読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

Cote d'Azurの海岸線

マルセイユで目覚める朝。

今日はメーデーかつ日曜日という
働いているほうがおかしい!というような1日。

案の定、ストライキによって
乗るはずだったニース行きの電車がキャンセルになったとの連絡。
やっぱり(笑)

トゥーロンで乗り継ぐ便は動いてそうやったので
むしろ朝ゆっくりできてよいやー♪と
貸し切り状態の旧港を朝ランニング。さわやかーっ!

そして、たまにはとホテルで朝食を*

旧港沿いに位置する
すてきなアパートメントホテルでした。

◆ La Residence Du Vieux Port
http://www.hotel-residence-marseille.com


マルセイユの駅から
各駅停車で地中海沿いを東へ約50分、
フランスきっての海軍の街(パパ調べ)、Toulonへ。

うーみー!と騒ぐ奈良県民のわたしたち(笑)

そうこうしているうちに、あっというまの到着。

乗り換え20分あったら、
キャッシュオンですぐワインのんじゃうっ

ここでTGVに乗り継ぎ約2時間、
ほんのり遅れながらのニースへ到着です(о´∀`о)


Nice

7年ぶりのニースは
南仏らしい日差しがとても心地よく、
記憶以上に都会なことにもややおどろき*

この旅でいちばん楽しみにしていた
Hotel Negrescoにチェックイン。

いつもは、5ツ星ホテルとか、大型のホテルとか
まったく興味がわかないのやけれど
両親も一緒やしね、リゾートやしね、といろいろ言い訳をしながら(笑)
ニースのランドマークでもある、このフランスきっての老舗ホテルに泊まることはめちゃくちゃ楽しみにしてたのですー♪

◆Hotel Negresco
http://www.hotel-negresco-nice.com/ja/

王室御用達とだけあって、
ロビーも部屋もなにもかも、豪華絢爛っ!

雰囲気ばつぐんのバーで
うれしいウェルカムドリンクのサービス。

そして、街歩きに。

メーデーといっても
観光客がたくさんいるエリアは
レストランもスーパーも結構空いていました(^^)

ニースきっての広場を横切り
旧市街をぶらぶらと。

ブルーのコントラストが美しい海沿いから

展望台にのぼると、
信じられないほどの絶景。

一緒にこれて、よかった。


そして、ランチを抜いてすこしおなかがすいたので、
コンシェルジュのお姉さんがおすすめしてくれた
旧市街のジェラテリアへ。

何十種類ものフレーバーから
迷ってまよってまよって、
フィグとピーカンナッツジェラートを。おいしい……!

有名店なようで、とっても大人気でした。

◆Fenocchio
http://fenocchio.fr/eng_qui.html

海をモチーフにした
かわいすぎるプロムナードの公園を横切り
ホテルへ戻ります。


ほどなく、今日もお楽しみの晩ごはんへ。

◆Hangout
http://www.hangout-nice.com/en/

旧市街の路地裏に佇む
かの名声高い日本人シェフのお店、Hangout。
おうわさはかねがね!うれしい!!!

グラスでラングドックのワインをいただき

アミューズは、
グリーンピースのムース 林檎のジェリー添え

前菜にと、今日はアラカルトで
"Tataki de boeuf avocat et poivrons marines"
牛肉のタタキ アボガドと菊菜

"Creme brulee au foie gras et brioche"
フォアグラのクリームブリュレ ブリオッシュとともに

"Aumoniere de gambas, asperges et basilico"
海老とアスパラガスの包み揚げ

メインからは、
"Poisson du jour"
本日のお魚、カジキマグロのグリル

"Fricasse de legumes"
春野菜のフリカッセ

"Carre d'agneau jus et tomate fraiches"
子羊のグリル

合わせるのは、同ドメーヌのMerlot&Syrah

ポーションがほどよいので、デザートまでちゃっかりと
"Baba au rhum et orange"
コアントロー風味のババ

フランスの食材と、繊細な日本の料理法から産み出される
美しいキュイジーヌ

ワインも飲み、お腹一杯食べて
ひとり5,000円ほど。
ニースの物価から考えても、とってもお得!なによりおいしい♪

また大満足で帰途につき
お昼間にスーパーで買っておいた、
Bandolのロゼワインとともに就寝したのでした。