読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

2016 東北② ~宮古編~

夕方、三陸海岸宮古へ到着し
浄土ヶ浜旅館へチェックイン。

f:id:naccotours:20160227230423j:plain

笑顔のかわいすぎる若女将に
ほっこりしつつ
さっそくすっかり日がくれた街を街歩きに。

ふと目とした歩道橋の、到達点。

f:id:naccotours:20160227230434j:plain

郵便局にも。

f:id:naccotours:20160227230450j:plain

忘れてはいけない、じゃなくて
あの頃からまだつながってる時が確実にここにはある。

ここに来た意味をすこし身に感じながら
てくてく、近くのスーパーへ。

見るものぜんぶが
なにこれ!のオンパレード。
ここは異国かもしれない。

f:id:naccotours:20160227230504j:plain

f:id:naccotours:20160227230519j:plain

きゃーなにこれーと騒いでいると
やさしい漁師さんが寄ってきてくれて
ひとつずつ、これはこう食べるのだよ、どこで採れるのだよと説明してくれる。

温かいひとのこころに触れ、ほっとひと息。

さぁて、楽しみにしていた晩ごはんへ!

わたしに今できる唯一のことは、
土地の良さを自分が体感して
とても微量ながらに伝えることやもんね(*^^*)


地元の方に大人気らしい
よし寿司さんに。

f:id:naccotours:20160227230610j:plain

カウンターでと予約していたので
大将におすすめしてもらいながら、あてをいろいろと。

お通しは、焼きウニ

f:id:naccotours:20160227230629j:plain

としる(鮑の肝)

f:id:naccotours:20160227230644j:plain

どんこのたたき

f:id:naccotours:20160227230657j:plain

宮古名物、海胆の貝焼き

f:id:naccotours:20160227230713j:plain

f:id:naccotours:20160227230724j:plain

ここで岩手のワインの話になり、
女将さんが、近くの友人のワイナリーから買ったものなのやけどと
山葡萄ワインを開けてご馳走してくれた!

f:id:naccotours:20160227230737j:plain

f:id:naccotours:20160227230748j:plain

いわゆる山葡萄ワインらしくなく
すっきりと、でも力強さを秘めた綺麗なワインでした。
雲丹にもあうのでびっくり!さすが地のものたち。

続いて、きんきん(喜知次)一夜干し

f:id:naccotours:20160227230813j:plain

にしん、そい、めぬけのお刺身

f:id:naccotours:20160227230836j:plain

ほやのお造り

f:id:naccotours:20160227230848j:plain

宮古の毛蟹

f:id:naccotours:20160227230856j:plain

旬の酢の物盛り合わせ

f:id:naccotours:20160227230911j:plain

宮古の男山 純米酒にあわせて

f:id:naccotours:20160227230919j:plain

本まぐろ赤身と
メバチマグロの中トロ

f:id:naccotours:20160227230930j:plain

おなかいっぱいになり
お寿司はすこし、筋子から

f:id:naccotours:20160227230940j:plain

とろっとろの蒸し穴子

f:id:naccotours:20160227230950j:plain

中トロ鉄火

f:id:naccotours:20160227231000j:plain

しじみのお吸い物

f:id:naccotours:20160227231009j:plain

最後は、これがまた絶品の
クリームチーズとりんごのゼリー

f:id:naccotours:20160227231018j:plain

どれもこれも
素材+ていねいなお仕事がほんとうにおいしくて
大大大満足!!なばんごはんでした○

しあわせ~!
ご馳走さまでした。

◆よし寿司
好き放題食べて飲んで、ひとり6,000~8,000円程。
http://tabelog.com/iwate/A0304/A030401/3000745/


明日もまだ続く、三陸海岸の旅。
久慈経由で北上し、八戸までむかいます。