読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

トスカーナの味わい方

時間もあるしね
ちょっとお茶でもしにいこうか?と
北へ約50分。

そんなかんじで来る街じゃないよね!と言いながら
これまた世界遺産の街、Sienaへ。


Siena

トスカーナではフィレンツェに並ぶ大都市で
大きな大きな城壁に囲まれた中世の旧市街が美しい、シエナ

有名っぽい広場を見つけたので(笑)
見下ろす路地のカフェでカプチーノ

近くにあったVenciのチョコラテリアで
クレープとジェラートをテイクアウト。

わたしたち、しあわせねと。
ほんとうに。

ということで、ほんまにカフェをしただけで
シエナを後にし、一路Bettolleへ戻ります。


帰り道にあったアウトレットに立ち寄り
すこしキッチンツールを買い求め、

また昨日のおっきなスーパーでお買いものし、
ホテルへ帰ったのが20:30。

さすがにおなかがすいてすいてたまらなくて、
おいしいと聞いていた、ホテルのリストランテへ。
部屋から10秒というしあわせー!

◆Ristorante Walter Redaelli
http://www.ristoranteredaelli.it/

1日中運転おつかれさま、とスパークリングを頼むと、
地元Arezzoの瓶内二次のスプマンテ

これがすごいおいしくて!!
日本には絶対入ってこやんのやろうな…かなしい。

色とりどりのパンの盛り合わせと
ミニカプレーゼのおつきだし。

Antipastから、
"Mosaico di coniglio con uvetta, tartufo"
兎のパテ トリュフソース

おいしーーーーい!!!!!
うさちゃん、大すき!いやほんと、食材としてね。

Primoからは、
"Spaghetto Senatore Cappelli con Astice e polpo"
オマール海老とタコのスパゲティーニ

このあたりの白ワインもある?と聞くと、
ToscanaのChardonnay。
テロワールを映しだすようなミネラル感が、このパスタにぴったり。

Mainからは
なにより楽しみにしていたこれ。
"Tagliata di vitellone alle erbe aromatiche"
牛肉のタリアータ

赤ワイン、違うの2種くーださいと言うと
わーい!Chianti ClassicoとBrunello di Montalcinoの飲み比べ!!

このChianti、わたしのキャンティ史上いちばんおいしかった…!
こんなキャンティ知らない。やばい。

Brunelloはなにより、アフターの長さとふくよかさが半端ない。

デザートはひとり1皿(*^^*)
だって別腹もんっ♪

"Mille foglie con creme di panforte e bavarese"
ラムレーズンのミルフィーユとパッションフルーツムース

"Tulipano di fragole con spuma di mascarpone"
苺のワッフル マスカルポーネムースを載せて

とってもとってもおいしかった。
チーズも食べたかったけれど、まんぷくで断念っ

ごちそうさまでした。

そして、そのまま彼女は撃沈(笑)
運転、ほんとうにおつかれさまでした。
いつもありがとう。