読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

飲んべぇ夢のなかをゆく

AM 5:00
ジェノバより一足はやく帰国する両親を空港へ見送りに。

ホテルへ戻り、ゆっくりとカプチーノをいただき
また今日から一緒に旅をする、いつもの友人との待ち合わせ場所、パルマへ向かいます。


Parma

いわずと知れた、『パルマの生ハム』の街、パルマ

ここから東に並ぶ町は順に、
『パルミジャーノレッジャーノチーズ』のReggio Emilia
バルサミコ酢』のModena
『パスタボロネーゼ』のBologna
とつづき、

さらにこの一帯で赤の発泡ワインで有名な
ランブルスコ』が作られているというのやから、
飲んべぇなわたしたちにはもうほんとうに
夢のようなエリアなわけです(*´∀`)

GenovaからTorino行き電車にのりこみ、北へ40分。
Alessandriaで乗り換え、東へさらに1時間半。
Parmaへ到着です*

みるからにすっごい平和そうな街ー!

やけれども、荷物を預けられるところは
駅にもインフォメーションにもなく
ごろごろと、持ち回りまちあるきです○

Viloa(スミレ)がたくさん咲くこの地方の
それはそれは可愛いPerfumeを売る昔ながらのお店へ。

◆Color Viola
http://www.parmacolorviola.com/ita/contatti.html

クラシカルなパッケージたちに胸きゅん…!!!
ご夫婦もとてもよい方たちで。
ちいさな瓶の香水をひとつ、持ち帰ることにしました。


そして、出会えた記念の駆けつけ1杯(*^^*)

ランブルスコが飲みたい!
パルマの生ハムがたべたい!
パルミジャーノもつまみたい!

そんな願いをすべて叶えてくれるお店を発見。

◆DEGUSTERIA
http://www.noidaparma.it/degusteria-romani/

生ハムやさんが母体になっていて
色んな種類のハムやチーズをお手ごろ価格の
ワンプレートで食べれるこちらのお店。
やっぱり、夢のよう!

頼んだのは、
もちのろんろんランブルスコと♪

"Battistero"
ハムとチーズの盛り合わせ 1人前

  • Prociutto Crudo di Parma 30 month
  • Culatello di Zibello DOP
  • Strolghino(サラミ) di Culatello
  • Parmigiano Reggiano

ここまで来たら、高級牛さんCulatelloのハムやー!と思ってたけど
パルマ30ヶ月熟成がふつうに、めちゃおいしい。

パンやフォカッチャのバスケットがついて、たったの11€。
ワインは3€。よい店すぎる!!!
しあわせのブランチでした。

あまりに美味しかったので、
電車の時間とにらめっこしながらも
やっぱり!と大慌てで
角を曲がったところにあるという、母体のハムやさんへ。

◆La Prosciutteria
http://www.noidaparma.it/

おみせの名前、そのなも『生ハムやさん』。
て、そのままやん!!(笑)
地元のひとたちがこぞって買いに来ている様子。

ランブルスコもたくさんー!!!

さっきのあのパルマのやつね、おいしかったのよ。
30ヶ月ね!と切ってもらい
これでいい?と試食までさせてくれ。
やぱり良いお店ーーーー(;_;)

そして、運命的にもGolosettoのチーズスプレッドまで発見!

前に、このスプレッドのトリュフ入りのやつを
阪急でかったのと手みやげでもらって、あまりにもおいしくて。

来る前にメーカーさんへ、どこで買える?と問い合わせてたのやけど
教えてくれたお店がどこも遠くて、諦めていたのです。

◆Glosetto
http://www.pratichiera.com/prodotto/crema-di-parmigiano-reggiano-bon-da-bon-con-tartufo-nero/

トリュフ入りはなかったけれど
それでも、現地での運命の再開に感動ー!!
もちろんお買い上げ。

本当に、ハムを食べに来ただけのパルマ
さて、次はボロネーゼパスタへ向かいます\(^^)/


Bologna

パルマから更に東へ約50分、
この界隈ではいちばん都会であるボローニャへ到着です。

思っていたよりも、ずっと都会だったボローニャ

ついて早々、14時半に閉まってしまうパスタやさんを目掛けて
1.5kmほどを爆走するわたしたち。
なんぼの食い意地ー!!

そして、すべりこみセーフっっ。

◆Pasta Fresca Naldi
http://www.pastafrescanaldi.it/

"Tagliatelle al Ragu"
ここのスペシャリテ、ラグーのタリアテッレ。7Euro。
いわゆる念願のボロネーゼです…!
とろけるパルミジャーノをかけて。うーまー!!!

近くのバルで、お水とともに食べさせてくれました。


そして、古い建物が並ぶ旧市街をそぞろ歩き
ボローニャいちと名高いジェラテリアへ。

◆La Sorbetteria Castiglione
http://www.amoitalia.com/bologna/gelato.html

マスカルポーネ&リモーネのジェラートに、
ラム酒づけの濃厚なチョコレートフレーバー。2.6Euro。
うっま!

食べ歩きがたのしく、
路地裏にたくさんのハムやチーズ屋さんが乱立するボローニャ
また今度、ゆっくり来たい街に仲間入り。


ワインを飲まない日がなくて
どこへでも公共交通機関で挑戦しつづけてきたわたしの旅ですが、
ここからの4日間は、運転上手な彼女らにあまえて
レンタカーでイタリアを横断。

レンタカーを借りると急きょ決めてから、
どこへでもいけるー!とそれはそれは嬉しくて
がぜんプランニングにも力がはいります(*^^*)
いざ!!!!

ということで、もうすっかり夕方ですが、
今日もまだ食いしんぼうな旅はつづきます。
後半へ。