読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

これはきっと、夢。

 

ロンドンで3日間お世話になるホテルは
Ham Yard Hotel

f:id:naccotours:20170505155624j:image

f:id:naccotours:20170505155649j:image

f:id:naccotours:20170505155720j:image

f:id:naccotours:20170505155737j:image

 

劇場が立ち並ぶ賑やかなピカデリーの中心にありながら、
厳かな雰囲気とスタイリッシュな新しさを併せ持つ
私が絶賛に憧れていたホテルです。

 

◆Ham Yard Hotel
https://www.firmdalehotels.com/hotels/london/ham-yard-hotel/

 

ロビーからお洒落がすぎる…!

f:id:naccotours:20170505155821j:image

f:id:naccotours:20170505155913j:image

f:id:naccotours:20170505155841j:image

奥には、ライブラリーが。素敵すぎ。

f:id:naccotours:20170505155946j:image

f:id:naccotours:20170505160017j:image

f:id:naccotours:20170505160043j:image

f:id:naccotours:20170505160059j:image

f:id:naccotours:20170505160124j:image

 

地下1階には、
なぜかオレンジさんの滑り台の入り口が。

f:id:naccotours:20170505160147j:image

下のバーに繋がってるようでした。ながっ!

f:id:naccotours:20170505160205j:image

 

可愛すぎるトイレの壁紙。

f:id:naccotours:20170505160244j:image

 

地下二階におりると、見えていたバースペースと

f:id:naccotours:20170505160311j:image

f:id:naccotours:20170505160342j:image 

 

ここはなんやろう…と覗くと、

f:id:naccotours:20170505160639j:image

まさかの、ボーリング場!!!!!f:id:naccotours:20170505160906j:image

f:id:naccotours:20170505160750j:image 

レセプションから可愛すぎる。すごっ。

f:id:naccotours:20170505160846j:image

f:id:naccotours:20170505160938j:image

f:id:naccotours:20170505160957j:image

f:id:naccotours:20170505160821j:image

f:id:naccotours:20170505161046j:image

f:id:naccotours:20170505161156j:image 

f:id:naccotours:20170505161132j:image 

 一番奥にはモダンなカラオケスペースでした。

f:id:naccotours:20170505161238j:image

 

廊下の壁紙も絶妙にかわいい。

f:id:naccotours:20170505161317j:image

f:id:naccotours:20170507033357j:image

 

ちなみに昨日チェックインした時の
お部屋の仕立てはこのようなかんじ。

f:id:naccotours:20170505170326j:image

f:id:naccotours:20170505170358j:image 

f:id:naccotours:20170505170610j:image

 ルームミストやチョコレートのギフトも。

f:id:naccotours:20170505170536j:image

f:id:naccotours:20170505170552j:image 

 

同じ4階には、お野菜を育てるガーデンもあって。

都会の中心にあるとは思えない、
引くほどお洒落なホテル!明後日までよろしくね。

 

グリーンパークのほうにてくてく歩いて、

途中こちらでコーヒーを飲むことに。

 

◆The Wolseley
https://www.thewolseley.com/

f:id:naccotours:20170506221550j:image

f:id:naccotours:20170506221702j:image

f:id:naccotours:20170506221617j:image 

朝ごはんが超有名な老舗カフェレストランで

朝食はもはや平日でも予約がベターという。

私たちは今日はコーヒーだけでよかったので

隣のスタンディングカウンターで。

f:id:naccotours:20170506221644j:image

今度はこのきらきらした朝食たちを食べに来ようー!

f:id:naccotours:20170506221732j:image

 

そしてグリーンパークを横切り、

f:id:naccotours:20170506221811j:image

f:id:naccotours:20170506221829j:image

バッキンガム宮殿の前を通り、

f:id:naccotours:20170506221856j:image

f:id:naccotours:20170506222011j:image

間も無くヴィクトリア駅へ到着です。

f:id:naccotours:20170506222051j:image

 

これから、何を隠そう

この旅のメインと言っても過言ではない

というか、全ての旅程をこれに合わせて組んだ

憧れて止まなかった通称『オリエント急行』、

すべての豪華列車の本家本元と言われるブリティッシュプルマンの、カンタベリーツアーに出かけるのです…!!!!!

 

ヴィクトリア駅の2番ホームにあるレセプションでチェックインをすると…

f:id:naccotours:20170506222414j:image

ブックレット型のチケットがもらえました。

f:id:naccotours:20170506232753j:image

それを持って、いよいよ搭乗です。

f:id:naccotours:20170506232754j:image

f:id:naccotours:20170506232755j:image

 

本日のスケジュールとメニューはこのように。

--------------------------
◆Belmond British Pullman
-Journey to Canterbury-

Thursday, 04 May 2017

《Time Schedule》
10:45 London Victoria St.

12:25 Canterbury East St.
-Canterbury Guided Tour-
15:28 Folkstone West St.

17:45 London Victoria St.

《BRUNCH menu 2017》
-Fresh fruit salad and Greek yoghurt
-Scrambled eggs with chives
with Scottish smoked salmon, crumpet
-Morning bakery selection
-Coffee or tea
--------------------------

 

すごいーー風格のある内装っっ。

f:id:naccotours:20170506232946j:image

f:id:naccotours:20170507032628j:image

 

ほどなく、急行名物のベリー二カクテル(桃ジュースとシャンパーニュ)がサーブされます。

f:id:naccotours:20170507032540j:image

f:id:naccotours:20170507032551j:image

 

カンタベリーまでの往路は、3コースのブランチで。

f:id:naccotours:20170507032701j:image

 

お好きなパンをどうぞ、と

f:id:naccotours:20170506233115j:image

f:id:naccotours:20170506233149j:image

 

バターもジャムももちろんイギリスのもの。

f:id:naccotours:20170507031059j:image

f:id:naccotours:20170507031115j:image

f:id:naccotours:20170507031129j:image 

 

ベリーをふんだんに使ったフルーツサラダには
濃厚なギリシャヨーグルトのトッピング。

f:id:naccotours:20170507031140j:image

 

温められたお皿には
Crumpet(クランペット)という、イギリスのパンケーキのようなものがサーブされ…

f:id:naccotours:20170507031153j:image

リレーのようにバトラーさんが次から次へと
サーモン、スクランブルエッグ、マッシュルームを入れ
最後にキャビアを載せてくれました。

f:id:naccotours:20170507031210j:image


紅茶のおかわりを頂いているうちに
列車はほどなくカンタベリー駅へ到着です。

f:id:naccotours:20170507031229j:image

 

駅につく前にバトラーさんより
いらない荷物は置いていっていいよ、ここは"Totally Safe"です、と。

このご時世に公にそう言い切るってすごい。


こんな確実な警備のなかで起きた殺人事件ってどんなんやったんやろう、と帰ったら本読もうと興味を持ってみたり(笑)

 

カンタベリー駅の前には
このツアー用のバスとガイドさんが待機してくれていて
カンタベリーの街まで連れていってくれます。

f:id:naccotours:20170507031253j:image


ツアーガイドさんが、

イギリス国教会の総本山で世界遺産

カンタベリー大聖堂までつれていってくれて。

f:id:naccotours:20170507031404j:image

f:id:naccotours:20170507031423j:image

f:id:naccotours:20170507031538j:image

f:id:naccotours:20170507031619j:image

f:id:naccotours:20170507031637j:image

f:id:naccotours:20170507031704j:image

f:id:naccotours:20170507031727j:image

f:id:naccotours:20170507031747j:image

f:id:naccotours:20170507031803j:image

すっごく豪勢でした…!!. 

 

ここで解散し、約1時間の町歩きフリータイム。

f:id:naccotours:20170507031941j:image

f:id:naccotours:20170507032045j:image

f:id:naccotours:20170507032003j:image

 

こういうイギリスの郊外の町で
わたしがいつも楽しみにしているのが
『チャリティーショップ』巡り!

f:id:naccotours:20170507032131j:image

f:id:naccotours:20170507032208j:image

f:id:naccotours:20170507032148j:image 

町に住む人たちが、不要なものを持ち込み
お店の売上は、恵まれない子どもたちや病気の子どもたちのために使われるという。

 

そのシステムが素晴らしいのはもちろん、
営利目的じゃないからか、
特に郊外の町では(ロンドンではあまりいいのがないけれど)
アンティークシルバーやウェッジウッドなどが
たった1、2ポンドぐらいで売ってたりするのです。

 

大体ひとつの通りにぎゅぎゅっと集まっていて、
カンタベリーでは、Burgate通りにお店がたくさんありました。

 

そしてそして、
最近なにかと話題の『イギリスワイン』について。

 

温暖化の影響で、
昨今でもイギリスの南部の方では、シャンパーニュに負けないスパークリングや主に白ワインが作られていて
買ってきてもらったりでいくつか飲んだことがあるけれど、どれもすごくエレガントやった。

 

今回もなにか新しく見つけて帰ろうと、
さっき列車のワインリストからいくつかピックアップしてたのやけど。

見つけました!その中のひとつをこちらで。

 

◆Jeeves & Johnson Emporium
http://www.jeevesandjohnson.com/

f:id:naccotours:20170507032245j:image

f:id:naccotours:20170507032300j:image

私が買ったのは、カンタベリーが位置するここケント州で造られている、
"Hush Heath Estate"のスパークリング。

f:id:naccotours:20170507032339j:image

このお店のオーナーさんも絶賛で、
Pinot Noirで作られた赤も気になったけど
そちらは売切れだったのでスパークリングに。
たーのーしみーーーーー!
気圧に負けず持って帰れますように。

 

歩けば歩くほど出会う、
黒白茶を基調とした、素朴ながらも可愛い街並みや裏通り。

f:id:naccotours:20170507032411j:image

f:id:naccotours:20170507032456j:image

f:id:naccotours:20170507032748j:image

f:id:naccotours:20170507032807j:image

f:id:naccotours:20170507032825j:image

可愛いアイスクリームカー!♡

f:id:naccotours:20170507032841j:image

 
再集合した後は、
復路の列車の起点となる
ドーバー海峡のほど近く、フォークストンの町まで約40分のバス旅です。

f:id:naccotours:20170507032918j:image

 

フォークストン駅に着くと
オリエント急行専門の待合室があり、
とても陽気な音楽の生演奏♪

f:id:naccotours:20170507032934j:image

f:id:naccotours:20170507032522j:image

f:id:naccotours:20170507033022j:image

f:id:naccotours:20170507033035j:image

 

列車が迎えに来てくれました。

f:id:naccotours:20170507033100j:image

お見送りまでしてもらい、ロンドンへ帰ります。

f:id:naccotours:20170507033151j:image

 

復路はアフタヌーンティーとともに。
テーブルの上には、憧れのクロテッドクリームが…!!!

f:id:naccotours:20170507033207j:image

f:id:naccotours:20170507033227j:image


最初に、イギリスのロゼスパークリングワインと
さっきのHush Heathの"Balfour"がサーブされ。

f:id:naccotours:20170507033244j:image

f:id:naccotours:20170507033312j:image

苺のようなチャーミングな香り。美味しい!

f:id:naccotours:20170507033331j:image

 

AFTERNOON TEA menu》は、
-Selection of sandwiches
-Fleshly baked scones witg Cornish clotted cream and strawberry preserves
-Assorted pastries
-Classic English tea というかんじ。

 

サンドウィッチは5種あり、

f:id:naccotours:20170507033510j:image

スコットランド産スモークサーモン
葱のクリームチーズと胡瓜
チキンとフムス、サンドライトマト
エッグマヨネーズとクレソン
燻製ハムとマスタード

 

お待ちかねのスコーンは温かく、

f:id:naccotours:20170507033536j:image

これでもかー!とクロテッドクリームを塗って

f:id:naccotours:20170507033604j:image

はー♡しあわせぇぇぇえええ

窓の外で移り変わっていく景色もすばらしい。

f:id:naccotours:20170507033708j:image

 

最期に、デザートの盛り合わせをシェア。

f:id:naccotours:20170507033738j:image

 

こんな経験一生に一度!

なんでこんなに優雅にいられるのって喜んでいたら

パパが、ママさんとお揃いで

オリエント急行のテディベアを買ってくれました(笑)

f:id:naccotours:20170507033851j:image

がらじゃないけど、とても嬉しい。

かわいいよね、ねねっ!部屋に飾ろう。

 

時刻は17:45、楽しい時間はあっという間に

ヴィクトリア駅へ戻って来ました。

f:id:naccotours:20170507034004j:image

f:id:naccotours:20170507034023j:image

溜め息が出るほどしあわせだった時間。

素晴らしい思い出を、ありがとうございました。

 

これだけで今日が終わっても

おつりが山ほどくるぐらいの経験やったのに、

今日は急遽リクエストがあったミュージカルへも行ってしまいます!

 

演目はAladdin♪ どきどきっ。

f:id:naccotours:20170507034339j:image

セレブ気分満載で、

ホールオープンまでシャンパーニュを楽しみ

f:id:naccotours:20170507034410j:image

入ってみると、なんと最前列ーーー!!!

f:id:naccotours:20170507034351j:image

すごい経験。3日前にとったのに。

プレミアチケットとかじゃ全然ないのに。

前を除くと、すぐ下にはオーケストラ部隊。

f:id:naccotours:20170507034444j:image

役者さんの呼吸まで聴こえてきそうな距離で

迫力たっぷり楽しんだ2時間半!

ほんとにほんとうに、忘れられない1日になりました。