読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

Last Distination to Wien

夜行列車の旅は快適そのもので
寝ておきたらもう、定刻どおりにそこはウィーンでした。


Wien

ウィーン着いたとたん、寒すぎてびびるーっ!

昨日なんて汗かきすぎて
今日ももちろん半袖きる気満々やったのやけど
大慌てでヒートテックを着込み、
もう使うことはないと思ってたウルトラライトダウンを。

荷物だけ置かせてもらい、
雨の降るなか街歩きにでかけます。

すぐ隣のNaschmarktの1角で、まずは朝ごはん。



Melange? Tea?と聞かれて
Melangeってなにやわからんけど、それー!ってゆったら
カプチーノみたいなかんじでした。

これに、クロワッサンとロールパンが2つ、卵がつくのが
「スモールサイズ」のウィーナーブレクファスト、6.5€。

みんないったいどんな食べるのや。

旧市街の方まで歩いていきます。


雨のウィーンもわるくないなぁ。

モーツァルト銅像の前には
花で彩られた美しい音符のマーク。

自然史博物館、美術史博物館のある
マリア・テレジア広場や

お向かいのブルク門を抜けると

Neue Burg(新王宮)がそびえ立つ。

そして、ここから旧市街をぐるりとまわるトラムに乗ります。

1番のトラムに乗ると、
観光バスさながらに旧市街見所をぐるりと回ってくれるの(^^)
時計回りにまわるならば、おすすめは
見逃せない建物がたくさんならぶ進行方向左側♪

国会議事堂に

市庁舎

ウィーン大学

ヴォティーフ教会。

すべて左側ーっ!

途中で降りててくてく歩き、
ワーグナーの作品のひとつ、郵便貯金庫へ。

今も実務が行われているようで、
アルミニウムとガラスでできた天井やモダンな内装は、
どこかドイツ風の機能的な印象。

ここの奥に続く美術館との境目にある
ちいさなミュージアムショップがとてもよくて!
アップサイクルのお洒落な作品などが、びっくりお安く並んでいました。

ウィーンならではの美しい小路を通り抜け

たどり着いたのは、シュテファン寺院。


かりかりと来たなぁ、なつかしいー。

寺院の広場には、わたしがとても好きで
退職の挨拶時にもみなさんに配ったあのオーストリアのお菓子やさんが。

◆Manner
http://www.manner.com/de

見たことないフレーバーもたくさん!
どうしよう、ぜんぶたべたいーっっ


そして、また気になっていたレストランへ
すこし早めのランチに訪れます。

◆Labstelle
http://www.labstelle.at/

地産地消を大切にする、モダンスローフードキュイジーヌ

夜はお高いようなのですが、
日替わりのランチセットは Starter+Mainで13.5€とお得。

グラスワインで、
Gruner Veltliner Wagram 2015を。

ワインに飢えていたのもあってか、とってもおいしいーっ!!
果実味たっぷりで、爽やかなのに濃厚。
オーストリアワイン、じつはかなり好きなのです♪

郷に入れば郷に従えなので、
ポーランドではずっとビールやったもんね。
それはそれで楽しかったけれど、
やっぱりまたワインライフに戻れてうれしい(^^)

今日のStarterは
Mixed leaf salad with melon & prosciutto

お野菜がとってもフレッシュ。
プロシュートもなんと、
ここオーストリアのWeinviertelのものなんやって。

Mainは、
Roast beef with spring onion puree & carrots
ローストビーフ 葱のポテトピューレとキャロット

ほんまは豚の煮込みやったのが、まだ用意できてなくて
ローストビーフでいい?ってゆわれていいよってゆったのやけど、
やわらかさ満点で、とてもとてもジューシーで
ローストビーフ史上、最強においしかったぁー!!

そしてホテルへ戻り、チェックイン。

◆Hotel Saint SHERMIN
http://www.shermin.at/en/hotel/zimmer

2泊お世話になるのは、
Karlsplatzのほんのそばにある便利な立地のブティックホテルで、
ウィーンにありながら、なぜかコンセプトは「Champagne」。

全然そんな、高いホテルじゃないのに
部屋めちゃひろー!光りもたっぷり入ってすてき。

しかもしかもなんと、
ウェルカムシャンパーニュまでっ。

お昼から2杯も飲んだら、さすがに眠くなっちゃった。


ちょこっとお昼寝したあとは、
どこへ行こうかと、7区のNeubau地区を散策に。

ここは若者向けのパブやギャラリー、アクセサリー工房などが並ぶ、
キッチュでなかなかに面白いエリアなようで。

楽しいお店をたーくさん見つけて
ついつい長居してしまったよーっ!

◆Thomas heinrich(URL不明)

蚤の市をそのままお店にしたような、
山盛りのボタンやパーツが雑多にならぶショップ。


寡黙すぎるオーナーにびびりながら値段を聞くと、これまた蚤の市プライス!
アンティークのイヤリングで5€でした。
勇気を出して入ってみることをおすすめします!(笑)

◆SCHAF-ZIEGEN
https://wien.lko.at/?+Schafe-Ziegen+&id=2500,,1594329

ビオ食材や化粧品、洗剤などを扱うショップ。


お姉さんがとってもキュート!で、
持ち歩きに便利な染み抜きや、
お豆腐でできたソーセージを買いました。

Spittleberg gasseという通りが特に、
かわいいお店やギャラリーがくさんありました(^^)

そしてまた、てくてくと。

◆CASA MEXICO
https://www.casamexico.at/

なぜオーストリアでメキシコ?!やけれど、
こういう南米の専門店って、日本にはなかなかないから面白い。

サルサハバネロを試食させてもらったら、
急に体がぽかぽか、そっこウルトラダウン脱いだ!(笑)

寒い日におすすめw

そして見つけてしまった、とっても素敵なショコラティエ

◆SCHOKOV
http://www.schokov.com/

お兄さんが手づくりするプラリネたちは、
どれも美しくて本当にスペシャル。

試食させてもらうととてもおいしくて、小さなボックスをお土産に。
ウィーンでチョコかうならここかも!
とってもすてきなお店でした。

◆Wedding Avenue
http://www.weddingavenue.at/

ウェディング用のペーパーアイテムの専門店。
木製のケーキトッパーなどが、はんぱなくかわいかった!!

もうちょっとお安かったらなぁ、
あのこにもこのこにも買いたかったのに(*^^*)

隣にも、絶対ぜったいにおいしそう(勝手にw)な
ちいさなオーガニックのブーランジェリー

◆Gragger & Cie
http://www.gragger-cie.at/

◆EIS EIS baby
http://www.meinbezirk.at/land-wien/lokales/eis-eis-baby-m8681444,1360059.html

フェルトや布でハンドメイドした、
子ども用のおもちゃやアクセサリーを売るお店。

◆S/GHT
http://www.sight.at/

女性オーナーの洗練されたセレクトショップ
上質な素材のおしゃれな服たちがたくさんでした。

◆ZERUM
http://www.zerum.at/

トルコやギリシャで育てたオーガニックコットンを使って
自社デザインの洋服や鞄を作るブランドなのだとか。


Made in Austriaの他に、ドイツやフランス
お値段もお手ごろで、ほしいものだらけやったー!

◆GESCHIRR NIESSNER
http://www.geschirr-niessner.at/

オーストリアといえばのRIEDELや、
RIESSのホーローウェアをたくさん取り扱っていて。


街中よりもお安かったです(*^^*)

◆Kauf Dich Glucklich
http://www.kaufdichgluecklich-shop.de/unsere-laeden

フランスやデンマークなどのヨーロッパ中からセレクトした
かわいくて日本人でも着やすそうな服や雑貨が2floorにもわたって!


テイスト的にはCOSみたいなかんじかな。
セールもしてて、やばかったー。また欲しいものだらけやったー。

◆PARK
http://www.park.co.at/

SacaiやACNEなどのハイブランドを主に扱うコンセプトストア。
でも、平気でセールで40%offとか。
メンズものもたくさんありました。

あかんわ!このエリア。
全然前に進まんわ、散財しまくるわ
きょろきょろしすぎて車にひかれそうになるわ。

危険です、おすすめできません。
またこよう(笑)

                        • -

ウィーンらしく、
クラシックなカフェでお茶でもとおもっていたのに
気づけばもう晩御飯でもよい時間。

もはや旧市街にあんまり興味はないし、
地下鉄でドナウ川を北に超え、2区のカルメリータ地区へ。

市中のホリイゲ(ワイン居酒屋)に挑戦ですっ♪

◆Schank zum Reichsapfel
http://zumreichsapfel.at/

カジュアルな店内は、そのほとんどが予約席。

頼んだのは、
Gekochte Bauernkrainer mit Senf,
Kren, Saurem & Bauernbrot
ファームハウスソーセージ
マスタードとラディッシュ&ピクルス添え

ボイルしたソーセージが、ジューシーっっ。6.9€。

これに、お昼と産地違いのワイン
Gruner Veltliner DAC 2015, Weinriederを。
気軽で楽しい晩御飯でした(о´∀`о)


そしてまたホテルへ戻り、すこしおめかししたら、
お昼に思い立ってチケットを買ってしまった
ウィーン・フィルハーモニーのモーツァルトコンサートに!

クラシックとか眠いよな、ぜったい寝そう…と思いながらも
でも一応は吹奏楽部やったしな、
本場のウィーン来て、今日たまたまやってて、
しかも月曜日でチケットもうっかり余ってて買えて…

よし行こう!
行かなきゃちゃんとおすすめもできやんし!
と心に決め、一番お安かった49€の席を購入。

劇場自体はそんなに広くないので
2階席でも十分に楽しめます♪

さすがの迫力と、テクニック、歌の素晴らしいこと!!
そういえば、のだめカンタービレもウィーンが舞台になってたっけ。

バイオリニストさん含めもうみんな、全身で音楽を表現していて
弓の動きが激しく、でもぴったり合っていて
時たまダンスのショーを見ているかのような気分にも。

奏者さんみんな、なぜかモーツァルトのコスプレやったけれど
もうね、そんなことしなくていいと思う。
音だけでじゅうぶんに素晴らしいから。

ひとつだけ残念やったのは、
バスで乗り付けていた団体ツアー客のマナーの悪さ。
落ち着きない、聞いてない、音立てる、席移動しまくる…

でも演奏はほんとうに、すごかったです。
思い立ちばんざーいっ(*^o^)/\(^-^*)

そして、ホテルの下にあった地元のおじさんたちが集うバーで
赤ワインを1杯ひっかけ、帰ったのでした。

ラスト、もう1日ーっ!