読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

プロバンスからローヌ地方へ

マルセイユの朝。ついにフランスへ。

ホテルも心なしかプロバンス色で
うきうきしてしまったりして

マルセイユの街へバスででると
高台にある駅からは絶景が

港では
捕れたての魚を売る漁師さんたちがいて、
お願いするとその場でさばいてくれるみたい○

もともとここには寄り道するだけの予定やったから
滞在予定時間はたったの2時間。

オリーブ石鹸やさん散策を楽しんだり

のんびり観光した結果、
のこりの自由時間は約30分。

それでも、食べることがすきでしかたなくて
食べるためならリスクを惜しまない私たち。

プロバンス名物をたべきゃかえれない!と
近くのカフェレストランへ。

乾杯はもちろん、プロバンスロゼワイン

だってスーパーにもロゼいーーーっぱい並んでたのやもん
さすがプロバンス

ニーソワーズサラダに

海老(gamba)のアリオリグリル

地中海鯛(daurade)の蒸し焼き

10分でかきこんで、おなかいーっぱい!
必死必死。でもしあわせ(*^^*)
ワインも合わせてぜんぶで50€ぐらいでした。

これで心置きなく、次の街へ向かえます。

TGVのなかで食べたレモンのタルト。
メレンゲふわふわ、おいしかったぁ。


Avignon

マルセイユからTGVで北へ約40分、
ローマ法王庁がひとときの間おかれていた
城壁に囲まれた美しい街、アヴィニヨンへ。


ローヌ川の下流にある街で
要所要所には、プロバンスらしさが見え隠れしていてとってもかわいい。

おいしそうなクレペリエを見つけ
おやつの時間に*

塩キャラメルソースの!
てんさいてきにおいしい!

もうひとつ、
ゴーとチーズとオリーブのもの

なにがって、生地がもっちもちでおいしくて。
どうなったらこうなるのやろう?

フランス来てよかったぁ。
どの味もおいしそうで、だいたい2.5~4€ほどでした。
Avignonにくるひとがいたら、なによりもここをおすすめしたい!!

Chateau-neuf-de-Pape

今晩の宿泊は、Avignonから北西へ約15㎞、
南部ローヌきってのワイン産地
Chateau-neuf-de-Papeにある、
ワインも醸造するこじんまりのシャートーホテルへ。

ほんまに、お城やん!って驚いてたら

すてきなオーナーのご夫婦が
ウェルカムシャンパンまで出してくれて

眼下にひろがるぶどう畑を散策すると
またまたびっくり!
土壌というより、石だらけ。
そういえば授業で習ったけど…想像以上。

木の背も見たことないぐらい低くて
体がよろめくほどの強風に、
あぁそうか、ここはミストラルの吹く街だったなぁって。

この畑の収穫は終わったばかりのようだったけれど
葉の陰にかくれていたぶどうを見つけて口にすると、
シチリアとはまた全く違う
酸味が強く、すんとした高貴な果汁がしたたります

ぶどう畑以外なーんにもない夜は
ひたすらに、
ワインやチーズ、スーパーで買ってきたパテなんかを片手に語る夜。

こんな、わたしの趣味でしかない旅先にも
よろこんでと一緒にきてくれる友人は
本当にありがたくて、大切。

だいすき!(^^) ありがとう。

今日の宿泊はこちらでした。

◆Hostellier du Chateau des Fines Roches
http://www.chateaufinesroches.com/fr/index.php