読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

心まできらきら晴れて

 

早起きの私たちは
いつも旅先で朝にすることを探すのやけど
大概は『美味しい朝食』に落ち着く。

 

今日も例外なく、
テムズ川の南までわざわざとお出かけ。

f:id:naccotours:20170507035402j:image

f:id:naccotours:20170507035416j:image

 

◆Swan, Shakespeare’s Globe
http://www.swanlondon.co.uk/

f:id:naccotours:20170507035436j:image

f:id:naccotours:20170507035500j:image

テムズ川沿のシェイクスピア劇場横にあり
朝食が美味しいと評判のレストランへ。

f:id:naccotours:20170507035514j:image

f:id:naccotours:20170507035530j:image

窓からは、めずらしく晴れたロンドンの

素晴らしい景色を眺められます。

f:id:naccotours:20170507035633j:image

f:id:naccotours:20170507035645j:image

 

飲み物はここはイギリスらしく
English Breakfast TeaとFlat Whiteを。

f:id:naccotours:20170507035700j:image

f:id:naccotours:20170507035713j:image

 

一度は食べないとねと頼んだ、
Half English Breakfast 9.5£

f:id:naccotours:20170507035725j:image

ハーフでこれって!フルどんなんーってゆう。

 

そして、特筆すべきやったのがこの
Eggs Benedict 8.5£

f:id:naccotours:20170507035744j:image

私より更にグルメなママさんが
これまでのエッグベネディクトでいちばん!と叫んでいたから間違いない(笑)

f:id:naccotours:20170507035801j:image
確かに、オランデーズソースの味が絶妙に美味しかった!

 

そして、ロンドンでは
どこのお洒落モーニングでもメニュで見かけた
Smashed Avocado, poached eggs 7.5£

f:id:naccotours:20170507035815j:image

ここのものは、アボガドにコリアンダー風味のスパイスが混ぜ込まれていました。


バラエティ豊かなイギリスの朝食たち。
ロンドンに来てびっくりしたのは、
朝食を食べに来てるのは断然男性が多いということと、朝食やのに『予約』をしてきているということ。
文化やな〜おもしろい!

 

おなかいーっぱいしあわせで、
テムズ川沿の道をすこしお散歩。

f:id:naccotours:20170507035858j:image

f:id:naccotours:20170507035911j:image

 

そして、金曜日の朝にだけやっているという
アンティークマーケットへ。

f:id:naccotours:20170507035926j:image

 

◆Bermondsey Antique Market
住所: Bermondsey Square, London
開催: 金曜日 4:00頃〜13:00頃まで

f:id:naccotours:20170507035940j:image

f:id:naccotours:20170507040014j:image 

f:id:naccotours:20170507040106j:image

イギリスらしく銀食器がたくさん!

f:id:naccotours:20170507040035j:image

f:id:naccotours:20170507040048j:image

しかも相場も街中の他のマーケットの半額ぐらいかも。

トーストスタンド欲しかったの。
やっと買えたよー。うれしい♡

f:id:naccotours:20170507040122j:image

 

このスクエアにあったスーパー、Sainsbury Localがまた良くて、
欲しかったRodda'sのクロテッドクリーム発見!

f:id:naccotours:20170507040143j:image
しかも1.2£というお安さでした。

 

ロンドンブリッジ駅から地下鉄に乗ろうと歩いた
スクエアから伸びるバーモンジー通りにも、
素敵なショップやカフェ、ブランチのできるお洒落なレストランがたくさんありました。

f:id:naccotours:20170507040207j:image

f:id:naccotours:20170507040224j:image

f:id:naccotours:20170507040248j:image

f:id:naccotours:20170507040314j:image

f:id:naccotours:20170507040339j:image

f:id:naccotours:20170507040403j:image

f:id:naccotours:20170507040426j:image

 

ボンドストリート駅まで戻り、今日はショッピングデー!

たまたま発見したAPCファミリーセールに大興奮していたら

f:id:naccotours:20170507040445j:image

 

小腹がすいて昼食にと、
たまにはクラシックなイギリスを味わいに
メイフェアで自家製パイが大人気のこのパブへ。

 

◆The Windmill, Mayfair
http://www.windmillmayfair.co.uk/

f:id:naccotours:20170507040502j:image

テーブルウェイティングの間にバースペースで、
HammingBirdという13℃の地ビールと
London Pale Aleを。

f:id:naccotours:20170507040516j:image

 

テーブルについて追加で、
スロベニアのPinot Blancoと

f:id:naccotours:20170507040530j:image

 

Dorset lamb shank Stepherd's pie 15£
ラムのポットパイに

f:id:naccotours:20170507040600j:image

f:id:naccotours:20170507040612j:image

 

British asparagus, spring salad 14£
アスパラ、グリーンピース、ほうれん草のキッシュを注文。

f:id:naccotours:20170507040637j:image

 

キッシュについていたサツマイモのフリットひとつをとっても、パイのラム肉をとっても
ぜーーーんぶ、パブやと思えんぐらいの良いお味でびっくり!
正直ここまで期待してなかった!!
良いアドレスを見つけてしまいました♪

 

やっぱりパイ推しなようで
上には可愛いパイルーム?もありました。

f:id:naccotours:20170507040748j:image

f:id:naccotours:20170507040709j:image

f:id:naccotours:20170507040730j:image

 

そして、前後でショッピングに訪れたショップたち。

 

◆The East India Company Ltd
http://www.theeastindiacompany.com/

f:id:naccotours:20170507040821j:image

f:id:naccotours:20170507040835j:image

フォートナム&メイソンをはじめ
ロンドンにはたくさん紅茶メーカーがあるけれど、
私が一番好きなのはここ、東インド会社のもの。

f:id:naccotours:20170507040918j:image

お値段もやや張りますが、
オーソドックスなフレーバーの風味がとても深いの。

 

そして、おきまりの大好きなデパート。

◆Liberty London
http://www.libertylondon.com/

f:id:naccotours:20170507040937j:image

f:id:naccotours:20170507041005j:image

f:id:naccotours:20170507041211j:image

f:id:naccotours:20170507041224j:image

 

男性陣へのお土産は
公式のアウトレットショップで♡

Paul Smith Sale Shop
住所: 23 Avery Row, Mayfair, London

f:id:naccotours:20170507041151j:image

 

配色がとてもきれいな、日本間上陸のカナダのヨガウェアブランド。

◆lululemon

http://www.eu.lululemon.com/

※写真なし

これからヨガをもっとやろうと思ってたので、買えて嬉しい!

 

あー楽しんだたのしんだーーーー!
死ぬほど楽しんだーー!!!

 

そして、ロンドン留学時代の大好きな友人で、
KnightsbridgeのマンダリンオリエンタルでパティシエをしているElishaが
夕方30分休憩があるというので、会いに行きました。

 

◆Mandarin Oriental Hyde Park

http://m.mandarinoriental.co.jp/london/

 

こないだ会った時は、ミシュランの星付きレストラン"Yaucha"のパティシエールをしていて、
今度の転職でロンドンの超一流ホテルへ。

 

30分だけ限定のマシンガントーク
会ってなかった2年間のこと、これからの互いの夢を語る。

 

分野も国籍も違えど、こんなふうに夢に向かって走り続ける友人がいるから
わたしも負けじとがんばろうと思える。

f:id:naccotours:20170507041331j:image

大好きよ!またね。

 

ほど近くのハロッズデパートに寄り道し
◆Harrods

https://www.harrods.com/en-gb

f:id:naccotours:20170507041430j:image

f:id:naccotours:20170507041446j:image

イギリスのチーズ!とお勧めされたチェダーを。

f:id:naccotours:20170507041518j:image

 

そして時間になったので、

3人での最後の晩餐に選んだこちらのレストランへ。

 

◆Benares Restaurant
http://www.benaresrestaurant.com/

f:id:naccotours:20170507041549j:image

f:id:naccotours:20170507041603j:image 

ミシュラン一ツ星を獲得している
インド料理のレストラン。

f:id:naccotours:20170507041622j:image

モダンながらも伝統を大切にしたインド料理が食べれるとあって、予約はいつだって一杯、私も2ヶ月前に入れていました。

 

店内にたくさんインドの方がいるのは
絶対に美味しい証拠!期待が高まります。

 

席に着くやいなや、スナックとともに
アプリコット、トマト、グースベリーのチャツネが。

f:id:naccotours:20170507041639j:image

 

そしてスタートはもうワインで、
ハンガリーのソーヴィニヨンブランと
アメリカのヴィオニエを合わせて。

 

食事はアラカルトもありましたが、
今回は Tasting Menu 95£ を注文。

 

Amuse Boucheに、
さつまいもとジャガイモのサラダ

f:id:naccotours:20170507041654j:image

ざくろの効いたヨーグルトソースが美味しい。

 

本日の貝料理は、
Pan Snared Scallop, Pind Nut Podi
Indian Five Spice Pickled Prawn

f:id:naccotours:20170507041710j:image

ホタテとエビのスパイス漬けグリルに
パインナッツとセサミのチャツネが添えてあって。
何気にこれがいちばん美味しかったかもというぐらい、好みの味でした!

 

続くチキン料理は、
Tandoori Chicken Tikka Pie

f:id:naccotours:20170507041733j:image

クミンがばしっと効いたタンドリーチキンのパイは、
ミックスベリーのチャツネと共に頂きます。

f:id:naccotours:20170507041744j:image
絶妙な味の合わせにシェフのセンスを感じるーーーっ。

 

そして本日の魚介料理は、
Chargrilled Scottish Salmon, Coconut Curry Sauce と
Cornish Crab Croquette

f:id:naccotours:20170507041800j:image

脂が程よく乗ったスコットランド産サーモンにはココナッツカレーソースをかけて。
クロケッタは中に燻製さらた蟹実がぎっっしり!

 

お口直しの Iced Sherbet
ライムとミントのソルベ

f:id:naccotours:20170507041818j:image


最後のメインはラム肉料理、
Roasted Rump of English Lamb と
Tandoori Cutlet

f:id:naccotours:20170507041833j:image

ローストしたランプ肉と、タンドリーで焼き揚げたピリ辛の骨つきラム肉の食べ合わせ。
小豆のカレーとビリヤニ、焼きたてのナンまでついて、心もお腹もいーっぱいーーー!

f:id:naccotours:20170507041847j:image

 

赤ワインは、
カベルネブレンドのハンガリーのものや。
ジンファンデルと合わせました。

 

最後のデザートは、
Rose Bhapa Doi, Spiced Chocolate Lava Cake

f:id:naccotours:20170507041903j:image

薔薇風味のパンナコッタのようなものと、
ややスパイスの効いた濃厚なチョコフォンデュ。

 

もう無理ー!でも美味しい小菓子たち。

f:id:naccotours:20170507041934j:image

 

どれもこれも、思い出さないお皿がなくて
叶うなら定期的に訪問したい!!!
これまでのイギリスで一番美味しかった夜でした。

 

ホテルは今夜も煌びやか。

f:id:naccotours:20170507042057j:image

f:id:naccotours:20170507042434j:image
美味しい思い出を胸に抱いて、おやすみなさい。