読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

旅の終わりも、ごはんとワイン

Paris - 3rd. Day

パリの3日目は、
Shopping Day!

朝ごはんは、ぜいたくにホテルで。

f:id:naccotours:20151015091034j:plain

f:id:naccotours:20151015091039j:plain

今回泊まった、凱旋門にほど近い
"Hidden Hotel"は
まだ新しいブティックホテル
欲しいものがすぐに手に届くところに揃ってる上に
なにより、ホテルのひとがみんなチャーミング!

そしてどこを取ってもとってもおしゃれ。
おかげさまで、しあわせな滞在になりました(*^^*)

◆Hidden Hotel
http://hidden-hotel.com/


プランタンオムのオープンを待って
すこしお土産を探して、すぐマレへ。
お昼を食べることも忘れて
夕方までひたすら買い物に歩くも、
ユーロの為替がいまいちなせいでなにみても高いー(;_;)

思ったほど買い物できずやったけど
スーパーで、今回たべすぎて無駄に詳しくなったチーズを
あれやこれやと山盛り切ってもらって、
バターやガレットも買えて、大満足!!

最終日の晩御飯は、
パリのレストラン本を何冊も執筆されている
仕事でご一緒した、
とてもすてきで大好きな方に教えていただいた1店へ。

前回も行きたくて予約していたのに
まさかの同名の別店を予約してしまっていたようで
念願かなっての訪問です。

◆Le Baratin
http://lefooding.com/fr/restaurants/restaurant-le-baratin-paris

f:id:naccotours:20151015091251j:plain

フランス最後らしく、
前菜はフォアグラとレンズ豆の1品。

f:id:naccotours:20151015091228j:plain

それから、スピナッチェのラビオリ。

f:id:naccotours:20151015091318j:plain

メインは、愛してやまない
Ris de Veau(子牛の胸腺)!

f:id:naccotours:20151015091538j:plain

デザートには
洋梨の赤ワインコンポートに、シトロンケーキ。

f:id:naccotours:20151015091556j:plain

どれも、女性シェフらしい
塩分控えめのとても優しい味わいで
ほっこりとおいしい、最後の晩餐になりました。

Paris - 4th. Day

そして帰国の日。

10時にはホテルを出発しなきゃいけないというのに、
まだ行きたいところが2つあり、5時起き(笑)

1つめは、パン屋さん。

◆Du Pain et des Idees
http://dupainetdesidees.com/

f:id:naccotours:20151015093336j:plain

正直、めっちゃ遠い。
でも、Figaroで見てから
どうしてもどうしてもここのエスカルゴパンが食べたくて。

f:id:naccotours:20151015091626j:plain

最終日やので
バゲットやなにやと、持ち帰りのパンも購入。
あぁ、うれしい。

でも、7個ぐらいしか買ってないのに3,000円ぐらい払った!
パリといえど、高すぎる。

もちろん焼きたてのピスタチオエスカルゴや
パンオショコラバナーヌなんて、めちゃくちゃおいしかったけれど、
Nancyのおいしすぎるパンやさんのがやっぱり好きでした(*^^*)


そして、行きたいところ2つめ。

エッフェル塔のたもと、
La Motte Piquet Grenelle駅と、Dupleix駅の間の高架で
水曜と日曜にだけ開かれている食材マルシェ、
"Marche Grenelle(グルネルの市場)"へ。

f:id:naccotours:20151015091616j:plain

◆Marche Grenelle
http://m.equipement.paris.fr/marche-grenelle-5502

ここは、観光客がほとんど来ないとかで
お値段ぐっとお安め。

フロマジェリーやシャルキュトリー、ブーランジェリー
まだ買うかー!と自分でも思うぐらい
パンやパテ、生ハム、バターを買いたし
荷物ぱんぱんで、チェックアウト。
CDG空港より、帰国です。

f:id:naccotours:20151015091658j:plain

                        • -

この旅は、めちゃくちゃ長かった。
半年ぐらいいたように感じた。

のは、きっと
みんなが入れ替わり立ち替わり来てくれたり、
いろんな人との出会いのなかで、
びっくりするほど充実した毎日を
おくることができたからやと思う。

"Meal without wines is not a Meal."
ワインのない食事なんて、食事じゃない!

ストラスブールのホストファミリーの
同い年の息子ちゃんが教えてくれた言葉。
とてもフランスらしいな、と思った(^^)

今回わたしが飲んだワイン。
ノートをとっているだけで、全193種類。

その数だけ、おいしいごはんや
それを作ってくれたひと、
テイスティングさせてくれた優しいドメーヌの方がいたということ。

Nacco Tours
最大にして、最高の旅でした。
旅が、これからも続くことを願って。

La fin.