Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

ほろ甘くて深いのがすき

AM 07:00

旅先恒例の朝のお散歩。

f:id:naccotours:20171211212214j:image

 

ひと気があってもなくても、早朝から元気いっぱいなのは温泉ちゃん!

山から川から排水溝から、立ち込める大きな煙の柱。すごい。

f:id:naccotours:20171211212238j:imagef:id:naccotours:20171211212251j:imagef:id:naccotours:20171211212312j:image

 

と、なぜかそれを見守るしまうまさんたち(笑)

f:id:naccotours:20171211212334j:imagef:id:naccotours:20171211212343j:image

あとで聞いた話によると、近くの"みやまホテル"のオーナーさんがお孫さんのために置いたそう。愛ですね(*^^*)

 

AM 08:00

旅館へ戻ると、朝食の用意ができていて。

f:id:naccotours:20171211215627j:image

 

こんな豪華な御前に、でっかい豚ミンチがおいしい鍋焼きうどんまで。

f:id:naccotours:20171211215641j:imagef:id:naccotours:20171211215704j:image

あぁ日本人でよかったなぁと思う瞬間です。

 

AM 09:00

すこし雲ゆきの怪しい中、さぁ出発!

一路南へ約2時間、薩摩半島の一番南にある指宿を目指します。

 

途中、国道沿いで気になったところへ寄り道この道っ。

さつま無双(株) 無双蔵売店

http://satsumamusou.co.jp/

f:id:naccotours:20171212095106j:imagef:id:naccotours:20171212095142j:image

 

かるかん工場の売店やったのかな。

試食にと焼きたてのさつま揚げまで出してくれました。

f:id:naccotours:20171212095130j:image 

 

でも何より驚いたのがお借りしたトイレの看板!

f:id:naccotours:20171212095255j:image

レディスとメンズの気合いの差よww

f:id:naccotours:20171212095306j:image

 

そして、わたしたちが旅先で絶対にかかせない地元のスーパー散策。

 

スーパー タイヨー喜入店

http://www.taiyonet.com/_tenpo/dbdsp.cgi?No=63&mode=dsp_zoom

 

西郷どん!

f:id:naccotours:20171212100934j:image

 

九州らしい甘い刺身醤油が欲しかったの。

迷ってまよって、甘味料無添加でおすすめと書いていたこちらのものを。

f:id:naccotours:20171212100916j:image

 

地鶏刺なんてスーパーで売ってるのね!

しかも1人前150円という。はい!即買い。

f:id:naccotours:20171212123819j:image

 

あとで車でおいしくいただきました(笑)

f:id:naccotours:20171212101030j:image

 

他にも、見たことない可愛いものちらほら。

f:id:naccotours:20171212101138j:imagef:id:naccotours:20171212101157j:image

 

宮崎の彩ワインも見つけたよ。

f:id:naccotours:20171212101050j:image

 

いりこ売り場の豊富さったら!笑

f:id:naccotours:20171212123820j:image

本州との文化の違いがほんとにおもしろい。

 

そしてまた、道の駅へ。

どんなけ行くねーん!ってゆう(笑)

 

道の駅 いぶすき 彩花菜館

http://ibusuki-sakanakan.com/

f:id:naccotours:20171212101356j:imagef:id:naccotours:20171212101422j:image

 

さつま揚げのペーストが売ってたり、

f:id:naccotours:20171212102028j:image

 

地元の高校生たちが作ったちりめんや豚味噌の缶詰がずらり。きになるっ!

f:id:naccotours:20171212101925j:image

 

PM 12:30

やーーーっと、指宿に到着です。

指宿まで来てみたものの、砂むし温泉にはあまり興味もないしどうしようかとドライブしていると。

 

間違って入った路地に、素敵そうなごはんやさんと公衆浴場が向かい合ってるのを見つけました。

 

元湯温泉

http://www.ibusuki.or.jp/spa/public/motoyu/

f:id:naccotours:20171212112111j:image

 

こちらのいかにもローカル&レトロな温泉。

なんと、1300円で何度でも入れるという驚きプライス。

f:id:naccotours:20171212112130j:image

ここ、入ろう!と突撃っ。

 

中に入ると、湯船がふたつ。左がぬるめ、右があつめというシンプルな造り。

入ってたのは、私と地元のおばぁちゃん、そしてこの銭湯の番台の奥さまの3人。

 

お風呂のなかでのおしゃべりもとっても楽しく、なんとここの番台さんは5年前に、旅行に訪れた鹿児島の居酒屋で食べたスナップエンドウに引かれ、移住を決めたのだとか。

 

スナップエンドウを育てること3年、そして2年前からここで働いているそう。

何年たっても夫婦一緒に、自由に選択して生きていけるって素敵やなぁと(*^^*)

 

そしてそのおしゃべり情報によると。

このへんは、同じように300円で入れる市営の温泉がたくさんあるけど、

お風呂でご一緒になった地元のおばぁちゃんにおすすめを聞いたところ、この元湯温泉と、掃除も行き届いて小さな露天風呂のついた吉乃湯も好き!とのことでした(*^^*)

吉乃湯

http://www.ibusuki.or.jp/spa/public/yoshinoyu/

 

ついでに、砂湯なら

一番有名な砂蒸会館「砂楽」より、山川砂むし温泉「砂湯里」が景色も雰囲気もだんぜんおすすめだそう♡

楽しい時間をありがとうございました。

 

そして、目の前にあったこちらの素敵なごはんやさんでランチをいただくことに。

ゆのはまバル

https://m.facebook.com/yunohamabar/?locale2=ja_JP

f:id:naccotours:20171212112214j:image

 

なんと!5日前に始まったばかりというランチ営業は、

さつま汁と土鍋ごはん 500円の一本。

f:id:naccotours:20171212112238j:image

 

まずは湯上りの一杯。ノンアル!

f:id:naccotours:20171212112249j:image 

カウンターから鶏の唐揚げ 100円 と付出しの大根をいただいて。

 

具沢山のさつま汁に、

おこげのついたごはんがおいしすぎる…!!!

f:id:naccotours:20171212112317j:image

 

そして、夜のメニューで気になった黒豚生ハムを、特別にサラダに仕立ててもらって。

f:id:naccotours:20171212112410j:image

 

目の前にあった瓶詰めが気になって中身を尋ねると、桜島鶏のズリのオイル漬けだよと出してくれました。

f:id:naccotours:20171212112420j:image

ズリおっきい!

噛んでると、ハーブのソーセージのような肉厚の味がしてくるの。すごいっ。

 

お店の方もとーーーっても素敵で、また会いたい人がこの街にも出来てしまいました。

ご馳走さまでした。

 

鹿児島市内へ帰る途中、

さっき指宿の道の駅で試食した燻製鶏のタタキが美味しすぎたのを思い出して直営店へ寄り道。

 

本家薩摩 鶏政

http://www.sastumatorimasa.jp/

f:id:naccotours:20171212112452j:imagef:id:naccotours:20171212112514j:image

 

試食しなかったほうの、ムネ肉(300!!!)をお買い上げ。

f:id:naccotours:20171212122334j:imagef:id:naccotours:20171212122351j:image

 

1本100円の焼鳥もおいしそうやったので、雨の中焼いてもらって。ごめんね。

f:id:naccotours:20171212122405j:image

f:id:naccotours:20171212122306j:image

 

鶏はもちろん、この豚串がおいしかった!脂の甘いこと。

f:id:naccotours:20171212122247j:image

 

そして、鹿児島市内へ入る手前で最期の寄り道。

ゆのはまバルのお母さんに、さつま揚げ買うなら?と聞いて教えてもらったこちらの蒲鉾やさんへ。

 

勘場蒲鉾 鴨池店

https://www.kanba.co.jp/

f:id:naccotours:20171212122447j:image 

昭和46年創業の老舗のさつま揚げやさん。

正式には、さつま揚げのもととなった"つけあげ"の専門店。

 

有名な揚げたて屋か薩摩屋さんかのどっちかで買って帰りたいなと思って聞いたのに、あんな新しいところ。

勘場さんのは魚の味が違うよ、と教えてもらって。

f:id:naccotours:20171212122507j:imagef:id:naccotours:20171212122520j:image

これを家で揚げ直して、油から浮いて来たら食べごろだそう。

楽しみーーーー♡

 

PM 15:30

市内へ到着。車を置いて

1番の繁華街、天文館のあたりを散策。

f:id:naccotours:20171212122543j:image

 

maruya garadens4階に、お目当てのお店があって。

f:id:naccotours:20171212122558j:image

 

D&DEPARTMENT KAGOSHIMA by MARUYA

http://www.d-department.com/jp/shop/kagoshima

f:id:naccotours:20171212122613j:image

 

鹿児島の良品がたくさん並んでたけれど、セレクトは昨日のGood Neighborsさんとさほど変わらず。

f:id:naccotours:20171212122625j:imagef:id:naccotours:20171212122658j:image

 

東京で一度買ったことのある、Nest Coffeeさんのリキュールコーヒーはこちらにだけありました。

f:id:naccotours:20171212122712j:image

 

そして、マルヤと同じ並びにある鹿児島を代表するお芋スイーツのお店へ。

 

天文館フェスティバロ

http://www.festivalo.co.jp/index.php

f:id:naccotours:20171212122731j:image

昔親戚のお姉さんからよくもらっていた、ここの紫芋のスイーツ、"ロンド"が大好きで。

 

今ではすっかり大きくなって、いろーんな味が出ていたけれど。

ここの2階のカフェ限定でテイクアウトできる、"焼ラブリ"をひとついただくことに。

 

焼いたお芋のレアチーズタルト。

f:id:naccotours:20171212122755j:image

ほかほか。おいしくないわけないよね…!!!

 

さぁさ。

弾丸の鹿児島旅ももうすぐおわり。

 

PM 16:45

鹿児島中央駅のちかく、6年前にオープンした屋台村で早晩ごはんをすることに。

 

かごっまふるさと屋台村

http://www.kagoshima-gourmet.jp/

f:id:naccotours:20171212122205j:image

 

18:00には出ないとなので、1時間15分勝負!何軒いけるかな( ´ ` )♡

f:id:naccotours:20171212122230j:image

 

25軒ほどある中からまず選んだのは、

ブリの専門店と聞いて来てみたかったこちら。

 

TAGIRUBA

https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46008431/

f:id:naccotours:20171212122840j:image

17:00の本オープン前というのに、すでにお客さんたくさん。期待大!

f:id:naccotours:20171212122908j:image

 

看板の、茶ブリのお刺身 600f:id:naccotours:20171212122920j:image 

きーれーいーーーー!

杜仲茶をエサにした長島のブリで、生産者がひとりだけしかいないので市場には出回らないそう。

身に甘みがあって舌の上でとろけるっ。

 

そして、黒豚軟骨煮 600

f:id:naccotours:20171212122939j:image

こちらも美味!名店すぎるやんっ。

 

店主さん自ら、この屋台村ははしごが楽しいから、ちょこっと食べて他行くのもいいよ。食べたいものあったらおすすめのお店も教えてあげるし、と。なんとーーー!

 

お言葉に甘えて、

「おいしいお刺身が食べたい!」と紹介してもらったこちらを2軒目に。

 

②ぶえんもゆかり

https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46008428/

f:id:naccotours:20171212123018j:image

 

名前の意味もすてき!またしても期待大。

f:id:naccotours:20171212123028j:image

 

黒板メニューが魅力的すぎる。

f:id:naccotours:20171212123125j:image

 

2軒目なので、ここでしか飲めないものをと

伊佐大泉 はげあたま 蔵の師魂 400

f:id:naccotours:20171212122959j:image

運転がまだひかえてるのでノンアルで通す私を横目に、焼酎を楽しむ旦那さま。いいと思う!男たるものそうでなくてはね。

 

来ました!お刺身 ごったま盛り 800

f:id:naccotours:20171212123244j:image

すごいボリューム!!!

値段も新鮮さもとびっきり。近くに欲しいこんなお店!!!

念願のきびなごも食べれました。うれしい♡

 

お醤油がたくさん置いてあって、食べ比べできるのもしあわせっ。

f:id:naccotours:20171212123340j:image

手前の"天龍"がおいしかったー!

 

そして、今日スーパーでも見て気になりまくってた

鰹の腹皮焼 600

f:id:naccotours:20171212123425j:image

鰹の半生の干物なのやけど、腹身部分で弾力と旨味がすごい。

 

安納芋の天ぷら 300

f:id:naccotours:20171212123435j:image 

種子島のブランド芋様。蜂蜜がついてたけど、不要の甘さ。これ嫌いな人いないとおもうっ。

 

あーもう大満足!

観光屋台かなってちょっと思ってたけど、御見逸れ致しました。

 

最後に、お隣宮崎の都城出身の友人から

鹿児島行くなら奄美料理のこれを!と言われていたものを〆にと、大慌てで3軒目。

 

奄美ちゃんぷる

https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46012206/

f:id:naccotours:20171212123459j:imagef:id:naccotours:20171212123510j:image

 

これですこれ。十穀米の鶏飯 550円 を〆に。

 f:id:naccotours:20171212123523j:image

 

奄美ソウルフード、鶏飯とは。

蒸し鶏、錦糸卵、甘く煮た椎茸、沢庵の載った出汁茶漬けのようなもので。 

宮崎や鹿児島でも給食にでるほど薩摩では親しまれた料理なのだとか。

 

もうね、ほろ甘い鶏のお出汁が。

やさしくて深くてくせになりすぎる。

f:id:naccotours:20171212123536j:image

美味しかった!ご馳走さまでした。

 

お醤油も出汁の味もラーメンさえも、ほろ甘くて。

でも素材の香りがしっかりと深いのが薩摩のお味みたい。すきだったなー。

 

PM 18:15

帰る頃にはすっかり日が落ちて。

予定より15分遅れで、やりきった!感めっちゃ出しながら屋台村をあとに。

f:id:naccotours:20171212123850j:imagef:id:naccotours:20171212123900j:image

 

手に汗を握りながら

不安すぎるわたしの運転で高速をぶっぱなし鹿児島空港へ。

f:id:naccotours:20171212123913j:image

 

PM 20:20

神戸空港へ向けて離陸。

帰国便のおともは、宝山の芋焼酎を使ったハイボールと、お昼に買った鶏ムネ肉の燻製。

 

f:id:naccotours:20171212123942j:image

このハイボール美味しかった!

甘みがあって。お取寄せしたいぐらい。

 

PM 21:30

一瞬で神戸空港に到着。ちっか!

こんな近いならまたすぐ会いに行くね。

 

お腹いーーーっぱいやけれど、心残りもあって(笑)

 

食べきれなかったのが、両棒餅と豚カツ、一個売りしてなかった大好きな"かすたどん"

2日しかなかったにしたら、優秀か♡笑

 

おいしくてあたたかい鹿児島。

ご馳走さまでした。

 

End for...

Kagoshima Trip 2017 Winter

薩摩へ冬を仕入れに

年の瀬ももうすぐそこ。

結婚3周年を記念して12日で鹿児島へ。

 

AM 09:40

神戸空港かららくらく。skymarkで鹿児島へ。

f:id:naccotours:20171211133423j:image

f:id:naccotours:20171211133644j:image

f:id:naccotours:20171211133517j:image

f:id:naccotours:20171211133812j:image

 

AM 11:30

茶畑の中にあるレンタカーやさんで車をピックアップし、鹿児島市内へドライブ。

f:id:naccotours:20171211133825j:image

 

お目当ての鹿児島ラーメンやさんで早速のお昼ごはん(*^^*)

 

ラーメン小金太

https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000027/

f:id:naccotours:20171211133834j:imagef:id:naccotours:20171211133902j:image

今の鹿児島ラーメンの人気店は、この小金太で修行した人がほとんどというほどの老舗店。

 

運良く待たずに入店できました。

f:id:naccotours:20171211133934j:image

 

注文からほどなく、魔法のように知らない間に置かれた付出しの大根のお漬物。

f:id:naccotours:20171211134011j:image

九州らしく甘いお醤油をつけていただくのですが、おいしい!

この旅で何度となく登場した一品でした。

 

ほとんどの人が頼んでいた、

セット 820

(SSサイズのラーメン+Sチャーハン)

f:id:naccotours:20171211134040j:image

博多の豚骨とは全然違う!魚介の甘みが染み出していてこれは大阪では絶対に食べられない。おいしすぎる。明日また食べたくなるお味! 

 

チャーハンも評判どおり絶品。

f:id:naccotours:20171211134058j:image

 

そして、単品で

味噌チャーシューラーメン 920

f:id:naccotours:20171211134251j:image 

チャーシューが分厚くってとろっとろ。

f:id:naccotours:20171211134305j:image

お味噌もやっぱり、角がまぁるくやさしい甘さ。

 美味しかったです。ここほんと。ご馳走さまでした。

 

桜島に渡ろう車を走らせていた途中に

気になっていたお店があったので寄り道。 

Good Neighbors

http://good-neighbors.info

f:id:naccotours:20171211134331j:imagef:id:naccotours:20171211134419j:imagef:id:naccotours:20171211134456j:image

 

鹿児島産のプロダクトやデザイナーさんの雑貨を扱うカフェ&ショップで。

f:id:naccotours:20171211134437j:image

すてきな雑貨たちがずらり!

f:id:naccotours:20171211134517j:imagef:id:naccotours:20171211134529j:imagef:id:naccotours:20171211134542j:image

 

さっそく見つけた銘菓ラムドラちゃん。

食べてみたかったのーーーっ。いい顔してる。

f:id:naccotours:20171211134605j:image

 

2階にはギャラリーもありました。

f:id:naccotours:20171211134632j:imagef:id:naccotours:20171211134645j:imagef:id:naccotours:20171211134701j:image

 

PM 13:30

車のまんま、桜島フェリーへ乗船。

15分の船旅を楽しみます。

f:id:naccotours:20171211134734j:imagef:id:naccotours:20171211134746j:imagef:id:naccotours:20171211134850j:imagef:id:naccotours:20171211134822j:image

 

フェリーに入った瞬間、良い焼き芋の香り!f:id:naccotours:20171211134804j:image

 

デッキに出るとこの景色。壮大っ。

f:id:naccotours:20171211134839j:image

この海を遠泳で渡っちゃうとか、桜島の子供たちはみんなすごすぎる。

 

評判に聞いていた立喰うどんも盛況でした。

f:id:naccotours:20171211134918j:image

 

あっという間に到着し、フェリー乗り場からもほど近い道の駅に行ってみることに。

f:id:naccotours:20171211135100j:image

 

◆道の駅「桜島」 火の島めぐみ館

http://www.megumikan.jp/

f:id:naccotours:20171211135043j:image

 

桜島の特産品で、世界一小さいみかんと言われる

その名もまんまの「小みかん」が旬を迎えていて。

f:id:naccotours:20171211135409j:image

 

なんと可愛い箱なのやろう。

お姉さん詰めるの上手すぎやし。

f:id:naccotours:20171211135226j:imagef:id:naccotours:20171211135241j:image

 

君も、むしろ愛らしいよ本当に。

f:id:naccotours:20171211135347j:image

 

裏の山を超えたところで作っているという生産者さんが、ちょうど採れたてみかんを納品しに来られていたので

お話をしながら良いものを選んでもらって持ち帰り。

f:id:naccotours:20171211135256j:image

すごいむっちりの身に、程よい酸味。美味しいです。

ご馳走様でした。

 

小みかんのソフトクリームもあったので、ついで食べしました♡

f:id:naccotours:20171211135525j:image

 

そして、島の南を走り見つけたこの展望台。 

有村溶岩展望所

有村溶岩展望所 - みんなの桜島

f:id:naccotours:20171211135544j:image

f:id:naccotours:20171211135820j:image

f:id:naccotours:20171211135834j:image

 

噴火の歴史を学びながら、桜島をバックに溶岩と海のコントラストを楽しめます。

f:id:naccotours:20171211140003j:imagef:id:naccotours:20171211135656j:imagef:id:naccotours:20171211135719j:image

 

ここまで近くに来て初めて、山の上部が灰で完全に被ってしまっていることに気づきました。麓の山肌にはちゃんと木々が見えています。

f:id:naccotours:20171211135639j:image

 

ここで暮らす人はどんな風にこの山の活動と向き合っているんだろう。

自然と共存することの厳しさも優しさも、きっとここにはあるのだろうな。

 

そのまま大隅半島側へ抜け、北へ約1時間半。

霧島へ向かいます。

 

PM 16:30

道なりにあった霧島神宮へ立ち寄ると、とても綺麗な夕日が。

f:id:naccotours:20171211140110j:image

f:id:naccotours:20171211140250j:imagef:id:naccotours:20171211140303j:image

 

鹿児島一のパワースポットとも言われるだけあって

神様に守られていそうな、とっても厳かな雰囲気。

f:id:naccotours:20171211140328j:imagef:id:naccotours:20171211140338j:image

 

PM 17:00

立ち込める湯けむりを道しるべに、霧島温泉へ到着です。

f:id:naccotours:20171211140434j:image

 

霧島市場をちらりとのぞき。

f:id:naccotours:20171211140500j:imagef:id:naccotours:20171211140617j:imagef:id:naccotours:20171211140647j:imagef:id:naccotours:20171211140542j:image

 

温泉地恒例の蒸しコーナーもちゃっかり。

f:id:naccotours:20171211140734j:imagef:id:naccotours:20171211140753j:image

 

散々な寄り道の末にやっと到着した、今晩お世話になるのお宿はこちら。

 

霧島温泉 おやど 花みずき

http://www.oyado-hanamizuki.co.jp/

f:id:naccotours:20171211140818j:image

 

なななんと・・・!部屋の扉を開けるとこんな設えが。

f:id:naccotours:20171211140859j:imagef:id:naccotours:20171211140922j:imagef:id:naccotours:20171211140939j:image

 

囲炉裏のあるリビングに和室ダイニング、

ロフトのベッドルーム、源泉掛け流しの家族温泉付きです。

f:id:naccotours:20171211141003j:imagef:id:naccotours:20171211141019j:imagef:id:naccotours:20171211141032j:imagef:id:naccotours:20171211141052j:image

素敵すぎるーーーっ。

 

ふだん民宿とかゲストハウスばかり泊まるわたしたちには、、これでもかというぐらいの贅沢さです。

(こんな素敵なお宿でも、本州に比べてずっとリーズナブルに泊まれちゃうのが霧島温泉の魅力なのです!)

 

PM 18:30

お楽しみの夕食を贅沢にお部屋でいただきます。

f:id:naccotours:20171211141152j:image

 

アペリティフに頼んだのは、

薩摩スパークリング梅酒 梅太夫

f:id:naccotours:20171211141139j:image

 

先付の鮗(コノシロ)のなます

鮗はコハダの大きいものだそう。

f:id:naccotours:20171211141207j:image

 

前菜は、

牛乳豆腐、ずわい蟹と胡瓜のサラダ、あん肝の酢味噌がけ

f:id:naccotours:20171211141225j:image

 

お造りは、秋太郎、勘八、真鯛、水だこ

f:id:naccotours:20171211141242j:image

秋太郎とは、別名を芭蕉カジキと言うそう。美味しい!

 

茶碗蒸しの中には、なんとさつま揚げ。

f:id:naccotours:20171211141259j:imagef:id:naccotours:20171211141314j:image

 

黒毛和牛のサーロインステーキ

f:id:naccotours:20171211141331j:image

 

じゃが芋の饅頭

f:id:naccotours:20171211141349j:image

 

トマトの釜蔵

f:id:naccotours:20171211141410j:image

割ると中には具沢山のパスタが入っていました。

f:id:naccotours:20171211141425j:image

 

鹿児島黒豚の蒸籠蒸し

f:id:naccotours:20171211141513j:image

 

せっかくなので、芋焼酎をとおすすめで

お店にも出回っていないという小正醸造の酔楽人(よくろんぼ)を。

f:id:naccotours:20171211141524j:image

薩摩切子のグラスだぁ。うれしい。

お味はすっごいフローラル!!! 芋焼酎って甘ったるいイメージやったけど全然。これは大好き。

 

お料理はまだ続き、

帆立の日向夏ドレッシングがけ

f:id:naccotours:20171211141442j:image

 

海老と貝のタルタル焼き

f:id:naccotours:20171211141623j:image

 

山菜の炊込みご飯

f:id:naccotours:20171211141638j:image

 

デザートはなんと、

焼酎アイスと霧島茶プリン

f:id:naccotours:20171211141656j:image

 

豊かな薩摩の恵みを、舌から肌から存分に味わった夜。

幸せな3年目の記念日となりました。

いつも、ありがとう。

来季に、またね

 

AM 7:00
朝風呂を頂き、湯冷めがてらに海をめがけてお散歩。

f:id:naccotours:20171124073115j:image

 

淡路島らしい瓦造りの家々が並ぶ漁師町。

f:id:naccotours:20171124073200j:imagef:id:naccotours:20171124073209j:image

 

海辺に出て、お宿のある山側に目を向けると、昨日徳島から見えていた風車はこの街のものでした。嬉しい発見。

f:id:naccotours:20171124073221j:imagef:id:naccotours:20171124073232j:image

 

散歩を終えて戻ると、入口横に造られた特別室のような離れに朝ごはんが用意されていました。

f:id:naccotours:20171124073251j:imagef:id:naccotours:20171124073302j:imagef:id:naccotours:20171124073316j:image

どこからだって、海。いくらだって嬉しい。

 

朝食は丁寧に作られた和食の御前。

f:id:naccotours:20171124073331j:image

塩加減抜群で甘みさえあるカマスの塩焼きが美味しくて、竹中さんを捕まえて伝えると、すこし干すのが隠し味だと教えていただきました。

 

夢だったしあわせすぎる滞在。

最後になんと!昨日のパンをお持ちくださいました。

f:id:naccotours:20171124073415j:image

ありがとうございました。お世話になりました。

 

AM 8:30
洲本へ戻る道が何通りかあったので、海沿いを北上して慶野松原経由で。

f:id:naccotours:20171124073456j:image

美味しかったあの珈琲と、オーナーの加藤さんにお会いしにいくことに。

 

◆額縁と珈琲 Neki
https://www.ne-ki.net/

f:id:naccotours:20171124073518j:image

f:id:naccotours:20171124073532j:image

 

朝早くから出会えた、こんな素敵な空間と
わぁ!と迎えてくれる優しい笑顔。

f:id:naccotours:20171124073604j:imagef:id:naccotours:20171124073633j:imagef:id:naccotours:20171124073649j:imagef:id:naccotours:20171124073701j:image

 

ブレンド珈琲と、ミルク珈琲を。
たくさんの時間はなかったのでテイクアウトカップでいただくと。

f:id:naccotours:20171124073727j:image

トレイが額縁に!ほっこり。

 

今度はおなかをすかせて、朝食のトーストセットを食べに来たいな。

f:id:naccotours:20171124073815j:image

ご馳走さまでした。


AM 10:00
レンタカーを返して、最後にスーパーで産直のお野菜などを買い込み。

f:id:naccotours:20171124073840j:image

 

バスターミナルのマドンナに挨拶をして一路橋を渡って大阪へ。

f:id:naccotours:20171124074017j:imagef:id:naccotours:20171124074034j:image

すぐ近くていつでも来られるのに、こんなに非日常で美味しい淡路島。

 

会いたい人がほんとにたくさん増えたから、季節が変わったらまた来ます。
お世話になりました。

 

End◆
Awaji Trip 2017 Winter

 

冬海の香り いただきます

 

AM 9:00
一日お世話になった夫婦に見送ってもらい、朝の洲本の街へ。

f:id:naccotours:20171121205524j:imagef:id:naccotours:20171121205901j:image

 

今日の旅連れ人との待ち合わせまでまだ時間があったので、市役所前のこちらのカフェで朝食をいただくことに。

 

◆Cafe Mallow
https://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28045264/

f:id:naccotours:20171121205546j:imagef:id:naccotours:20171121205557j:image

 

モーニングセットから、
厚焼玉子のサンドプレート(ドリンク+300円)を。

f:id:naccotours:20171121205639j:image

 

ふわっふわの卵は、注文後に巻いてくれます。

f:id:naccotours:20171121205657j:image

 

こだわりハンドドリップの珈琲は5種類から選べ、私はおすすめのメキシコ産のものを。

f:id:naccotours:20171121205718j:image

しあわせな朝食タイムでした。ご馳走さま。

 

AM 10:00
レンタカーをピックアップして、バスターミナルで合流し、いざ南あわじのドライブへ!

 

福良港にあるマルシェへ寄り道。

◆福良マルシェ

f:id:naccotours:20171121205836j:imagef:id:naccotours:20171121210223j:imagef:id:naccotours:20171122182429j:imagef:id:naccotours:20171122184214j:imagef:id:naccotours:20171122182444j:image f:id:naccotours:20171122182506j:imagef:id:naccotours:20171122182522j:imagef:id:naccotours:20171122182540j:imagef:id:naccotours:20171122182551j:imagef:id:naccotours:20171122182605j:imagef:id:naccotours:20171122182623j:imagef:id:naccotours:20171122182650j:imagef:id:naccotours:20171122184115j:imagef:id:naccotours:20171122184137j:imagef:id:naccotours:20171122184158j:image

 

AM 12:00
地元の方がよく集っていると、島の夫婦に教えてもらったこちらで昼食を。

◆ひらまつ食堂
http://www.m-awaji.jp/~hiramatsu/

f:id:naccotours:20171122184240j:image

 

メニューがたくさんありすぎて、迷う迷う!

f:id:naccotours:20171122184315j:imagef:id:naccotours:20171122184252j:imagef:id:naccotours:20171122184327j:image

 

朝に予約の電話をしたときに、今日は魚があまり入らないかも…とおっしゃってましたが

すぐお隣の漁港から幸いにも大漁だったみたい♡

f:id:naccotours:20171123152622j:image

 

地元の方が予約してまで必ず頼むという

おさかな定食 1,650円 ひとつをわけっこ。

f:id:naccotours:20171122184348j:image


本日のメインは、足赤エビ天ぷら、野菜天、ブリの塩焼き。たっぷり!
これに、小鉢、お造り、ごはん、赤だしがつく豪華さです。

f:id:naccotours:20171122184401j:imagef:id:naccotours:20171122184416j:image

海老も特大!おとくすぎる!!!

 

追加で、ハゲのうす造りを単品で。

f:id:naccotours:20171122184431j:image

きゃーーー!ぜいたくー!!!
肝もド新鮮、身もぶりっぶりー!!!

f:id:naccotours:20171122184443j:image
これはここでしか食べられない。

 

そして、鰆のタタキユッケ

f:id:naccotours:20171122185201j:image

皮目が炙ってあって、甘い玉葱とからめて温かいごはんに乗せると絶品!!!

f:id:naccotours:20171122185215j:image

頼んだものどれも、正解すぎるチョイス。

単品は値段の記載なかったけれど、お腹いーっぱいになってひとり2,400円。
ここはぜひ再訪したい。

 

オープンからまたたくまに満席でした。

f:id:naccotours:20171122185552j:image

 

PM 13:30
鳴門海峡を渡って、大塚国際美術館へ。

海がきらきら、きれいーっ。
晴れていて本当にドライブ日和!

f:id:naccotours:20171122185643j:imagef:id:naccotours:20171122185659j:image

 

◆大塚美術館

http://o-museum.or.jp/smarts/index/1/

f:id:naccotours:20171123023644j:imagef:id:naccotours:20171123023711j:imagef:id:naccotours:20171123075209j:image

どーん!一度来てみたかったのーーー!

世界の名画が陶板複製の素晴らしい技術によってここに一同に会します。

 

長い長いエレベーターを上がると

いきなりの…システィーナ礼拝堂

f:id:naccotours:20171123075232j:imagef:id:naccotours:20171123075432j:image

現地ローマのものより広々に感じる。

 

床に道順がふってくらてあるのでとても見やすく、平日なのでのーんびりが嬉しい。

f:id:naccotours:20171123075259j:imagef:id:naccotours:20171123075451j:imagef:id:naccotours:20171123075507j:imagef:id:naccotours:20171123075528j:imagef:id:naccotours:20171123075540j:imagef:id:naccotours:20171123075641j:image

欧州の主要な美術館はたいがい行ったけれど、マイナーな場所にあって見れてなかったものたちとここで出会えて、大満足。

 

特におもしろいなと思ったのが、

たとえば『最後の晩餐』でも、世界中から集められているから、トルコのもの、ギリシャのもの、そしてもちろんミラノの本家のものまであらゆるスタイルを見比べられること。

f:id:naccotours:20171123075733j:imagef:id:naccotours:20171123075756j:imagef:id:naccotours:20171123075702j:image

同じシーンでも、文化によって描かれ方全然違う。

見どころ多すぎて、やや見疲れ感は否めなかったけれど(笑)

来れてよかったーーー(*^^*)

 

PM 16:00

また鳴門海峡を淡路島側へ渡り戻り、南あわじにある今日のお宿へ。

3年ぐらい憧れ続けて、夏から予約を入れて満を持しての訪問です。

 

◆南海荘
http://www.nankaiso.com/main/

f:id:naccotours:20171123095749j:imagef:id:naccotours:20171123075847j:imagef:id:naccotours:20171123095804j:image

 

すこし高台にあるお宿。一歩中に入ると、レセプションから夕日のかかる海が一望。

f:id:naccotours:20171123075917j:image

 

こじんまり、館内のしつらえも素敵。

f:id:naccotours:20171123095818j:imagef:id:naccotours:20171123102026j:image

 

今日泊まらせていただく部屋は、改装したばかりという、淡路島出身の和紙作家ハタノワタル氏による設えの客室「おのころ」。

f:id:naccotours:20171123095845j:imagef:id:naccotours:20171123101923j:imagef:id:naccotours:20171123101845j:image

ここからも海が。

 

シンプルながらも和紙ならではのあたたかみと開放感のある角部屋です。

f:id:naccotours:20171123095934j:imagef:id:naccotours:20171123101858j:image

 

貸切で利用できる温泉は、わたしが淡路でいちばん大好きな、とろっとろのうずしお温泉。

f:id:naccotours:20171123102227j:imagef:id:naccotours:20171123102240j:image

もちろん源泉掛け流し。あぁしあわせ。

 

PM 16:54

西海岸に夕日が落ちて行きました。

f:id:naccotours:20171123102459j:image

 

ここはお料理が評判の美食宿として有名なのですが、何年間も来たくてこれなくて本当に楽しみにしていたのは、シェフの竹中さんが作る、「平日限定」のイタリアンコースディナー。

f:id:naccotours:20171123102003j:image

 

PM 18:30

お昼だってたくさん食べたはずやのに、期待でもうお腹がぺこっぺこ!

電話で呼ばれ、1階の和個室へ通されます。

f:id:naccotours:20171122205633j:imagef:id:naccotours:20171123102148j:imagef:id:naccotours:20171123102207j:image

 

ワインにも相当なこだわりがあるようで、乾杯にと
L.V.H.B. Cremant de Bourgogne
Cuvee Chardonnayを。

f:id:naccotours:20171122205612j:image

畳でスパークリングなんてとても素敵!!!

 

最初に出たのはまさかの、天然フグの握り

f:id:naccotours:20171122205558j:image

歯ごたえがすごい…

 

前菜は。コチと煽りイカのタルタル

f:id:naccotours:20171123102542j:image
柿と淡路玉葱が混ぜられ、ブンタレッタというお野菜やパセリソースがスパークリングにとても合う。

 

酵母からここで作っているという自家製のガーリックトーストも美味。

f:id:naccotours:20171122185713j:image

 

前菜2品目は、イサキの一夜干し 菊芋のソース

f:id:naccotours:20171122185728j:image

セルフィーユなどの普段出会わないお野菜もすべて、淡路島産のものだとか。

 

島フグと3年フグの白子パスタ

f:id:naccotours:20171122185748j:image

なんと贅沢なパスタ。永遠に食べていられそうなほど旨味がよく絡んでる。


フェンネルが爽やかに香るパスタに合わせて、といただいた白ワインは。
Pecorino, Abruzzo 2015

f:id:naccotours:20171122185800j:image
フルーティでほんのり磯の香りがするワインが、フグのパスタと絶妙に合う。

 

パスタ2品目は、

牡蠣とチーマジラーパの手打パスタ
淡路の青レモンの皮と黒胡椒

f:id:naccotours:20171122205533j:image

青々しくも深い旨みを感じる1品。これも美味しい…!!!

 

鰆と原木しいたけのグリル 白子のソース

f:id:naccotours:20171122185919j:image

底に隠れていたのは、西洋カブのリゾット。

f:id:naccotours:20171122185902j:image

味以前に鰆の立派さにすでに驚き。

 

青レモンの天然酵母パンも追加でいただくと、

もちもちと味わったことのないカンパーニュでだだはまり!

f:id:naccotours:20171122185849j:image

思わず、買えないですかこれ?!と聞いてしまったほど(笑)

 

メイン2品目、淡路牛のイチボのロースト

f:id:naccotours:20171122185838j:image
人参と黒大根、にんにくとカリフラワーのピューレが添えられて。
1時間程かけてゆっくりと火入れされたお肉は脂ののりも上品で、驚くほどジューシー。

 

赤ワインもすすんじゃうっ♡

f:id:naccotours:20171123102621j:image

 

もうおなかいっぱい!やのにー!

炭水化物食べすぎ!やのにほんとに美味しかった、炊きたてご飯と赤出汁さん。

f:id:naccotours:20171123102641j:image

 

最後に、ガトーショコラと柿のソルベを。

 f:id:naccotours:20171123102659j:image

 

信じられないほど贅沢な食体験。

1泊2食付きで、宿泊代はひとり14,000円ほどなんて、本州ではありえないコストパフォーマンスかも。

 

食べてすぐ、ごろん!ばたんきゅっ。

温泉もあって、こんな贅沢は日本ならではですね。

島の恵みを本当にご馳走さまでした。

 

こころあたたまる島時間


冬はじめの島旅。

土日にたくさんお仕事をしたご褒美にと
週はじめをおやすみに、明石海峡を渡って淡路島へ。

 

淡路島で暮らす友人夫婦を頼って、
お泊まりさーせて♡と言っていたのやけど

 

たまたま今日が、島内で陶芸工房を営む
Awabi Ware(アワビウェア)さんの初釜オープンイベントがあるということで、ふたりにくっついてお邪魔させていただきました。

 

◆Awabi Ware
http://awabiware.net/

f:id:naccotours:20171121093012j:image

 

昔の診療所を改築したという工房。
レトロでとても素敵。

f:id:naccotours:20171121093930j:image

f:id:naccotours:20171121093121j:image

f:id:naccotours:20171121093044j:image

f:id:naccotours:20171121093109j:image

「作家ものの器の質」と、「生活道具としての使い勝手の良さ」を併せ持つ器を
型作成から素焼きまでを瀬戸で、釉薬から窯焼き、仕上げを淡路で行うという現代的な取り組みで制作されています。

 

奥にはギャラリーがあり、器の購入もできます。

f:id:naccotours:20171121093206j:image

f:id:naccotours:20171121093224j:image

f:id:naccotours:20171121093302j:image

何より釉薬の色がとても美しいのですが、
釉薬の風合いは同じレシピでも焼く度に変わっていくので、全く同じには絶対にならないんですよ、と。

 

製作工房内を案内いただくと、

今日は、美しいトルコブルーの器が窯から焼きあがっているところでした。

f:id:naccotours:20171121093402j:image

f:id:naccotours:20171121093421j:image

 

美しく並ぶ順番待ちの器たちや型、道具からも作り手さんの製作に対する在り様が伝わってきます。

f:id:naccotours:20171121093457j:image

f:id:naccotours:20171121093704j:image

f:id:naccotours:20171121093717j:image

 

昼食を、工房内のダイニングスペースで。

f:id:naccotours:20171121093756j:image

 

南あわじにある"額縁と珈琲Neki"さんが作ってくださるタコライスを、美しいこちらの器でいただきました。

f:id:naccotours:20171121093742j:image

◆額縁と珈琲 Neki
https://www.ne-ki.net/

 

お昼過ぎ、場所を移して本窯のあるオーナーさんのお家へお邪魔します。

f:id:naccotours:20171121094013j:image

f:id:naccotours:20171121094048j:image

 

自分の手で作ったものの窯上がりを待つ、たくさんの人たちがここへ集ってきて。

f:id:naccotours:20171121094156j:image

f:id:naccotours:20171121094238j:image

f:id:naccotours:20171121094441j:image

 

ここでもNekiさんの珈琲スタンドが登場。

f:id:naccotours:20171121094311j:image

f:id:naccotours:20171121094333j:image

f:id:naccotours:20171121094347j:image

深煎りのものを頂きました。至福のひととき♡

 

珈琲を飲みながら待っていると、窯からどんどん焼き上がりが出てきます。

f:id:naccotours:20171121094521j:image

f:id:naccotours:20171121094536j:image

f:id:naccotours:20171121094555j:image

f:id:naccotours:20171121094610j:image

電気釜とはまた違う、力強い土の雰囲気。

お茶碗から土偶まで!個性豊かでおもしろいーー!

 

焼きあがった器とともに、今度は室内でお抹茶をいただきます。

f:id:naccotours:20171121094755j:image

f:id:naccotours:20171121094816j:image

 

お茶の先生に教えていただき、私も初挑戦!してみたけど、すぐ手が腱鞘炎になりそうでした(笑) 

f:id:naccotours:20171121094902j:image

 

火鉢で温まる、心豊かな生活空間。

f:id:naccotours:20171121094921j:image

すてきな時間とたくさんの出会いを、ありがとうございました。

 

夫婦のお家へ戻り、のんびりと休憩をして。

 

PM 6:00

いよいよ、夜の洲本の街へ繰り出します!

f:id:naccotours:20171121095048j:image

 

まず最初に連れて行ってもらったのが、ふたりが唯一無二というお寿司やさん。

 

◆直丹

https://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28029038/

f:id:naccotours:20171121095129j:image

 

いらっしゃい!の元気な笑顔(*^^*)

f:id:naccotours:20171121095145j:image

 

注文はもう常連のふたりにお任せで、

ぷりぷりの淡路産もずくから。

f:id:naccotours:20171121095200j:image

 

穴子のたたき

f:id:naccotours:20171121095213j:image
ニンニク醤油が香ばしくかおる。おいしい!

 

お造りの盛合せは豪華に

縞鯵、煽りイカ、鯛、平目、鮑の5種。

f:id:naccotours:20171121095228j:image

蛸の天ぷら

f:id:naccotours:20171121095240j:image

 

河豚ひれ酒が登場!

f:id:naccotours:20171121095303j:image

f:id:naccotours:20171121095320j:image

すごい。本物やぁ。部屋じゅうに香ばしい良い匂いが充満する。

 

秋鰆のたたきは、今が美味しいとき。

f:id:naccotours:20171121095337j:image

 

鯖生ずし

f:id:naccotours:20171121095353j:image

これが、最高でした!!! こんなきずし食べたことない。ほんまに生やんほとんどっ。

うんっまーーーー!!!ってなった。

 

最後に、蒸し穴、鯛、雲丹のにぎりを。

f:id:naccotours:20171121095408j:image

f:id:naccotours:20171121095420j:image

ずっと食べたかったここの蒸し穴さま♡

やっと出会えて大満足。

 

f:id:naccotours:20171121173320j:image

畳の隅っこにこんなかわいいさんも見つけたよ。

本当にご馳走さまでした。

 

洲本の夜はまだまだ、と2軒目は

知合いのという立飲みやさんに連れて行ってもらって。

 

◆ブルース

https://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28037163/

f:id:naccotours:20171121095500j:image

f:id:naccotours:20171121095531j:image

f:id:naccotours:20171121095513j:image

 

アテから、淡路鶏ズリのゴマ油炒めと

f:id:naccotours:20171121095434j:image

 

淡路牛のメンチカツを。

f:id:naccotours:20171121095447j:image

このメンチカツが秀逸で。揚げたてを切ると、中から肉汁と旨味たっぷりのソースが溢れ出す。

 

ここでもまた楽しい出会いがあり、話はつきません。げんさん(マスター)ありがとう♡

f:id:naccotours:20171121095601j:image

 

PM 11:00

最後に立ち寄ったのが、これまたふたりが行きつけのバー。バーなのに、趣味でよく漁に出るオーナーのおかげでなぜか、新鮮すぎる朝採れの刺身や魚介のアテが絶品なのだとか。

 

◆Georges

https://georges.jp/sp/

f:id:naccotours:20171121095616j:image

 

この日は残念ながら時化で漁に出られなかったそうですが、代わりにと自家製のマルアジと小鯛の一夜干しを出してくれました。

f:id:naccotours:20171121095629j:image

f:id:naccotours:20171121095643j:image

脂がよくのっていて美味しい!ウィスキーがよく合うっ。

 

旅の話をたくさんしていたら、

マスターが英国産の燻製鯖まで出してくれました。

f:id:naccotours:20171121095657j:image

 

気づけばもうAM 1:00。

外は寒い寒いけれど、こころはぽかぽか。

島のあたたかさにたくさん触れた1日でした。

 

明日は南あわじへ。

Have a good night !

 

 

朝から、キムチ!♡

 

AM 08:00
今朝はホテルで朝食を。

f:id:naccotours:20171020212330j:image

 

◆Villa de charlotte
http://m.lottehotel.com/l7/myeongdong/ja/dining/dining-view.asp?type=RE&seq=94

f:id:naccotours:20171020212246j:image

f:id:naccotours:20171020212308j:image

 

手づくりのお豆腐や大好きなパンたちがたくさんっ。うれしいーーー。

f:id:naccotours:20171020212450j:image

f:id:naccotours:20171020212411j:image

f:id:naccotours:20171020212421j:image

f:id:naccotours:20171020212431j:image

 

韓国まできてお粥でも鱈鍋でもなくホテルモーニング?!というかんじやけど、これ、ホテルに泊まらないと食べれないんやもん。

f:id:naccotours:20171020212439j:image

 

ココナッツの入ったポテサラがおいしかった!真似っこしよう。

f:id:naccotours:20171020212503j:image

 

朝昼兼用でやまもり食べ、次の予定までてくてくとお土産食材を買いに行くことに。

f:id:naccotours:20171020214850j:image

 

◆ハーモニーマート 明洞
http://www.mdhmart.com/Mobile/

f:id:naccotours:20171020212829j:image

f:id:naccotours:20171020213004j:image

明洞地区にあって朝早くから夜遅くまで開いている便利なスーパーで。

 

定番のコチュジャンや海苔スナックはもちろん、

f:id:naccotours:20171020213018j:image

f:id:naccotours:20171020213124j:image

 

インスタントの干し鱈スープ

f:id:naccotours:20171020213143j:image

 

牛肉クッパ

f:id:naccotours:20171020213158j:image

 

プデチゲ用の乾麺

f:id:naccotours:20171020213220j:image

 

乾燥キムチまで!

f:id:naccotours:20171020213336j:image

 

お土産メインの品揃えやので、欲しかった唐辛子や松の実などはさすがになかったし、お値段もやや高めですが色々と買えました。

 

ホテルでパッキングをし直し、帰国前最後のイベントへ!

 

◆Soul Kimuchi Academy
https://www.konest.com/m/spot_detail.html?id=9476

f:id:naccotours:20171020213443j:image

f:id:naccotours:20171020213454j:image

f:id:naccotours:20171020213509j:image

 

AM 10:00
一度作ってみたかったの!キムチさん。家で作れるようになったら、また色々楽しそうやなと思っていて(*^^*)
1時間のお料理教室に参加します。

f:id:naccotours:20171020213526j:image

f:id:naccotours:20171020213540j:image

 

最初になぜか、好きなチマチョゴリを着て写真を撮れるサービス(笑)

f:id:naccotours:20171020213555j:image

 

そしていよいよ、先生のデモンストレーションのもとでクッキング開始です。

f:id:naccotours:20171020213618j:image

f:id:naccotours:20171020213633j:image

 

まずは下準備として、
3度洗いして水を切った白菜を4等分に切り、葉の間に塩を振りかけ、1日置いておきます。

f:id:naccotours:20171020213702j:image

ただ、今回はもう1日置いてくれていた白菜を使うというらくちんコース♡

 

《材料》
塩漬けにした白菜 1/4
大根 1/4本
青葱 1本
ニラ 2〜3本

(以下調味料)
唐辛子パウダー
あみ海老の塩辛
イリコのエキス≒ナンプラー
砂糖
炒りごま
餅米海苔(餅米をゆっくり煮たもの)
生姜:にんにく=1:5〜7の割合で混ぜたもの

 

調味料は上から、こんなかんじです。

f:id:naccotours:20171020213737j:image

f:id:naccotours:20171020213751j:image

f:id:naccotours:20171020213802j:image

f:id:naccotours:20171020213817j:image

f:id:naccotours:20171020213827j:image

f:id:naccotours:20171020213849j:image

あみ海老さえ調達できれば、あとは家にあるものでなんとかなりそう(*^^*)

 

Let's start cooking !!!

 

《レシピ》

1. 大根を千切りにします

f:id:naccotours:20171020214008j:image

f:id:naccotours:20171020214020j:image


2. 葱とニラを1本ずつ、3cmに切ります

f:id:naccotours:20171020214033j:image

f:id:naccotours:20171020214053j:image


3. ①と②を合わせ、大さじ3杯の唐辛子と、その他の調味料をすべて大さじ1杯分入れ、揉みこみながら両手で混ぜます

f:id:naccotours:20171020214113j:image

f:id:naccotours:20171020214134j:image

f:id:naccotours:20171020214205j:image


4. 塩漬けにした白菜(1/4、700g〜1kg)を用意し、葉の表と裏側両方に1枚ずつ、③を白い部分がなくなるぐらい隙間なく塗り込みます

f:id:naccotours:20171020214230j:image

f:id:naccotours:20171020214239j:image

f:id:naccotours:20171020214250j:image


5. 端の2枚の葉を残して残りの白菜を左手で持ち、その上に③をたっぷりと載せます

f:id:naccotours:20171020214308j:image

f:id:naccotours:20171020214318j:image

 

6. 載せた③を包み込むように右側からふたつ折りにし、残していた2枚の葉を下から縛るように巻きつけ、完成です♪

f:id:naccotours:20171020214339j:image

f:id:naccotours:20171020214350j:image

 

今日の夜に食べるなら浅漬けとして。
明日になると、いつもの韓国キムチのようにおいしく。
3日ぐらい経つとすっぱくなってくるので、キムチ鍋やチヂミなどの料理に入れて使ってねと。

 

所要約30分、あっというまにできたー♡
自分で作ったフレッシュな白菜キムチさん。

真空パックにしてくれるので、日本までも持って帰れます。楽しかったー!

f:id:naccotours:20171020214407j:image

 

AM 11:00
ささ、楽しかったソウル滞在もあっという間。もう帰らないと。

 

最後の最後に、ホテルの下で買いそびれていたIOPEのクッションファンデと、LANEIGEの下地を大人買いして。

f:id:naccotours:20171020214447j:image

f:id:naccotours:20171020214457j:image

どちらも、散々にみた口コミサイトでいろんなひとがおすすめしていたもの。
今回に照準を合わせてなくなっていた化粧品たちが復活しました、うれしいっ(*^^*)

 

お世話になったホテルのレセプション。素敵。

f:id:naccotours:20171020214938j:image

f:id:naccotours:20171020214949j:image

◆L7 Lotte Hotel 明洞

http://m.lottehotel.com/l7/myeongdong/ja/default.asp

 

PM 12:00
40時間ぶりぐらいに、仁川空港に到着。

f:id:naccotours:20171020214508j:image

f:id:naccotours:20171020214520j:image

f:id:naccotours:20171020214536j:image

 

もう買いたいものもなかったので、まっすぐにイミグレーションを通り抜け、IASS Loungeでのんびりビールを。

f:id:naccotours:20171020214555j:image

f:id:naccotours:20171020214607j:image

 

ビビンバや辛ラーメンなどのビュッフェも充実!でしたが、私のカードでは有料でがまんっ。

f:id:naccotours:20171020214629j:image

f:id:naccotours:20171020214702j:image

f:id:naccotours:20171020214640j:image

f:id:naccotours:20171020214651j:image

 

PM 13:30
お昼を取っていなかったので、プレッツェルをおやつに。

f:id:naccotours:20171020214726j:image

 

帰りももちろん、アシアナ航空で。

f:id:naccotours:20171020214746j:image

f:id:naccotours:20171020214759j:image

 

PM 16:20
無事に関空へ到着。すごい一瞬やった!

 

近くても、言葉もまったくわかんないし、こんなに違う文化がある。
やっぱり世界っておもしろい♡

 

秋旅はこれにて終了。
寒くなったら今度はどこで、どんな人や風景、味に出会えるかな。

 

End◆
Trip for Soeul, 2017 Autumn

 

 

 

幅が楽しいソウル

 

旅中はいつだって早起きで。

 

AM 8:00
用意もすっかり整えて、朝ごはんに老舗の市場へ向かいます。

f:id:naccotours:20171020122709j:image

 

地下鉄&バス用のT-wayカードをコンビニで購入、チャージして。

f:id:naccotours:20171020122636j:image

f:id:naccotours:20171020122646j:image


104番のバスで直通6駅、あっという間に到着。

f:id:naccotours:20171020122658j:image

 

◆広蔵市場

https://www.konest.com/m/shop_detail.html?id=1367

f:id:naccotours:20171020122808j:image

f:id:naccotours:20171020122823j:image

f:id:naccotours:20171020122833j:image

 

遅寝遅起きな韓国なので、台湾のような早朝朝ごはん文化はあまりなく。
8時を過ぎでも開いているお店は、ちらほら。

f:id:naccotours:20171020122856j:image

 

開いている中から、おいしそうなところ、行きたかったところを探して、

まずは揚げたての緑豆チヂミ 4000W を。

f:id:naccotours:20171020122928j:image

f:id:naccotours:20171020122939j:image

 

緑豆もやしがたっぷり!

f:id:naccotours:20171020122949j:image
焼きたてをもらったけれど、うーん。やっぱおもくってわたしはあまりはまらず。

 

こちらは絶対食べたかった、"麻薬キンパ"。
麻薬のように美味しいという噂でっ。

f:id:naccotours:20171020123021j:image

f:id:naccotours:20171020123032j:image

 

ミニサイズが8本で3000W

f:id:naccotours:20171020123047j:image


ここに辛子ダレを付けて食べるのやけど、中の沢庵の味付けがんーーーっまいっ!!!

f:id:naccotours:20171020123100j:image

ごちそうさまでした。

 

金物屋さんを見つけたので、持ってるのやけどキッチン使いによい持ち手付きのマッコリカップなんかを買いました。

f:id:naccotours:20171020123115j:image

f:id:naccotours:20171020124542j:image

f:id:naccotours:20171020124558j:image

f:id:naccotours:20171020124609j:image

 

AM 9:00

朝の散策、お次は地下鉄で仁寺洞へ。

f:id:naccotours:20171020124821j:image

f:id:naccotours:20171020124839j:image


コーヒーを飲みたいというリクエストがあり、良さそうなカフェを見つけて入ることに。

◆ドド&
http://www.seoulnavi.com/food/4156/

f:id:naccotours:20171020124854j:image

 

かわいい店内!2階からは仁寺洞の街並みが。

f:id:naccotours:20171020124910j:image


ここのコーヒー、とても丁寧に淹れられていて、期待してなかったのにとてもおいしい。

f:id:naccotours:20171020124937j:image

 

わたしは、韓国の伝統茶が飲みたくて
jujube tea 7,500W を。

f:id:naccotours:20171020125018j:image

ナツメ&シナモン茶とのことやったのですが、甘すぎず、とろっとやわらかな酸味があって大好きなお味。これはまた飲みたい。

 

AM 10:00
お昼までにおなかをすかせなければ!と、ぽつりぽつり開いてきたお店を目当てにショッピングへ。

 

韓紙のお店もたくさんありました。

f:id:naccotours:20171020125045j:image

f:id:naccotours:20171020125108j:image

f:id:naccotours:20171020125125j:image

押し花が練りこまれてる。かわゆいっ。

封筒セットで5,000Wなど。

 

3年前にできたばかりのこちらの商業施設へ。

◆仁寺洞マル
http://www.seoulnavi.com/shop/3049/

f:id:naccotours:20171020125948j:image

f:id:naccotours:20171020125959j:image

f:id:naccotours:20171020130022j:image

 

伝統的なお店が軒を連ねるなかで1軒、とっても素敵なファブリック&小物屋さんを見つけました。

 

◆4OUR T

https://www.4ourt.co.kr/

f:id:naccotours:20171020132444j:image

f:id:naccotours:20171020132456j:image

この鞄すてきやった!68,000Wぐらい。

f:id:naccotours:20171020132510j:image

 

こんなザ♡なお土産もちょちょっと買い。

f:id:naccotours:20171020132622j:image

 

近くにあったこちらのショップ。生地感もデザインも素敵!やったけど、値段は0いっこ多かった…

◆ISAE

http://www.isae.co.kr/

f:id:naccotours:20171020132827j:image

f:id:naccotours:20171020132844j:image

 

仁寺洞のランドマーク的存在のショッピングモールでも。マルより少し若いかな。

◆サムジキル

http://ssamzigil.co.kr/mobile/index.html

f:id:naccotours:20171020133207j:image

f:id:naccotours:20171020133233j:image

f:id:naccotours:20171020133258j:image

 

メインストリートより一本それた所に、韓国の工芸品や若手作家さんの作品ををたくさん集めていたギャラリーショップを発見。

 

◆kcdf gallery shop

https://www.kcdf.kr/kcdf/main/userMain/main.do

f:id:naccotours:20171020132724j:image

f:id:naccotours:20171020132750j:image

f:id:naccotours:20171020132807j:image

すてきやったここほんと!ときめきたくさんっ。

  
AM 11:30
まだ完全におなかは空いてないけど…と思いながら、前にBSの番組で見てから次韓国に来るならと思いつづけていたレストランへお昼を食べに行きます。

 

◆鉢盂供養
http://c146.danah.co.kr/

f:id:naccotours:20171020200217j:image

f:id:naccotours:20171020200231j:image

 

電話予約のみの受付だったので、ホテル経由で11:30に予約していたのですが、時間を13:30と間違われていて…!!!

 

ごめんなさい、この時間はいっぱいですと。
えーーーーっっ

 

もうね、絶対来たかったのよと粘ってみると、仕方なしに奥のVIP個室のような案内してくれて。わーいらっきー♡

f:id:naccotours:20171020202043j:image

f:id:naccotours:20171020202110j:image

 

韓国精進料理の先駆けともなったこちらのレストラン。
だいぶカジュアルな雰囲気やけれど、精進料理で唯一、ミシュラン一ツ星を獲得しています。平日のランチで満席なのやもんね。

 

ランチ限定の
禅食(ソンシク)コース 30,000W を。
--------------------

 

まず出てきた3種の小鉢。
・五味子酵素無花果コンポート
・蓮根水キムチ
・小豆入り南瓜粥

f:id:naccotours:20171020202143j:image

見た目からしても、なんだかとても体、それも肌などに良さそう。

 

そして頃合いを見て小菜がひとつずつ運ばれてきます。

 

・秋の野菜からし冷菜

f:id:naccotours:20171020202207j:image

f:id:naccotours:20171020202225j:image

 

・平茸、大根の千切り和え

f:id:naccotours:20171020202302j:image

 

・生山芋のごまテンジャンソース

f:id:naccotours:20171020202316j:image

 

メインとなる温菜は、
椎茸揚げのゴチュジャンソース炒め

f:id:naccotours:20171020202331j:image

これほんまに美味しい!!
味付けはもちろんのこと、椎茸やエリンギなものキノコ自体を、一度干してから軽く揚げているようで、旨味が凝縮しすぎてる。。


多いかな、と思ったけどお箸が止まらない。

f:id:naccotours:20171020202354j:image

 

そして最後にお盆で出てきたのが、
根野菜の炊き込みご飯&テンジャンチゲ
お寺キムチ、旬のナムル添え

f:id:naccotours:20171020202420j:image

 

テンジャンチゲは、テンジャンという韓国の赤味噌のようなもスープに、キノコの出汁がでて、サツマイモなどが入って深い味わい。

 

そして、ご飯にこのナムルたちを全部入れて食べてと言われるのですが、この少し根菜の香りが滲みたご飯がそれはそれはおいしくて。

f:id:naccotours:20171020202446j:image

f:id:naccotours:20171020202500j:image

お肉もお野菜も使ってないのに大満足。

 

冷たいシナモン茶と
デザートの桔梗正果(キキョウの根の甘煮)をいただいて。

f:id:naccotours:20171020202528j:image

 

ディナーは45,000〜95,000Wで様々なコースが。
こういう料理を喜ぶのは女性が多いかもやけれど、メニューを見せてもらうと気になるものだけやったので、また夜にも来たいな。
ご馳走さまでした。

 

お店の前のお寺では、菊祭りが。

f:id:naccotours:20171020202641j:image

f:id:naccotours:20171020202655j:image


綺麗なのやけど、日本にはなかなかないややケバケバしい装飾さんやなぁと(笑)

f:id:naccotours:20171020202711j:image

 

PM 13:00
バスで明洞へ戻り、昨日に引き続いてのコスメハント♡

f:id:naccotours:20171020202804j:image

 

◆LABIOTTE

https://www.konest.com/m/shop_detail.html?id=15753

f:id:naccotours:20171020202734j:image

こちらでは、ケースもかわいいWine Lip Tintを。

f:id:naccotours:20171020202746j:image
普通の口紅とは違って唇を染めてくれる仕様で、色持ちがとてもよいと聞いていて。

 

◆CHOSUNGA BEAUTY

http://m.chosungahbeauty.com/

f:id:naccotours:20171020202840j:image

入ろうか迷うぐらいきらっきらの外観でしたが(笑)、ここのチューブのラベンダーチークが欲しくって。塗りやすそう!

f:id:naccotours:20171020202908j:image

 

そして昨日タイムアウトで行けなかったセレクトショップへも。 

◆Aland

http://m.a-land.co.kr/

f:id:naccotours:20171020202938j:image

f:id:naccotours:20171020202952j:image

 

PM 14:00
楽しいお買い物の後は、韓国に来たならはずせない美容エステに( ´∀`)

 

◆森の朝

https://www.konest.com/m/esthe_detail.html?id=6438

f:id:naccotours:20171020203013j:image 

明洞にある、"骨気(コルギ)マッサージ"で評判のエステを予約していて。

 

今韓国で大流行りの、顔の骨を矯正してくれるようなエステで、超痛い!とも聞いていたのですが、気持ちいいだけのマッサージなら日本でいいしなぁ…と、思い切って初体験♡

 

結果は… 痛かった…!!!
顔の骨をごりごりっ
でも、私は声を上げたり我慢できないほどではなくて。

 

それよりも、毛穴ピーリング&骨気で肌が一段明るくリフトアップした(気がする)のが嬉しかったっっ(*^^*)

 

最後にしてもらった顔のパックには、石膏みたいにわたしの顔の形が…(笑)

f:id:naccotours:20171020203037j:image

楽しい体験でした。

 

PM 16:30
ホテルに一度荷物を置いて、漢川を南に渡って狎鴎亭へお出かけ。

f:id:naccotours:20171020203148j:image

 

日本でいう南青山みたいなかんじでしょうか。

f:id:naccotours:20171020203204j:image

f:id:naccotours:20171020203520j:image

いくつか気になるお店を調べていたのですが、
どこも超高級&韓国らしさはなくて…

 

◆Beaker
http://www.beakerstore.com/

f:id:naccotours:20171020203226j:image

 

◆10 Corso Como Soeul

http://www.10corsocomo.com/contact/seoul/

ミラノ発のセレクトショップ

f:id:naccotours:20171020203250j:image

 

◆Boon the shop

http://www.boontheshop.com/

f:id:naccotours:20171020203314j:image

 

わたしにはなーんにも惹かれるもの、買えるものがなく、やっぱり!と急遽カロスキルへ移動。

 

PM 17:30

あー、やっぱりこっちやったー!

f:id:naccotours:20171020203608j:image

f:id:naccotours:20171020203625j:image
手頃でおしゃれな服や雑貨の路面店がたくさん並んでいて、歩いてるだけで楽しいっ。

 

◆JAJU

http://www.seoulnavi.com/shop/3209/

f:id:naccotours:20171020203702j:image
日本の無印良品のようなかんじ。シンプルで機能的なキッチンウェアや服たちがたくさんありました。

f:id:naccotours:20171020203717j:image

f:id:naccotours:20171020203737j:image

 

◆A・SOME

場所:カロスキル通り沿い西側、Gangnam-daero 156通りと交差する角

f:id:naccotours:20171020203821j:image
デイリー使いに良さそうな服が、アウトレット?!な価格で売られていて。
ここが一番長居してしまった。気に入ったニットのセットアップも39,000Wというお手頃さで買えちゃいました(*^^*)

 

◆Ilmo Outlet & (Café) Scoop Garden

https://www.konest.com/m/shop_detail.html?id=4489

さっき狎鴎亭でみた、コルソコモのアウトレットストア。すてき!

f:id:naccotours:20171020203848j:image

f:id:naccotours:20171020203913j:image

服は元が高すぎてうーん…やったけど、靴とかはサイズが合えばかなりお得でした。

 

気づけばすっかり日も暮れて。

f:id:naccotours:20171020203925j:image

 

PM 19:00
韓国滞在唯一の夕食場所にと厳選に厳選を重ねたレストランへ行くため、狎鴎亭へ逆戻り。

 

◆Mingles

http://www.restaurant-mingles.com/

f:id:naccotours:20171020204002j:image

f:id:naccotours:20171020204014j:image

 

アジアTOP50にも選ばれている、モダン韓国料理レストラン。

韓国内の食材をふんだんに使用して、世界のエスプリを加えたお皿は舌と体に訴えるものがあると、世界中ならたくさんの食好き達が集まってくるというダイニング。

 

予約の困難さはもちろん、予約時に100ドルのデポジットを支払い、48時間前にコンファームしないといけないという…訪問までのハードルもかなり高いレストランです。

 

Dinner Course は1種のみ、14.5万W。

f:id:naccotours:20171020204325j:image

 

飲み物もかなりお高いので、
Toscanaの一番お手軽だった白ワインをボトルでお願いします。

 

LAMA, Fattoria n Muro, 2015 Chardonnay

f:id:naccotours:20171020204343j:image

果実味がしっかりしていて、辛口なのにしつかり甘みを感じる。なるほどっこういうのがコチュジャンとかに合うのかも…!!!

 

Welcome Snaksと、
ローズマリー無花果タルトが。

f:id:naccotours:20171020204539j:image

中には、リコッタチーズとトマトコンポートジャム。

f:id:naccotours:20171020204518j:image
おいしい!これからのお皿に期待が膨らむ。

 

食前酒の蜜柑ビネガーのライスワイン

f:id:naccotours:20171020204558j:image

 

Seasonal Autumn Appetizerが3皿。

 

・烏賊の葱油和え

f:id:naccotours:20171020204620j:image

オープンっ♡

f:id:naccotours:20171020204636j:image

 

・牛蒡の茶碗蒸し
トリュフの香りたっぷり、底にはアスパラが。

f:id:naccotours:20171020204716j:image

 

・鮑と洋梨の白和えマリネ
柿も入り、爽やかでおいしいーーー。ワインにもぴったり。

f:id:naccotours:20171020204801j:image

f:id:naccotours:20171020204829j:image

アペタイザーでこのクオリティ、ちょっとやばいっ。

 

Mingles style seasonal veg dishとして、
温かいズッキーニのサラダ

f:id:naccotours:20171020205017j:image


ソースはアンチョビとズッキーニにローズマリーが香る。

f:id:naccotours:20171020205035j:image

 

これと合わせてと出てきたのは、蜜柑餡の入ったライスケーキ。

f:id:naccotours:20171020205043j:image

 

この後のお料理が少し時間がかかってしまうので、ごめんなさいで特別に作りましたと、
ユッケのスモーク鰻のせ 海苔のチップスが。

f:id:naccotours:20171020205056j:image

ユッケ食べそびれてたの!嬉しい。

 

Fresh fish from Jeju islandと、
太刀魚のトリュフリゾット

f:id:naccotours:20171020205114j:image

ふわっふわの太刀魚フリットに山盛りのトリュフ…目ん玉飛び出るほどおいしい。50皿ぐらい食べたい。

 

お魚終わって次はお肉かなーとおもったら、まさかの!もうひと皿!!!

 

Mingles style Seasonal fish dish
赤真鯛の蒸焼き 松茸とキノコのエスプーマ

f:id:naccotours:20171020205138j:image

下にはグリルしたじゃが芋と、色んなキノコのエキスがソースに出ていて癖になるっ。
秋の贅沢を全部詰め込んだようなひと皿。

 

お口直しの発酵昆布茶

f:id:naccotours:20171020205202j:image

 

もう大満足、お腹いっばいすぎる!でもお肉食べたいどうしよう!からの、きました♡

 

Chef's Selection - Beef Calbee
Hoengseong(コウヤ)牛のカルビグリル

f:id:naccotours:20171020205231j:image

お肉の甘みがすごいーっ。牛肉やのに果実味ある白ワインとばっちり合ってしまう不思議。
添えられた玉ねぎのピューレも、さすがとしか言いようがない。

 

〆の、Rice Mingles style Seasonal rice dish
フィッシュケイクのスープと、野菜キンパ

f:id:naccotours:20171020205248j:image

フィッシュケイクと言われたのは、海老しんじょうみたい。キンパも、大根と新鮮な青海苔の絶妙なバランス。

f:id:naccotours:20171020205259j:image

 

Dessertの前に、熟柿のコンポートが。

f:id:naccotours:20171020205317j:image

 

メインデザートは3種から選べ、
私は、シグニチャーという"Jang trio"を。
-creme brulee, pecan, blackrice, wisky foam

f:id:naccotours:20171020205336j:image
ブリュレ風味のバニラアイスと、キャラメリゼされたピーカンナッツがしあわせすぎるマリアージュ

 

もうひとつは、"Cestnut"
-Korean style Mont Blanc, jujube, pear

f:id:naccotours:20171020205359j:image
冷たい柚子と洋梨のモンブラン
デザートまでクオリティ高すぎてびびる…!!!!

 

Tea, Fritz & Sweet
選べるお茶セレクトからは、桑茶と菊芋茶をセレクト。

f:id:naccotours:20171020205528j:image

f:id:naccotours:20171020205538j:image

 

小菓子まできちんと。

f:id:naccotours:20171020205609j:image

 

このレストランは、すごい。
ボキャブラリーなさすぎてきっと伝わらないけど。

 

世界中のおいしいと言われるレストランに散々行ったけれど。

ここは、ほんとにすごかった。ここの予約が取れればソウルに再訪しようと思います。

 

特に、お魚の2皿とデザートのブリュレアイスの味は絶対に忘れない。

 

アジアベスト50というけれど、私の中では確実にこれまでの世界ベスト10でした。

f:id:naccotours:20171020204313j:image

 

滞在時間40時間という弾丸の韓国旅行ですが、もう充分すぎるほどに、価値あり。来てよかった!!!

 

明日はずっと体験してみたかったことに挑戦し、お昼には帰国します。
おやすみなさい。