Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

真夏の九州取材記 嬉野編②

f:id:naccotours:20190811205657j:plain

 

AM8:00

朝起きると外からモーモーと牛の鳴き声が。お腹減った合図かな。

えさやりを少しだけお手伝い。

 

f:id:naccotours:20190811210039j:plain

 

えさやりの後は朝食。

 

f:id:naccotours:20190811210252j:plain

 

朝からたくさんのおかず。イカの塩辛やもろみも全部お母さんの手づくり。

お米も混じりっけなしのさがびよりで、本当につやつやしておいしい。

 

そうそう、夕食もいただいたけど、朝もおばあちゃん手づくりのみそ漬けをいただきました。

これが本当に絶品で、漬かり具合がちょうどよくて、おばあちゃん自慢の味。

f:id:naccotours:20190811210514j:plain

 

帰りにおばあちゃん手づくりのみそ漬けのおみやげもいただきました。

 

今年泊まった海外の女の子が帰り際に帰りたいくないと泣いたそうで、

それが分かるような本当に温かいご家族です。

 

f:id:naccotours:20190811210948j:plain

 

また遊びに行きます。

 

佐賀は有田焼や伊万里焼が有名ですが、

お宿がある嬉野塩田町には志田焼きがあると聞いて伺いました。

 

◆志田焼きの里博物館

https://shidayakinosato.com/

f:id:naccotours:20190811212005j:plain

 

有田焼や伊万里焼は高級磁器ですが、志田焼は大衆向けのものを大量生産する窯場として発展しました。

今は閉鎖されましたが、実際に志田焼を生産していた工場をそのまま博物館にしていて

その当時の様子を見ることができます。

 

f:id:naccotours:20190811212423j:plain

f:id:naccotours:20190811212500j:plain

f:id:naccotours:20190811212540j:plain

 

閉鎖した際に当時の社長さんが工場の物はそのままにしておくようにと指示を出し、

本当にそのままの状態で寄付されたのだそう。

 

f:id:naccotours:20190811212845j:plain

f:id:naccotours:20190811212927j:plain

 

ここでは、見学の他にろくろ体験やお皿の絵付け体験ができます。

f:id:naccotours:20190811213220j:plain

f:id:naccotours:20190811213258j:plain

 

職員の方が手伝ってくれるので、家で使えるお皿やコップが作れます。

こんな素敵なランプシェードもできます。

 

f:id:naccotours:20190811213810j:plain

 

作られた体験施設ではなくて、実際に志田焼きが作られていた工房で体験できるなんて貴重。

建物も大正時代に作られていたからタイムスリップしたかのような雰囲気で体験できます。

 

f:id:naccotours:20190811213926j:plain

 

見学した後は工場を経営していた会社が志田焼きを販売しているギャラリーへ。

◆志田の蔵

http://www.shidanokura.co.jp/company/index.html

 

f:id:naccotours:20190811214801j:plain

 

素敵な器がたくさんあって、時間があっという間に経ちそう。

 

f:id:naccotours:20190811214858j:plain

f:id:naccotours:20190811215003j:plain

 

昔は火鉢を主に作っていて、ここから東北まで運ばれていったそうです。

今もたくさんの火鉢が売られています。最近ではインテリアとして買っていく人が多いそうです。

 

f:id:naccotours:20190811215102j:plain

f:id:naccotours:20190811215207j:plain

f:id:naccotours:20190811215346j:plain

 

この嬉野市塩田町は長崎街道の宿場町と天草からの陶石がここで荷揚げされて有田町や伊万里市波佐見町へ、帰りの船には大阪などに運ばれる米ややきものなどが積まれた交通の要所として発展しました。

f:id:naccotours:20190811220042j:plain

 

今でも当時の街並みが残っているところがあります。

◆塩田津街並み

https://peraichi.com/landing_pages/view/shiotatsu

 

f:id:naccotours:20190811220522j:plain

f:id:naccotours:20190811220540j:plain

 

◆Vegeキッチン塩田津

http://shiotatsu.jp/salutation.html

f:id:naccotours:20190811220630j:plain

 

この日は残念ながらお休みだったけど、地元のお野菜を使った

お料理や郷土料理がいただけるお店です。

 

最後に明治から続く地元のお菓子屋さんへ。

◆中山製菓舗

佐賀県嬉野市塩田町大字馬場下甲1857−1

 

f:id:naccotours:20190811221249j:plain

f:id:naccotours:20190811221325j:plain

 

地元のお菓子屋さんなんだけど、売られているお菓子ほとんどが初めてみるものばかり。

和菓子と言っていいのか洋菓子と言っていいのか、、、

 

f:id:naccotours:20190811221611j:plain

 

江戸時代、砂糖が長崎出島から長崎街道を通って佐賀、小倉、大阪へと運ばれていたので、長崎街道はシュガーロードとも呼ばれ、このあたりは砂糖を使ったお菓子がたくさんあります。

 

逸口香(いっこうこう)もこの辺りでは親しまれたお菓子で、

中は空洞になっています。

f:id:naccotours:20190811222024j:plain

 

 

今回嬉野を案内してくださったのは塩田津みらい協議会の筒井さん。

本当に2日間ありがとうございました。

10月には塩田町で日米交流のイベントも開催されるみたいで、今から楽しみです。

 

◆塩田津みらい協議会

https://u-farmstay.com/

 

f:id:naccotours:20190811222454j:plain

 

生まれ故郷のお隣の県でも初めて食べるものも多くて発見が多い旅行でした。

 

 

▶︎こんなお宿に泊まりたい!はぜひ、gochi荘サイトよりご予約ください♡

https://gochisouoyado.com

 

Written by... **

----------------------

◆Table a Cloth.Co.,Ltd

Travel Designer

松下裕美(Hiromi Matsushita)

*世界で一番おいしい旅を、オーダメイドでお作りします*

Mail: info@tableacloth.com

Web: http://tableacloth.com/

大阪府知事登録旅行業第3-2945号