読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

アールヌーボーとの出会い

ずっと昔から知ってる友人のように迎えてくれた
Brigitteの家を後にし、Dijon経由でNancyへ向かいます。

乗り換えにすこし時間があったので
Dijonの駅で“Petit Dejouner(朝ごはん)”。

そこからTGVで2時間すこし、
アールヌーボーが街中に溢れるNancyに到着です。

Nancy

昨日と同じく、まずはHostのお家へ荷物を置かせてもらいに。
今日のHostはAnne、かわいい猫ちゃんもいて、うれしい!

街の案内をいろいろとしてくれて、
ワインの勉強に来たのーきのうはここへ行ってねーと話してると、
わたしジュラ出身やの!ワインあるよ飲む?!
と、ジュラの白ワインに、コンテチーズまで出してくれた♪

わたしはどうも、コンテチーズをご馳走してもらえる
星のもとに生まれてきたみたい○

Anneはお洗濯まで請け負ってくれて
わたしはるんるんと、街へ。

Nancyは
アールヌーボーが花開いた街だそうなのですが
わたしは、芸術にはてんでうとくって。

アールヌーボー?はて?というかんじやったのですが
それでも、おとぎ話のなかを歩いているんじゃないかと錯覚してしまうぐらい
バルコニーや扉の装飾がかわいい街並みには、
すっかり魅了されてしまう。

後ろの赤いお店は、Baccaratのブティック。
バカラの街も、ここから30分ほどで行けるみたい。

お昼はもちろん、キッシュロレーヌ。
コンソメのおだしがきいてて、おいしかった!

サラダとセットで11€。
これに、地元トゥールのロゼ4.5€。
このロゼがボディ感もフルーティー加減もどストライク!
しあわせ~(*^^*)

レストランはこちら。
◆Le Romarin
http://nancy.jesorsenville.com/fiche/le-romarin

お得な18€のランチコースや、ロレーヌの郷土料理
おいしそうな鴨料理なんかもありました。


ごはんの後は、また街をぷらぷら。


ラッキーなことに、今日は第一日曜日。
お店こそ空いていないけれど、
フランス中の美術館や博物館にただではいれちゃう日!

ふだんは美術館なんてあんまり行かないけれど、せっかくやので

ナンシー美術館や


ナンシー派美術館にも行きました(*^^*)

ここがすんごいかわいかったー!


なんか形がぜんぶきゅるんってして、
花や蔦で飾られててかわいい!

ってゆうのが、勝手ながら
わたしのアールヌーボーのイメージになりました(笑)

この集合住宅もすごい。


近くでビオマルシェを見つけて
蜂蜜を買いたい衝動にかられるも、まだがまん、がまん。


最初に駅から家に向かう途中で
行列ができてたおいしそうなパン屋さんがあったのを思い出し、
ばんごはんの買い出しに。

ケーキやお惣菜も充実っ!

チキンのサラダ5€と、Batardパン0.9€、
ベルガモットミルフィーユ2.4€をお買いあげ。

帰るとAnneが、
「そこ、街でいちばんおいしいパン屋さんやよ!
明日の朝もそこのパン出してあげようと思って買ってたの」と。
ラッキー♪

本日の、しあわせな晩ごはん。

シンプルなBatardパン、中身がつまっててむっちむち!
おいしすぎる…
のこりは明日に晩ごはんに持ち越し(*^^*)

このパン屋さん、本当におすすめです。
◆Maison Schindler
http://nancybuzz.fr/maison-schindler-pain-chaud-sil-vous-plait/

ミルフィーユも甘さ控えめの超絶さくさくおいしすぎて、
もはや食べ方わからんかった。
3段やったから、はがして食べたら3回楽しめた!!!!


明日はアルザス地方、ストラスブールへ。
きりりと酸がきいてフルーティーなアルザスワインが大好きなわたしには、
夢のような1日になりそう。

朝ごはんを楽しみに、今日もぐっすり寝れますように。

そして、フランスだって日本だって
なにがあっても明日がきっと、
今日よりもすてきな1日になりますように。

おやすみなさい。