも、びっくり美味しくて!

f:id:naccotours:20180612041027j:image


お値段は?と聞くと、壁に書いてあると。シンプルすぎ!笑

f:id:naccotours:20180612041105j:image


うっかり1本お持ち帰り。大切に飲むね。ありがとう~♡

f:id:naccotours:20180612041135j:imagef:id:naccotours:20180612041143j:image

良いひとだったーーー♡過去最高にちいさなワイナリーショップとおおきなオーナーさんでした笑

 

数時間に1本のバスは、時間になっても全然来ず。そんなことだろうと早々に諦めて、またUberポートランドへ帰ります。


PM 17:00

最後の晩餐!にと、気合いを入れて向かったのはおうち周辺と同様、グルメスポットとして人気になっているKERNSというエリア。

f:id:naccotours:20180612041449j:imagef:id:naccotours:20180612044256j:imagef:id:naccotours:20180612044301j:image

 

6名以上じゃないと予約ができなくて、でも絶対来てみたかったお店があったので早々と行ってみると、余裕で入れましたぁよかった♪

 

◆Navarre

https://www.navarreportland.com/

f:id:naccotours:20180612041815j:imagef:id:naccotours:20180612041834j:image

フランスやイタリア、スペインなどの食文化も取り入れたおいしい小皿料理がいただけるとポートランドの食通さんでは知らないひとのいないお店で。

 

50種ものワインがグラスでいただける他、この日も契約農家さんから朝採れで届いたお野菜を使った、日替わりメニュがボードに並びます。

f:id:naccotours:20180612042120j:image

 

ワインはすっかりはまったオレゴンのロゼから、
2017 Columbia Valley, L'Avoiron 15ドル (1/3 bottle) を。

f:id:naccotours:20180612042201j:imagef:id:naccotours:20180612042403j:image

 

注文は、好きなお皿の大小を選び、チェックをつけるスタイルで。楽しい!

f:id:naccotours:20180612042426j:image

 

本日のおすすめから、Spinach & Strawberry Salad 8ドル を。

f:id:naccotours:20180612042503j:image

ほうれん草が、これでもか!というぐらい肉厚で。苺も中まで真っ赤。おいしすぎる素材たちをシンプルに調理するスタイル。


Pea Shoots w Garlic 8ドル

f:id:naccotours:20180612042445j:image

こちらは、えんどう豆の新芽をにんにくとグリルしただけ。だけ、なのやけど、それがおいしすぎて…!!.

 

Trout Baked in Parchment 11ドル

f:id:naccotours:20180612042531j:imagef:id:naccotours:20180612044535j:image

サーモンのハーブ包み焼きです。味付けはうすめでハーブの香りが際立つ。


シェフからのプレゼント、といただいたSweat Pea(スナップえんどう)。

f:id:naccotours:20180612042547j:image

一見よくみるえんどう豆なのやけれど、素材自体がぷりっと歯ごたえよく、ほんっっまに甘くって。なんで?!って思うぐらい。

 

サンフランシスコのシェパニーズととても似ている。素材ありきの、その味を際立たせるシンプルな調理法。

f:id:naccotours:20180612042605j:image

野菜だけで大満足!!!! 体が喜ぶお料理。

1人38ドルでおすすめを10皿出してくれるメニュも魅力的だったから、次はそれにしよう。

 

もっと食べたかったけれど、もう1軒行きたいところがあったのでここはこれぐらいで。

 

次のお店へ向かう途中、とてもアメリカンでかわいい映画館を見つけて。


◆Laurelhurst Theater

https://www.laurelhursttheater.com/

f:id:naccotours:20180612042629j:image

出来立てのおいしいピザなどを食べながら、一律9ドルで映画を楽しめるポートランドの有名なナイトスポットです。

 

どうしても中を見たくって、番頭?のお姉さんにお願いして一瞬だけ入らせてもらうと!♡

f:id:naccotours:20180612042648j:imagef:id:naccotours:20180612042656j:image

 

すごいすごい!レトロ&カラフルでかわいすぎる!!

f:id:naccotours:20180612042706j:imagef:id:naccotours:20180612042715j:image

むしろここがアメリカ映画のなかみたいな雰囲気でした♪( ´▽`)

 

PM 18:30

歩くこと5分ほどでたどり着いた2軒めのお店。すでに店内はほぼ満員、すべりこみのカウンターへ。


◆Tusk

https://www.tuskpdx.com/

f:id:naccotours:20180612042821j:imagef:id:naccotours:20180612042956j:image

昨日の夜に行ったアルゼンチン料理のお店のバーテンダーさんに、この街でおすすめのレストランと聞いて教えてもらった「中東料理」のお店で。

 

飲んだことない!ギリシャワインを見つけて。

Domaine Glinavos "Protos Inos" 2016 13ドル

f:id:naccotours:20180612042839j:image

すごいすごい!シトラスの香りにスパイシーさがたまらなく美味しい。

 

Kombucha Rasberry 5ドル は、なんとタップで!♡

f:id:naccotours:20180612043014j:image


Hummus Task 10ドル

白インゲン豆に、フェンネルサフランが軽やかに香るフムス。

f:id:naccotours:20180612050125j:image

日本ではなかなかおいしいフムスに出会えないから嬉しい〜。


Kibbe Naya 10ドル

ラムと野菜のタルタル。ターメリックヨーグルト風味で、ロメインレタスに巻いていただきます。

f:id:naccotours:20180612050222j:imagef:id:naccotours:20180612050228j:imagef:id:naccotours:20180612050300j:image


Baked Cheese 9ドル

これも一度食べて見たかった!Halloumiというキプロス島のチーズをトマトソースで煮込んだもの。

f:id:naccotours:20180612050349j:image

これめちゃくちゃおいしかったーーー!

おすすめしてくれたお兄さんに、また感謝〜っ♡ご馳走さまでした。

 

PM 19:45

最後にお土産のビールを買いに。Uberで20:00には閉まるという醸造所へすべりこみ。


◆Upright Brewing

http://www.uprightbrewing.com/

f:id:naccotours:20180612050535j:imagef:id:naccotours:20180612050539j:image

なんとっ。この建物の地下に隠れている醸造所で週末のみ敷地内でバー営業を行っています。

 

ひっそりとした建物内を地下にぬけると…

f:id:naccotours:20180612050729j:imagef:id:naccotours:20180612050658j:image

 

隠れ家的に現れる、醸造所の入り口。あ!みなさん飲んでますー!

f:id:naccotours:20180612050828j:imagef:id:naccotours:20180612050837j:image

 

常連でここでよくギターを弾いているというおじいさんに、おすすめを聞いて♡

f:id:naccotours:20180612050916j:image

 

John House of Ovum Winesとコラボレーションした、マスカットのようなフレッシュな香りが特徴のFour Hands 2ドル(左)と、

f:id:naccotours:20180612050938j:image

El Filo 5oz 2ドル (右)を。

こちらはめっちゃコーヒー!!アイスコーヒービールみたいな?!キャラメルのようではまるーーー!

 

こんな地下空間で、出来立てビールか味わえるとか特別すぎるーーーっ♡♡

f:id:naccotours:20180612051208j:imagef:id:naccotours:20180612051214j:image


そうそうお土産を買いに来たのやったわ、と。今のシーズンだけ作るという、カカオニブを配合したビールを買いました。

f:id:naccotours:20180612051329j:image

チョコレートととっても合うよ!と。帰ったら試そう!!

f:id:naccotours:20180612051349j:image

 

うっかりと3軒も飲み歩いてしまった最終日の楽しい夜。

これまでニューヨークやサンフランシスコなど、何度となくアメリカ本土を訪れていたけれど。

 

緑豊かで都会なのにのーんびり、みんながとっても笑顔でやさしい。

そして何よりごはんが美味しい!♡ここポートランドがダントツに好きでした。

f:id:naccotours:20180612052337j:image

 

きっとまたすぐ来ると思う。連れて来たい人がいるから(´∀`*)♡

 

いただいた優しさをたくさん鞄に詰めこんで、明日、約2週間ぶりにおうちへ帰ります。

 

 

Written by... **

----------------------

◆Table a Cloth.Co.,Ltd

CEO/Travel Designer/J.S.A.認定ワインエキスパート

岡田 奈穂子(Nahoko Okada)

Mail: tableacloth@gmail.com

Web: http://tableacloth.com/

 

風邪っぴき食いしんぼう

 

雨模様のポートランド。ふたりして風邪っぴきの朝です。ちーん。

f:id:naccotours:20180611074150j:image


AM 08:00

風邪でもなんでも、食欲だけはなくならず。食べなきゃ元気にならない!と、近くのベイクショップへ。


◆Bushel and Peck Bakeshop

https://m.facebook.com/BushelAndPeckBakeshop/?locale2=ja_JP

f:id:naccotours:20180611073853j:imagef:id:naccotours:20180611073956j:image

近くといっても、来たいなと思っていたの!

 

パン屋さんでもお菓子屋さんでもなく、ベイクショップ♡ こだわりの全粒粉を使った焼きたてのペストリーたちが並びます。

f:id:naccotours:20180611074014j:imagef:id:naccotours:20180611074023j:image


野菜のスコーン 2.5ドル を。

f:id:naccotours:20180611074045j:image
人参にズッキーニ、ターキー、バジルにパンプキンシード。ここにパルミジャーノの香るおかずスコーンは、これまで知らなかった美味しさ。


飲み物はここのシグニチャーの、Chai 2.75ドル。

f:id:naccotours:20180611074101j:image

 

朝食限定の、ビスケットサンドウィッチも美味しそうやったー!

f:id:naccotours:20180611074118j:image

風邪気味やのに。なんなら熱あるのに、なんてな食いしん坊…!!!

 

昨晩、英語で寝言ゆってたよと言われたのやけど。何言ってた?!って聞くと、「このエリアのスペシャリテは何ですか?」って聞いて、その後ふふふ~♡って笑って満足してまた寝てたって…笑 ただのあほやん!笑


AM 09:30

バスに乗り、風邪薬を買うついでに土曜日のマーケットへ出かけることに。

f:id:naccotours:20180611074223j:image


途中でみつけたサウスウェストのドーナツショップ


Sesame Donuts

http://sesamedonuts.com/

f:id:naccotours:20180611074318j:imagef:id:naccotours:20180611074329j:image

 

街の愛されドーナツやさんと聞いていて、出会えたらいいなとおもってたのーー!にしても山ほどの種類っ。

f:id:naccotours:20180611074419j:image

 

店名にもなっている、1番人気のセサミドーナツ 1.3ドルをおやつに買って。

f:id:naccotours:20180611074440j:image

理想のドーナツってこういうの!さっくりほっこりおいしくて、誰もが好きなやつー(´∀`*)

 

AM 10:00
土曜日だけ、ポートランド州立大学の敷地内でやっている大きなファーマーズマーケットへ。


◆Portland Farmers Market

http://www.portlandfarmersmarket.org/our-markets/psu/

f:id:naccotours:20180611074540j:imagef:id:naccotours:20180611074547j:imagef:id:naccotours:20180611074607j:image

 

すごいすごい!もうたくさんのストールが並んでます。

f:id:naccotours:20180611135813j:imagef:id:naccotours:20180611135820j:imagef:id:naccotours:20180611135900j:imagef:id:naccotours:20180611140047j:image


地元の方がたくさんお野菜を買いに来ていて、朝採れのフレッシュ感まんさいっ。

f:id:naccotours:20180611135945j:imagef:id:naccotours:20180611140006j:imagef:id:naccotours:20180611140032j:image


買いたかったヘーゼルナッツやさんも。

f:id:naccotours:20180611140121j:image

 

ポートランドから70kmほど南にいった、Salemという街の周辺がヘーゼルナッツの名産地と聞いていたのだけれど。まさに、ずばりそこのもので!

f:id:naccotours:20180611140135j:image


これが農場の風景だよ、とお姉さんが教えてくれました。

f:id:naccotours:20180611140149j:image


フードストールも何店舗かあって、おいしそうな香りがーっ。

f:id:naccotours:20180611140210j:imagef:id:naccotours:20180611140218j:imagef:id:naccotours:20180611140227j:image


分別、種類多すぎやん!わけわからない!笑

f:id:naccotours:20180611140245j:image


竹馬に乗った女の子が向かったのは…

f:id:naccotours:20180611140302j:image


Loretta's♡ ねー!わたしも大好きっ!このあいだビスケットを頂いたお店です。

f:id:naccotours:20180611140323j:image

 

すっかり有名なJACOBSのお塩やさんもほぼフルラインナップで出店。

f:id:naccotours:20180611140351j:image


ここには、Stumptown Coffeeとコラボしたお塩も売っていて、お菓子作りにはもってこいだよ!と。

f:id:naccotours:20180611140405j:image


これ何?!と気になったあるお店の白いバーのようなもの。

f:id:naccotours:20180611140426j:image


焼くと、なんだろうお好み焼きみたい!

f:id:naccotours:20180611140441j:imagef:id:naccotours:20180611140454j:image

"Temper"と名付けられたそれは、元々はインドネシア発の健康食品で。レンズ豆やひよこ豆グリーンピースなどの様々な豆類と、パンプキンシードやそば粉、とうもろこし粉などの体に良い穀物を厳選した、ソイフリー(大豆フリー)というカテゴリーの食べものなのだそう。


とっても美味しかったので、ひとつお買い上げ♡

f:id:naccotours:20180611140511j:image

このヘルシー感と全然あってないロゴの雰囲気!笑


2015年に売り始め、今は様々なレストランにも卸しているそう。教えてもらったHPも素敵でした。

Squirrel Crow

https://eattempeh.com/


山羊のチーズやさんや、

f:id:naccotours:20180611135900j:image

 

旬のチェリーや加工品、ジャムやさん。

f:id:naccotours:20180611140612j:imagef:id:naccotours:20180611140624j:imagef:id:naccotours:20180611140632j:image


なんと!だちょうと鴨の卵やさんまで。

f:id:naccotours:20180611140827j:imagef:id:naccotours:20180611140836j:image

普通の卵とどう違うの?と聞くと、バターのような濃厚さがあってオムレツにしても美味しいのよと。


これは試してみないと!と大きなだちょうさんのを、ひとつ3ドルでお買い上げ♪

f:id:naccotours:20180611140856j:image


もうひとつあったサタデーマーケットも気になったけれど、やや力尽きいったん帰宅することに。


ちなみに。Safewayのスーパーで買ったリキッドタイプの風邪薬がこちら。

f:id:naccotours:20180611140919j:image


めっちゃ効くそうやけれど、1回にこの量。を4時間おきに飲むとか。こわーっ!笑

f:id:naccotours:20180611140933j:image

歯がオレンジになりそう、でそれは大丈夫でした(笑)


PM 15:00

起きたらすっかりこんな時間。お天気!やし、怖い液体のおかげか体調もすこしよくなった気がして、すこしだけお散歩にいくことに。

f:id:naccotours:20180611141026j:image


むかったのは、Misissippi Ave.という話題のストリート。おうちから徒歩で10分かからないぐらいのところにあります。

f:id:naccotours:20180611141101j:imagef:id:naccotours:20180611141108j:image


ユニークなショップやレストラン、ビール醸造所が立ち並ぶ人気のサブカルエリアなのですが。

f:id:naccotours:20180611141138j:imagef:id:naccotours:20180611141147j:imagef:id:naccotours:20180611141153j:imagef:id:naccotours:20180611141200j:imagef:id:naccotours:20180611141216j:imagef:id:naccotours:20180611141223j:imagef:id:naccotours:20180611141231j:image


わたしがまず向かったのは、ユニークとはほどとおい?「ハーブ薬局」。

 

◆The Herb Shoppe Pharmacy

http://www.theherbshoppepdx.com/

f:id:naccotours:20180611141305j:image


壁一面に並ぶのは、可能な限りポートランド近郊の畑から取り寄せる様々なハーブたち。これらを体調や症状に合わせてブレンドし、漢方ならぬハーブティーを処方してくれるお店です。

f:id:naccotours:20180611141342j:imagef:id:naccotours:20180611141346j:imagef:id:naccotours:20180611141358j:image


東洋医学でも西洋医学でも、今のところ治る気配のないわたしのちいさな問題を、セシルさんという優しいお姉さんに伝えると。


もうね、すごく真剣に聞いてくれて、膨大な量の棚から6種類のハーブをセレクト。

f:id:naccotours:20180611141513j:image

 

ここにジンジャーを足して、計7種類を薬草の教科書のようなものを見ながらそれぞれの量を丁寧に決めてブレンドしてくれます。

f:id:naccotours:20180611141532j:imagef:id:naccotours:20180611141539j:imagef:id:naccotours:20180611141546j:image


わたしだけのオリジナルブレンドが出来上がり。

f:id:naccotours:20180611141611j:image

約1年分で、20ドル程。漢方と比べるとめちゃくちゃにお安い…!!!


実はここ、元々知っていたわけじゃなくて。風邪薬を変えるお店を近くに探していたときにグーグルマップで見つけて。気になって調べたら、もうほんとに求めていたような場所で!!!


このお店とセシルさんに出会えた奇跡に感謝して(´∀`*) 毎朝飲む楽しみができたやーっ♡

f:id:naccotours:20180611141631j:image


もうひとつ、見たかった施設があって。


◆Spin Laundry Lounge

http://www.spinlaundrylounge.com/

f:id:naccotours:20180611141649j:imagef:id:naccotours:20180611141659j:imagef:id:naccotours:20180611141710j:image


いわゆる「コインランドリー」なのですが、ポートランド発のクールすぎるこのランドリーは、ひまな待ち時間を楽しく過ごすための工夫が随所になされていて。

f:id:naccotours:20180611141726j:imagef:id:naccotours:20180611141740j:imagef:id:naccotours:20180611141748j:image


併設のカフェでは、こだわりの珈琲やビール、ワインがいただけたり。

f:id:naccotours:20180611141907j:image


2階にはゲームスペースもあり、Wi-fiも完備です。

f:id:naccotours:20180611141809j:image


お値段は、ラッシュアワー以外が1ポンド(約0.45kg)あたり1.65ドル〜と、コインランドリーの中でもお安く。

f:id:naccotours:20180611141849j:image


しかもエコフレンドリーな洗剤たちが無料で使えちゃう!(気に入れば購入も可能)というのだで、たくさんの人が終日訪れます。

f:id:naccotours:20180611141925j:imagef:id:naccotours:20180611141932j:imagef:id:naccotours:20180611141947j:image

洗濯から乾燥までは、たった45分という高速で、終わったら携帯にテキストが入るというハイテクさも。

もはや時間足りないぐらい!すごいなーっ。家の近くにあったら洗濯機いらずだー。


その隣にあったパン工房で、明日の朝食パンを買って帰ります。


◆Grand Central Bakery

http://www.grandcentralbakery.com/

f:id:naccotours:20180611142018j:imagef:id:naccotours:20180611142026j:image


お店の規模こそ大きいけれど、ローカルな材料にこだわり、地元の方がデイリーユースする街の愛されパン屋さん。

f:id:naccotours:20180611142221j:imagef:id:naccotours:20180611142048j:image


全粒粉を使ったものがよかったので、Multiglain Whole Wheatを。

f:id:naccotours:20180611142041j:image

ホールも要らないのと言うと、サンドウィッチ用に切ってあるやつ、2ピースで2.5ドルで売ってあげるよと。


それでお願いと言ったのに、これ割高やねとサービスで4ピースも入れてくれました(笑)

f:id:naccotours:20180611142144j:image

 

PM 19:00

お宿のホストさんに、街で僕が一番好きなレストランと教えてもらった、なんとアルゼンチン料理やさんが近かったので行ってみることに。


◆OX Restaurant

http://www.oxpdx.com/

f:id:naccotours:20180611142313j:imagef:id:naccotours:20180611142356j:image

 

広い店内なのに大繁盛で、1時間待ちだけれどと言われ、いやもう食べたいし待つ!と、併設のカクテルバーでのんびりと待つことに。

f:id:naccotours:20180611142319j:image

 

オーストラリアやNZで流行っていると聞いていた生姜とソーダのカクテル、Cock&Bull Ginger Beer 6ドル と。

f:id:naccotours:20180611142421j:image


Seasonal House Soda 5ドル を注文。

f:id:naccotours:20180611142435j:image
今日の旬のフルーツは、"Pomegranate(ザクロ)"だそう。おいしい。

どちらもノンアルコールです♡


おつまみは、Cured Salmon Poke 14ドル を。

f:id:naccotours:20180611142450j:image

セサミオイルとビネガーが爽やかに香り、ややスパイシー。絶妙においしい!

f:id:naccotours:20180611142634j:image

 

そうこうしているうちに、1時間も経たないぐらいで呼んでもらえ、メインレストランへ。

f:id:naccotours:20180611142527j:imagef:id:naccotours:20180611142533j:image


早速お願いしたのは、オレゴンの白ワイン。

Sauvignon Blanc , Patricia Green Celles 14ドル

f:id:naccotours:20180611142656j:image

 

アペリティフの冷静アスパラスープに、

f:id:naccotours:20180611142824j:image


濃厚なバターと葉ニンニクのバゲット

f:id:naccotours:20180611142844j:imagef:id:naccotours:20180611143800j:image

このガーリックの風味にしっかりめのソーヴィニヨンがめちゃ合うーっ!

 

ここのスペシャリテらしい、Fresh Clam Chouder 17ドルは。

f:id:naccotours:20180611142932j:image

 

Smoked Marrow Bone(燻製した牛の骨髄)をスープに溶かすというなんとも斬新なスタイル。

f:id:naccotours:20180611143008j:image

 

これがもうね!今思い出してもよだれが出そうなほどおいしかった(笑)

f:id:naccotours:20180611143028j:image

アメリカの西海岸×アルゼンチンだからこそ生まれる食材のマリアージュ


Fried Brussels Sprouts, Orange-Fish Sauce 12ドル

芽キャベツとオレンジ魚醤のグリル

f:id:naccotours:20180611143259j:imagef:id:naccotours:20180611143304j:image

これもとてもとても、癖になる味わい。きっとシェフは天才やとおもうのー!!!


アルゼンチンといえば!のASADOS(BBQ)のようなもののメニュから、1番人気のBeef Skirt Steak (Small 8oz) 31ドル。

f:id:naccotours:20180611143519j:image

横隔膜あたりのハラミ肉だそう。ジューシーなステーキ!!!

 

これには、せっかくだからと普段あまり飲まないアルゼンチンワイン、Malbec "Corte" Mendoza 13ドル を。

f:id:naccotours:20180611142719j:image

合わないわけないよねっっ。濃厚でジューシーで♡

 

すっかりアルゼンチン旅行気分を味わいっ♪( ´▽`)

帰りは消化のためにおうちまでプチランニング。

f:id:naccotours:20180611143731j:image

食べたら元気になるから不思議ー♡

明日は最終日。全快で、いよいよなウィラメットヴァレーのワイナリーにいけたらいいなぁ。

おやすみなさい。

 

 

Written by... **

----------------------

◆Table a Cloth.Co.,Ltd

CEO/Travel Designer/J.S.A.認定ワインエキスパート

岡田 奈穂子(Nahoko Okada)

Mail: tableacloth@gmail.com

Web: http://tableacloth.com/

 

 

 

 

探究心くすぐるポートランド

 

AM 07:30

新しいシューズでランニング!の朝。

f:id:naccotours:20180610004603j:image

 

新しいおうちのあるあたりは、とーっても平和で♡りすちゃんだって道路から電線まで走りまわるし(危ないよ!)

f:id:naccotours:20180610004549j:image


なぜかヤギに餌をあげられる家?も(笑)

f:id:naccotours:20180610004636j:image


近くのN.Williams Ave. というストリートはポートランドでも有名なグルメスポットで、走っていても楽しい!

f:id:naccotours:20180610004741j:image

 

オープンエアの素敵な珈琲やさんを見つけたので、テイクアウトして帰ろうかなと。


◆Either/Or

http://www.eitherorpdx.com/

f:id:naccotours:20180610004857j:imagef:id:naccotours:20180610004928j:imagef:id:naccotours:20180610004934j:image


Soy Latteできる?と聞くと、"Oat Milk"ならあるよと。初めて聞いた、オーツ麦ラテ?!

f:id:naccotours:20180610005040j:image

意外とくせになるおいしさっ。

 

パッケージ見せて、とお願いするとこんなものでスーパーにも普通に売っているようです。

f:id:naccotours:20180610005154j:image

 

すいかねこちゃん、かわいいし!♡素敵なカフェでした。

f:id:naccotours:20180610005236j:image

 

家に戻り、朝食のクッキング開始。

f:id:naccotours:20180610005332j:image

 

昨日の夜スーパーで買ったバター。かわいすぎっ(´∀`*)

f:id:naccotours:20180610005355j:imagef:id:naccotours:20180610005412j:image

 

旬の芽キャベツはグリルに、オレゴン産のアミエビはオムレツに。サルサソースを合わせます。

f:id:naccotours:20180610005428j:imagef:id:naccotours:20180610005442j:imagef:id:naccotours:20180610005450j:image

 

ギリシャヨーグルトにはグラノーラをトッピング。

f:id:naccotours:20180610005507j:imagef:id:naccotours:20180610005512j:image

 

オールナチュラルの小麦粉のパンケーキには、ワシントン州クリームチーズといちじくのコンポート。

f:id:naccotours:20180610005530j:image

 

ローカル食材のみでできた、しあわせな朝ごはんでした。

f:id:naccotours:20180610005542j:image

 

この食材たちを買った近くのスーパーはこちら。New Seasons Marketさんです。

f:id:naccotours:20180610005610j:image

 

AM 10:00

午前中、どうしても行っておきたいところがあり。昨晩と同じサウスイーストの工場地帯へ。

f:id:naccotours:20180610010152j:image

 

ここに、昔ニューヨークので出会ってからとても好きだった紅茶やさんのファクトリーカフェ&ショップがあるんです。


◆Smith Teamaker

https://www.smithtea.com/

f:id:naccotours:20180610010433j:imagef:id:naccotours:20180610010500j:image

 

ドアを開けると、広がるすてきな空間ー!

f:id:naccotours:20180610010505j:imagef:id:naccotours:20180610010513j:imagef:id:naccotours:20180610010521j:image

 

ショップでは、最近日本でもよく見かけるようになった定番のものから、ここでしか手に入らないものまで様々。

f:id:naccotours:20180610092622j:imagef:id:naccotours:20180610092639j:image

 

好きなティーパックを選んで詰め合わせられたり、

f:id:naccotours:20180610092654j:image

 

紅茶用のオリジナルスパイスなども売っています。

f:id:naccotours:20180610092700j:imagef:id:naccotours:20180610092716j:image


せっかく来たので、工場併設のカフェで作業風景をながめながらののんびりタイム。

f:id:naccotours:20180610092447j:image


"Signitured Tea Flights" 10ドル というメニュを頼むと、常時約38種類あるお茶のなかから好きなものを4つ選んで入れてもらえます。


タイマーを抽出時間や温度をフレーバーごとにそれぞれに測り、ゆっくりと入れてくれます。

f:id:naccotours:20180610092414j:imagef:id:naccotours:20180610092423j:image

 

わたしたちが選んだ4種。どれも美味しかったけど、1番左のWhite Teaが感動!

f:id:naccotours:20180610092950j:imagef:id:naccotours:20180610093004j:image


カウンター横には、Tap Tea(生茶?!)というのがあって。ビールかと思ってた!!!

f:id:naccotours:20180610093030j:image


試しにシグニチャーの、Nitro Tea 4ドル をお願いすると、やっぱりビールかと思うようなシルキーな泡がトップに。

f:id:naccotours:20180610093201j:imagef:id:naccotours:20180610093213j:image

めちゃうまーーーー!!!ってなったー!!!

マサラチャイブレンドと生の生姜やヴァニラビーンズと合わせて工場で醸造した、本当にここでしか飲めない冷茶。


日本では売っていないフレーバーもたくさん。ここでは茶葉でも買えました。

f:id:naccotours:20180610093241j:image


おうちに戻る途中、たまたま見つけたアウトドアショップが面白くて!


◆Next Adventure

https://nextadventure.net/

f:id:naccotours:20180610093332j:imagef:id:naccotours:20180610093348j:image


アウトドア好きなら天国やろうなぁー!アウトレット品とかあってめっちゃお安いし◯

f:id:naccotours:20180610093415j:imagef:id:naccotours:20180610093429j:image


見つけたら買おうとおもっていたStainlayの、見たことない手の平サイズの、しかもレッドカラーを17ドルで♡

f:id:naccotours:20180610093502j:image


ついでに、これで遊ぼうっ!って競技用のセカンドハンドのフリスビーを8ドルで買いました(笑)

f:id:naccotours:20180610093522j:imagef:id:naccotours:20180610093531j:image


PM 13:00

すっかり乗り慣れた自転車で、Divisionエリアにあるフードトラックへ。


◆Grilled Cheese Grill

https://grilledcheesegrill.com/

f:id:naccotours:20180610093631j:image

 

こだわりのローカルチーズたっぷりのメルトサンドがいただけると聞き、まずはここで注文。

f:id:naccotours:20180610093659j:image


基本の、The Kindergarter (幼稚園児?!) 5ドル を頼み、トッピングをオリジナルで。

f:id:naccotours:20180610093802j:imagef:id:naccotours:20180610093809j:image

ベースとなるパンの種類 (White or Wheat)と、チーズの種類 (Cheddar or Classic American)を選びます。

 

名前を聞かれるので、そのまま隣のスクールバスで待っていると。

f:id:naccotours:20180610093936j:imagef:id:naccotours:20180610093943j:imagef:id:naccotours:20180610093953j:image

5分足らずで、バス内放送(!!!)で名前をよばれます。

 

来ましたーーー!お待ちかねのー!!!

f:id:naccotours:20180610094103j:image

私たちは、Wheat(ライ麦パン)にチェダー。アボガド、マッシュルーム、ハラペーニョをトッピング。


このパンが!!! もうめちゃくちゃおいしい。自家製かな?!チーズもとろ〜ん。

f:id:naccotours:20180610094132j:image

しあわせ以外のなにものでもないっ。ポートランドでNo.1サンドウィッチとおもう!ほか知らないけれど!笑


おなかも満たされ、NE Albert St. を東に歩いていくと、両脇にはかわいいカフェやセレクトショップがたくさん。

f:id:naccotours:20180610094240j:imagef:id:naccotours:20180610094247j:imagef:id:naccotours:20180610094301j:imagef:id:naccotours:20180610094319j:imagef:id:naccotours:20180610094339j:imagef:id:naccotours:20180610094347j:image

Hi♡写真を向けると手を振ってくれる、勤務中でも陽気なひとのおおいポートランドです(´∀`*)

 

かわゆすぎる自転車スタンド、とおねぇさん♡

f:id:naccotours:20180610094405j:imagef:id:naccotours:20180610094411j:image


コープスーパーを見つけたので入ってみます。


◆Alberta Cooperative Grocery

http://www.albertagrocery.coop/

f:id:naccotours:20180610094606j:imagef:id:naccotours:20180610094624j:image

あら、あなたも!♡


ボディ用にアーモンドオイルを量り売りで。

f:id:naccotours:20180610094648j:image

お姉さんが手書きでラベルを書いてくれました♡

 

何見ても欲しくなるーーっ。

f:id:naccotours:20180610094731j:imagef:id:naccotours:20180610094746j:image

フレーバードの"Kombucha"(昆布茶!!!)がいまこっちでは大流行りで。ジュースコーナー全体の約50%を占めるほど!各メーカーがこぞって出しています。ジンジャーレモン味、など、日本の昆布茶ほど深い旨味はぜんぜんなくて、爽やかでおいしかった♪


さっきのサンドウィッチに使われていた、Tillamookのチェダーチーズを見つけたので思わずお買い上げ。

f:id:naccotours:20180610095129j:image

何時間でもいれちゃうなー。楽しいなー♡

 

もう1軒、行きたかったアイスクリームやさんへ寄り道。

 

◆Salt & Straw

https://saltandstraw.com/

f:id:naccotours:20180610095316j:imagef:id:naccotours:20180610095327j:image

 

「畑からアイスクリームへ」をモットーにしているというショップで、地元のベリー類はもちろん、様々な食材やシェフとのコラボにも余念のない最新型?のアイス屋さんです。

f:id:naccotours:20180610095606j:imagef:id:naccotours:20180610095614j:image

 

なんとワッフルコーンまで店内で手作りで!

f:id:naccotours:20180610095533j:imagef:id:naccotours:20180610095712j:image

良い香りすぎる〜!!!♡

 

Sea Salt with Caramel Ribbons (3.1ドル+手焼きワッフルコーン1ドル)を。

f:id:naccotours:20180610100257j:image

うまーーーっ!くせになるーーー!

Pear & Brue Cheese味も気になって試食させてもらうと、こちらも、ブルーチーズ強すぎず爽やかでめちゃくちゃ美味しかったー。


PM 15:00

ポートランドで有名な「チャーリーのチョコレート工場(笑)」を見せていただくアポイントへ。

 

◆Woodblock Chocolate

https://woodblock.myshopify.com/

f:id:naccotours:20180610100345j:imagef:id:naccotours:20180610100400j:image

ポートランドのビーントゥバーチョコ業界の先駆者であるチャーリーさん(本名です!!!)が運営されるチョコレートショップで。


つい3日前にオープンしたばかりという、カフェを併設した新しいチョコレート工場にお邪魔しました。

f:id:naccotours:20180610131436j:imagef:id:naccotours:20180610131657j:image


創設者でオーナーのチャーリーさん。とっても気さくな方!♡

f:id:naccotours:20180610140608j:image

頭にチョコレートのカツラを被って中を案内してくださるようです。

(彼によると、このカツラは70%のチョコレートと、30%のお砂糖でできているのだとか!笑)

f:id:naccotours:20180610131930j:imagef:id:naccotours:20180610131938j:image


エクアドルマダガスカル、ペルーなどの厳選した産地から、虫がわかないよう凍らした状態で届くカカオ豆をまずは焙煎機へ。

f:id:naccotours:20180610132024j:imagef:id:naccotours:20180610132108j:image

1895年から使っている焙煎機も大切にしています。


破砕機で細かく砕き…

f:id:naccotours:20180610132247j:image


更に粉砕するとこのような状態に。

f:id:naccotours:20180610132925j:imagef:id:naccotours:20180610132601j:imagef:id:naccotours:20180610132610j:image


このカカオに砂糖を入れてドラムを回し続けること、なんと3日間×24h!

f:id:naccotours:20180610132411j:imagef:id:naccotours:20180610132656j:image

熱を外部から加えるのではなく、回転から生成される熱そのものでカカオを溶かしていくそう。この小さいドラムからは、ひとつあた。30kgのチョコレートができます。


この大きな機会はスムーサー。新工場になって導入したさらに大きなドラム(300kg!)の後行程として必要なものだそう。

f:id:naccotours:20180610132828j:image


ここまではあくまでカカオを細かくする行程で、この後にチョコレートを作る機械はこんなかんじ。

f:id:naccotours:20180611023410j:image

カカオバターを生成し、空気を含ませることで、嫌な酸味を飛ばしチョコレートの甘みが出るとおっしゃっていました。

 

こちらはテンパリングのお部屋。素敵なおねぇさん(´∀`*)

f:id:naccotours:20180610133333j:image

 

と、どこまでもファンキーなチャーリーさん。

f:id:naccotours:20180611023812j:image


出来立てチョコの試食までー♡

f:id:naccotours:20180610133406j:imagef:id:naccotours:20180610133411j:image

 

オリジナルブレンドチョコをベースに、ガテマラの塩とマダガスカルのカカオニブを載せたもの。

f:id:naccotours:20180610133425j:image

材料にはとことんこだわり、仕入れるカカオは基本的に現地まで視察に行くそう。


せっかくなので何かドリンクを頂こうと思うと、おすすめは断然、"Cacao Soda"だよと。

f:id:naccotours:20180610133441j:imagef:id:naccotours:20180610133504j:image

カカオ?!の味はあまりしないけど、ジンジャーが聴いていてほんのりだけ甘みがあっておいしいーーー!

 

カカオの実からカカオ豆の粒を取り出したあと、粒をひとつずつむくときに、その皮は捨てちゃうそうなのですが。

f:id:naccotours:20180610133508j:image

実はその捨てるはずの甘皮部分はとても糖度が高くておいしいとのことで、その部分を発酵させシェイカーにかけ、ソーダに入れてみたらとても美味しかったと提供を決めたそう。


元々はインダストリアルデザイナーとして働かれていたチャーリーさん。

なぜこの仕事に?と伺うと、チョコレートを作るのも同じインダストリアルデザインの一貫だよと。

f:id:naccotours:20180610131840j:image

 

「家具職人が自分の使った椅子を誰かにプレゼントしたりシェアするとみんなが嬉しいでしょ、チョコレートも同じ。当時はチョコレート工房なんてなくて、なんだな楽しそうやし、チョコレートならその楽しみをシェアしやすいかなって」と。

f:id:naccotours:20180610133727j:image

すごいね、すごい。ほんとその楽しさ、存分に分けていただいちゃいました。

 

実験中という、ビールのホップやコーヒー豆で香りづけたチョコも試食させていただいて。

f:id:naccotours:20180610133759j:imagef:id:naccotours:20180610133853j:imagef:id:naccotours:20180610133900j:imagef:id:naccotours:20180610133911j:image

この探究心に脱帽!次来たときもきっとまた同じように心ときめくのやろうなぁ*

ありがとうございました。


続いて、サウスイーストエリアにある「Zine」の施設を見学に。


◆IPRC

https://www.iprc.org/

f:id:naccotours:20180610134010j:image


「Zine(ジン)」は、個人が出版する本のようなもので、日本でも低予算で作れる出版物として流行っていて。ここポートランドはその聖地とも言われています。

f:id:naccotours:20180610134358j:image

でも普通は、予算重視でコピー機とかで作っちゃたり、高いお金を払って印刷会社さんにお願いしなきゃいけないのだけれど。


このIPRCは、印刷会社でもなく、ジンを出版したい方々のために、印刷機や装丁ツール、写真の活版印刷用の道具などを提供する共同作業所として運営されています。

f:id:naccotours:20180610134221j:image

f:id:naccotours:20180610134128j:imagef:id:naccotours:20180610134150j:image

 

マンスリー会員や年間会員のほか、ドロップインでの利用も可能で、料金は1時間5ドル。

これに、印刷する場合は1ページ9セントと格安。


ジンの保管部屋には8,000冊もが、「政治」や「詩」などとカテゴライズされて置いてあって。

f:id:naccotours:20180610134035j:image

世界中からここにおいてほしいと送られてくるため、施設としては実は10万部ぐらい持っていて、その貯蔵数は全米No.1だそう。


シルクスクリーンでジンを作成中の方々に、これらはどこに行くのですかと聞くと。まだ決めていないけれどショップに売り込みにいくつもりと。

f:id:naccotours:20180610134053j:image

こういった方々の受け皿になるショップもポートランドにはたくさんあるようで、そのことが本当に素晴らしいなと。


創設者の女性が今、ポートランドの市役所の重役さんであられるようで。市からも運営費の一部が負担されているそう。

こんな街に暮らしたら、みんなもっと、自分の想いやスキルを仕事に繋げられるのかな。


急に「見せて」と来た日本人にも、笑顔で快く施設を紹介してくれたボランディアスタッフのディナさん。

f:id:naccotours:20180610134528j:image

本当にありがとうございました!


PM 19:00

いつもと比べて行き当たりばったりな今回。唯一日本から予約してきていたこちらへ、夜のポートランドを楽しみに♪


DIY BAR

https://www.diybar.co/

f:id:naccotours:20180610134554j:imagef:id:naccotours:20180610134604j:image

ここはなんと!飲みながら、DIYが楽しめるというなんともクリエイティブシティらしい夜の過ごし方ができるアドレス。

 

まずはカウンターで作りたいアイテムを決め。

f:id:naccotours:20180610134637j:imagef:id:naccotours:20180610134641j:image

わたしたちはラッゲージタグにすることに!

 

明るくて素敵な店内〜!ほぼ予約で満席ですっ。

f:id:naccotours:20180610134656j:image

 

材料棚も大充実で、革の染料だけでもこんなにたくさんっ。

f:id:naccotours:20180610134708j:imagef:id:naccotours:20180610134717j:image

 

次に、バーカウンターで飲み物を注文。ローカルビールやワイン、カクテルなどなんでもありです!

f:id:naccotours:20180610134756j:imagef:id:naccotours:20180610134806j:image

 

オレゴンのシードルとPinot Grigioワインを。

f:id:naccotours:20180610134813j:image

 

いざ開始です!ラッゲージタグはいちばん簡単な部類…やからきっと余裕!なはず♡

f:id:naccotours:20180610134837j:image

 

型を取り、穴をあけ…

f:id:naccotours:20180610134850j:imagef:id:naccotours:20180610134857j:imagef:id:naccotours:20180610134905j:image

 

希望の絵柄に切り込みを入れ、

f:id:naccotours:20180610134924j:imagef:id:naccotours:20180610134933j:image

 

名前の文字を叩いてスタンプしていきます。

f:id:naccotours:20180610134952j:imagef:id:naccotours:20180610135000j:image

 

周りのひとたちもみんな楽しそうーーー♡

f:id:naccotours:20180610135132j:imagef:id:naccotours:20180610135216j:imagef:id:naccotours:20180610135137j:imagef:id:naccotours:20180610135145j:image

となりのお姉さんたちは壮大な何かを製作中?!

ファミリーでも楽しめてほんといいなーっ♪

f:id:naccotours:20180610135200j:image

 

最後は染めつけの行程。ここはね、もうふたりとも飲むのも忘れて無言(笑)

f:id:naccotours:20180610135310j:imagef:id:naccotours:20180610135235j:imagef:id:naccotours:20180610135243j:image

 

最後に穴にパーツをはめて完成です!

f:id:naccotours:20180610135251j:imagef:id:naccotours:20180610135418j:image

やたーーー!!♡夏にみんなで北海道いくのにおそろでつけていくのだーーー**

同じモチーフ作ってもやっぱり個性でる。ほんま楽しくて、なんだかんだかかった2時間もあっという間!

 

となりのお姉さんたちとも仲良くなれて、すてきな夜になりました。Happy!

f:id:naccotours:20180610135435j:imagef:id:naccotours:20180610135444j:imagef:id:naccotours:20180610135507j:image

 

PM 21:00

おなかがすいちゃったので、現地の方におすすめしてもらったオイスターバーで、軽く晩御飯を食べて帰ることに。


◆EaT: An Oyster Bar

f:id:naccotours:20180610135735j:imagef:id:naccotours:20180610135741j:image


ワイン飲みたい!と、オレゴン産のSauvignon BlancとPinot Grigioを。

f:id:naccotours:20180610135759j:image

どちらも品種の個性は保ちながら、華やか&エレガントでおいしいー!


Oysters 6pcs をお願いすると、その場で剥いてくれて!

車で2時間圏内から、毎日旬のものを選んで仕入れるそうで。今日のはオレゴン産が1種と、残りはお隣ワシントン州から。

f:id:naccotours:20180610135831j:imagef:id:naccotours:20180610135841j:image


これにはソーヴィニヨンがびっくひあう!!! 牡蠣とシャブリを覆す完全なマリアージュ

f:id:naccotours:20180610135856j:image


Baked Oysters の欄に、一度食べて見たかった ニューオーリンズ州名物の、"Rockfeller" テイストを見つけて。

f:id:naccotours:20180610135929j:image


ほうれん草とニンニクのソースが絶妙。

f:id:naccotours:20180610135947j:image

3個で10ドルでした。大満足!


寒かったので、Cup of Turtle Soup 8ドルも。

亀のスープ?!です。スパイシーでコクがあってなにげに癖になる。

f:id:naccotours:20180610135916j:imagef:id:naccotours:20180610140015j:image

亀って始めてまともに食べたけど、鶏肉みたい。味付けはコクのある麻婆豆腐のようで最高ー!♡


Goat Cheese & Crawfish Croquettes 12ドル

f:id:naccotours:20180610140038j:image

Crawfishって何?ってきくと、小さいロブスターだよって。あとで調べると、こちらもニューオリンズ名産の日本でいう「ざりがに」さんだそう。

 

上手に調理しないと沢臭いそうだけど、ぜーんぜん大丈夫。むしろクリーミーでおいしい。

f:id:naccotours:20180610140100j:image

しかも、3月〜6月の今が旬だって!ここでしか食べれないものにあたるとほんとうに嬉しい!

 

ふぅ。今日も長く素敵な夜でした。

 

Written by... **

----------------------

◆Table a Cloth.Co.,Ltd

CEO/Travel Designer/J.S.A.認定ワインエキスパート

岡田 奈穂子(Nahoko Okada)

Mail: tableacloth@gmail.com

Web: http://tableacloth.com/