読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

ガレット、クレープ、クレープ!

フランスの
東の端に位置するStrasbourgから
西の端に位置するQuimperまで

朝4時半起き、6時半フライトという早朝スケジュールで
Paris Orly空港を経由する便で飛び立ちます。

なんでまたそんなへんぴなところに、と
こっちのひとにも散々ゆわれたけど
かわいい陶器、カンペール焼の本家本元を見たかったのと、
ブルターニュ地方のいえばのガレット&シードルをどうしてもしたくって♪

もはや当然のように、遅れる飛行機。
パリからカンペールに向かうのは、
過去最小のかわゆいプロペラ機ちゃん!(笑)
たぶん30人ぐらいしかのってない。

飛行中、窓の外で必死に回ってるプロペラをみながら、
がんばれ!がんばれっ!って唱えてた。

Quimper

何事もなく到着し、経由便やしなと半分諦めてた荷物も、ものの2分ぐらいで出てきました○

そして、ほぼ無人状態の空港は
バスなんてすぐに来るはずもなく、
ひとりになってはじめてのタクシーでQuimperの街へ。

かわいいサーディンやさんや、

ビスケットやさんも発見!


ブルターニュ地方は、もともとイギリスにルーツをもつ
ケルト民族が公国をもっていた場所だそう。

だからか、昨日のアルザスとはうってかわって
家の屋根はグレーで統一され、一見寂しげながらも
よく見るとたくさんの花で彩られた、すてきな街並み。

Pont-Avenという街にも足をのばそうかとおもったけど
バスの本数すくなすぎて、もう昨日で懲りたので断念!(笑)
ゆっくりとQuimper散策を楽しむことに。

まずは、なにを置いてもCreperie。

どうしようー!!Creperieだらけで
どうしていいかわからへんー!!

散々においしそうな香りを辿り、
1件のCreperieへ。


※写真は閉店後の夕方のものです

こっちのひとは
辛い(甘くない)おかずガレットをまずは食べ、
そのあとに甘いクレープを食べるという2段仕立てなよう。

まずはリンゴの微炭酸のお酒、シードルを。
ボルというお茶碗のような器に入れて飲むのがブルターニュ流だとか。

そして、卵・ハム・チーズのそば粉ガレット。
さくさくー!!うまーっ!!!

次に、キャラメルサレ(塩キャラメル)のクレープ。
もちもちー!!うまーっ!!!

これまでフランスに何回もきてて
なんでクレープちゃんと食べへんかったんやろうって後悔。
こんなに美味しいものやったとは。

シードル+ガレット+デザートクレープで、10.9€。
これはよいところを見つけたー!
人がひっきりなしで、ずっと満席の大人気店でした○

◆Creperie du Quarier
http://restaurant.michelin.fr/restaurant/france/29000-quimper/creperie-du-quartier/5xjfncw


そして、ランチの後は
ずっと来たかった、カンペール焼を今に伝える
Henriot社のブティックへ。

昔ながらのいわゆるカンペール焼から

アーティストとコラボしたモダンなものまで。

わたしはやっぱり、昔ながらがすきやけど
このテイストなら、アンティークのがほしいなぁとここでは何も買わず。


また街をぷらぷらして
晩御飯の買い出しふたたび!

地元の野菜や食材で
好き勝手にごはんを作ってみる楽しさに
すっかりはまってしまった(*^^*)

マルシェへ行くと、
海に近いQuimperなだけあって魚が充実!

ブルターニュは、
フランス一有塩バターがおいしいところやから
白身魚をバターでソテーしたい衝動にかられ
たらの切身と、野菜、きのこ、バターを購入。

そして、隠し味に使いつつ飲んじゃうシードルも忘れずに。

めずらしく見つけたモダンなカフェで
Cafe Creme を注文し、すこし休憩。
スタバとかも全然なくって行ってなかったから、なんやか妙にほっとする。

◆SKYBURY
http://www.cotequimper.fr/2015/06/27/le-skybury-un-nouveau-coffee-shop-espresso-bar/


カンペール焼のアンティークを売ってるお店も見つけました○

わたしが気に入ったのは、ペン立てとインクケースが一体になったもの。
値段がフランで書いてあって。いつのやー(笑)

€に換算してから、半額ぐらいまで負けてもらって
さっき工房で見たよりずっとお得に
アンティークのカンペール焼をゲットできました。
うれしい!おじさん、ありがとう。

◆Ceramiques de Cornouaille
http://www.ceramiquesdecornouaille.com


家に帰ります。

今日のホストはDominique、
またすてきなおうちっ(*^^*)

Dominiqueが「特別なケーキ買ってきたよ!」と
伝統ケーキの"ファーブルトン"と、おいしいDAMANN紅茶を入れてくれて。

しあわせすぎて、あぁおいしい!と言ってると
まさかの紅茶を缶ごとくれました。なんと!

しばらくして、クッキング開始。

オールインワンでいっしょくたんにバターでソテーし、
これまたこの地方の"ゲラントの塩"と胡椒、ミルクにシードルを少し。

蒸し焼きにすると…いい香りが~(*^^*)

バゲットをひたしながら食べます。
しあわせ。自画自賛。

Dominiqueがデザートにと
うすいパンを焼いたものに
自家製のキャラメルサレクリームを塗ったものをくれて。

もうね、悶絶!!!
でぶとわかりながら、とまらへんー!!!

嬉しさがどっからか溢れでてしまってたのか
別の瓶に入った同じキャラメルサレクリームを
お土産に持って帰って、とくれました。泣ける(;_;)

もらってばっかりやん、わたし。

日本から持ってきたお味噌汁も、
結局自分ではひとつも飲まず、
ぜんぶお礼にあげてしまってもはやストックゼロ。
あぁなんかもっと持ってきたらよかったな。

明日の朝もおいしいごはん作ってあげるよ♪と
なにやら夜な夜なキッチンで仕込んでくれているDominique。

毎日朝ごはんを楽しみにしながら眠れるこの生活が、めっちゃすき。
日本に帰ったら、どんな朝ごはんを作ろうかな。