読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

二輪な春旅 ③小豆島~姫路編

 

ぐっすりと眠ってお寝坊さん、

さわやかな空気に包まれて起きる朝。

f:id:naccotours:20170322124350j:image

フェリーの時間がとてもはやくて

慌てて準備をするけれど

大事な朝ごはんだけはしっかりと(^^)

 

卵を採ってくるお手伝いに庭の鶏舎へ行くと

ぷっくり立派な鶏さんがたくさん!!

f:id:naccotours:20170322124248j:image

f:id:naccotours:20170322124332j:image

まだあたたかい産みたての卵を

ありがとうね、と4つもらって。

f:id:naccotours:20170322124318j:image

 

産みたて卵のたまごごはんに

お庭の里芋をたっぷり使った

おばぁ手作りの揚げたてコロッケなんて。

f:id:naccotours:20170322124440j:image

f:id:naccotours:20170322124458j:image

f:id:naccotours:20170322124557j:image

昨日に引き続き、なんと贅沢な朝食。

 

昨日から、大根のお漬物がもうおいしすぎて

おいしいおいしいと言っていたら

帰りにお土産にねと持たせてくれました。

f:id:naccotours:20170322124638j:image

やさしすぎ。うれしすぎやぁ。

本当に、ありがとうが溢れる旅。

ありがとうありがとう、また来るね。

 

そして唐櫃港まで気持ちのよいドライブ。

f:id:naccotours:20170322124731j:image

f:id:naccotours:20170322124918j:image

f:id:naccotours:20170322124955j:image

 

今度は小豆島へ25分の船旅です。

まだ朝の7:45。

f:id:naccotours:20170322124818j:image

f:id:naccotours:20170322124834j:image

 

★小豆島

 

小豆島へ到着してまず向かったのは

樹齢千年のオリーヴ大樹

f:id:naccotours:20170322125325j:image

f:id:naccotours:20170322125340j:image

前職で以前この大樹が

オフィスの前にやってきていたのやけれど

ここにある姿を見てみたかったのです。

 

古木から出る芽はとても若々しくて

生命の神秘を感じずにはいられない。

f:id:naccotours:20170322125612j:image

f:id:naccotours:20170322125449j:image

すごいなぁ、すごい。

 

そして、小豆島ふるさと村を経由して

f:id:naccotours:20170322125514j:image

 

小豆島オリーブ園と
そのおとなりのオリーブ公園へ

f:id:naccotours:20170322125550j:image

f:id:naccotours:20170322125628j:image

もふもふと、ミモザが咲きほこり。

f:id:naccotours:20170322125657j:image

オリーブは銀色に輝き。新芽もひょこっと。

f:id:naccotours:20170322125727j:image

静かな風が吹き。のどかぁ。

f:id:naccotours:20170322125804j:image

かわいい水玉ポストも発見♡

f:id:naccotours:20170322163847j:image

 

そしてそして、最後の寄り道はここに。

 

◆森國酒造
https://tabelog.com/kagawa/A3705/A370501/37000905/

f:id:naccotours:20170322163916j:image

小豆島で唯一の日本酒の酒蔵で

エチケットも佇まいもとってもお洒落!

f:id:naccotours:20170322163949j:image

f:id:naccotours:20170322164010j:image

予約限定なのかな、

用意されていた昼食がとても美味しそうで

次はここでランチ!と決めた*

f:id:naccotours:20170322164031j:image


併設の素敵なベーカリーカフェでは
米粉酒粕を使ったコッペパンなどが。

f:id:naccotours:20170322164059j:image

 

あー楽しかった!

今度はまたフェリーで姫路へ。

船着場でオリーブサイダーをゲットして

再度1時間40分の船旅です。

f:id:naccotours:20170322164122j:image 

快適な船内でうとうとしていたら

あっというまに姫路に到着!

 

遅めのランチにと予約していたのは

港から45分もかかる山奥のレストラン。

 

◆Pasta Sorrizo
http://p-sorriso.com

f:id:naccotours:20170322195951j:plain

f:id:naccotours:20170322164538j:image

米農家の旦那様と、イタリア人の奥様が

畑を眺めるロケーションで

米粉を使ったパスタやお料理を作る

とても素敵なレストランなのです。

 

この日のおすすめメニューより、

セットと単品をあわせていくつか注文。

f:id:naccotours:20170322164300j:image

 

さくさく米粉パスタのフリット

f:id:naccotours:20170322164238j:image

 

畑でとれた新鮮なサラダ

f:id:naccotours:20170322164408j:image

 

サーモンと自家製リコッタチーズのラビオリ

f:id:naccotours:20170322164421j:image

 

手打ちパスタのカルボナーラ

f:id:naccotours:20170322164436j:image

ラビオリもパスタも

米粉やからなのか、とってももちもち。

美味しい〜!

 

そしてメインのアランチーノ

f:id:naccotours:20170322200054j:plain

f:id:naccotours:20170322200144j:plain

こちらも衣が薄くさくさくで

チーズもとろける〜。しあわせ。

 

遠くまで来た甲斐があったね。

連れてきてくれてありがとう、ご馳走様。

 

ほんとやったらここから

たったの1時間すこしで帰れるのやけれど

3連休最後の渋滞に巻き込まれ

2時間半のロングドライブで帰宅。

運転、本当にほんとうにお疲れ様でした。

 

暮らしの手帖の さんが

帰ったあとに少し優しい気持ちになれていたら

それは素敵な旅だったということ、

と著書でおっしゃっていたのを思い出し。

 

今回の旅はまさにそんな旅。

 

ありがとうをたくさん言えた。

近頃、ごめんなさいばかり言っていた気がして。

 

またここから、

素敵な日々が始まりますように。