読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

暮らすように過ごす

すれ違う誰もが
Bonjour, と挨拶をしてくれる。
そんなフランスが、わたしはすき。

きのう見つけたおいしそうなパン屋さんに
朝からお散歩がてらパンを買いにいきます。

出勤前のひとたちが
入れ替わり立ち替わり寄っていくこのパン屋さんは
朝6時半から、天然酵母のパンを売っているそう。

わたしは今日は、
パン・オ・ショコラ 0.95€を。
ひとりだとひとつしか食べれないからかなしいけど。

昨日買っていたチーズたちとともに
立派な朝ごはんの完成です。

パン屋さんはこちら。
◆AUX 3 EPIS
http://uneboulangerie.fr/21/beaune/aux-3-epis-8qz

Rent a cycle

今日と明日は町外れのヴィンヤードまでいくので
駅近くのレンタサイクルやさんで自転車を借ります。
もちろん、子供用。でも立派!

◆Location de velos Bike Rental
http://www.beaunevelotour.fr/

ボーヌでおそらく唯一の、レンタサイクルやさん。

そして昨日いけなかった、Hospices de Beaune へ。

Hospices de Beaune

5世紀にもわたり、ぶどう栽培から得た資金をもとに
病院を運営してきたHospices de Beaune。

屋根瓦の美しいことと
作るワインがいまだに毎年大人気なことしか知らなかったけれど
一歩足を踏み入れると、なににも侵されないとても精練された空気感。

ふだん「観光」にてんで興味がないわたしですが
ここは本当に、訪れるべき場所だったなと。

さて、次はこの旅のメインイベントです。

Savigny-les-beaune

ボーヌからぶどう畑の中を走ること
北西へ約6㎞、Savigny-les-beauneへ。

1ヶ月休暇をとるなら、ここに来たいと決めていたのは4年前。

わたしがワインをすきになるきっかけをくれたひとが
ここでワインをつくっています。

今やとっても有名な方だから
会えるかな、どうかな、と連絡してみると
おいでおいで!と言ってくださって
この旅でなによりも楽しみにしていたわたしの一大イベント。

ギアが取れてもすっかり修復できるようになりながら
ドメーヌに到着。

緊張しつつも入っていくと、
久しぶりね!ランチたべようよ、作るの手伝って!
ととても気軽なお出迎え。

ワインももちろん飲んでいくでしょ、と
そこで収穫のお手伝いをしていた方々と真昼まっからの女子会。

さんざんに飲んで話して楽しいごはんをいただいた後は、
テイスティングしてく?と、セラーへ。

仕込んだばかりの2015年を畑・区画違いで
間もなく瓶詰めの2014年も同じく、
約20種もテイスティングさせてくださって。

あぁなんて特別な時間なのやろう。

そしてやっぱり、ここのワインがどう考えても
世界で一番すきだとおもいました。

結婚式で持ったボトルブーケも
ここの当主、パトリックさんに以前サインをいただいたもの。

2年前にお亡くなりになってから
ずっと花を手向けにきたくて
ようやっとそれも叶いました。

お墓のとなりには
マダムが完全ビオディナミでいちばん大切に育てている畑が。
葉もチャーミングに色づきます。

実はこの赤は、紅葉ではなくウイルスのせいなのだとか。

「でもそれでもいいと思ってる。人間だってみんな、
かかるべくして病気にかかって、また強くなったりするでしょう。」

そんなことを、はははと笑って言えてしまうことが
ほんとうにすごいと思う。
またここで、会えてよかった。ありがとうございました。


そして帰り道はすこし遠回りをして、
Pernand-VergelessesやAloxe-Cortonの丘をサイクリングしながら
世界にはこんなに綺麗な景色があるのかと、ほろり。

またボーヌに戻ります。

夕食までまだすこし時間があったので
食べて飲んでばっかじゃだめやなと、
昨日見つけた市営プールに行ってみることに。

さすがに市民のひとばっかりで
まったくもって勝手がわからなかったけれど
ジェスチャーでなんとか仕組みを教えてもらい、
泳ぐのがへたくそすぎるわたしは
なんならおじさんにバタフライまで教えてもらい(笑)
無事に運動完了。

やっぱりわたし、どこでだって生きていけると思う!

でも考えたら、今日は自転車で25㎞も走ってたから
もはやそれで充分だったかも。

ぐったりと疲れてまた家に帰り、
ほどなく夕食へ出掛けます。

今日ドメーヌで会ったNaoさんに、飲みにいこうと誘ってもらい
地元のひとで賑わう町の外のバーへ♪

ニュージーランドでワインをつくりながら、
毎年ボーヌに収穫研修に来ているのだとか。

それぞれの国のよさや夢を語りながら
楽しい夜は更けていきます。

ワインの種類がびっくり豊富で、
シャルキュトリーなどおなかいっぱい食べてもひとり10€そこそこの
地元で大人気のお店はこちら。

◆BAR de SQUARE
http://m.gaultmillau.fr/restaurant/bourgogne/beaune-21200/bar-du-square-15718/

来年またニュージーランドで会う約束をし、別れました。

ワインってほんとうに
なによりのコミュニケーションツールやと思うの。

ワインをすきになってから
年齢性別国籍をこえた、しあわせな出会いがびっくりするほど増えた。

このバーでも、きのう一緒にテイスティングをしたカナダ人夫婦とまた出会って
わー!また会えてうれしいわ!って、こんな具合。

ボーヌだって、たくさんの人とのうれしすぎる出会いを経て
すっかりフランスのなかの故郷になりつつある気がします。

また今日も
たくさんのワインと、素敵な人々に出会えました。