読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buono Voyage.

旅の目的はいつだって、おいしいワインと料理に出会うこと。

おなかのよじれるタオルミーナ

タオルミーナの朝は
日の出とともに

海を眼下に朝ごはんをたべ

イゾラベッラまで陽気な音楽を聴きながら歩きます

太陽じりじり痛いぐらいーっ!
でもこうでなくっては。

ビールがおいしっ!

イゾラベッラの浜から
透き通った海へと約1時間の船旅

プチ青の洞窟をみたり

とちゅうで、飛び込んでもいいよ!といわれ
真っ先に脱ぐわたしたち
海へだーいぶ!

船旅は、交渉のすえのひとり20€でした。大満足!

すっかりお腹がすいたので
階段の先にある
絶景のレストランでランチにします

お決まりのアンティパストミストに

手長海老のリゾット

ピカタ(豚肉)のリモーネソース

イカとえびのフリットミストは
海老の頭がびっくりおいしかった!

もちろんワインものんで、ひとり15€ほど。
絶景やのに、おいしくて安くて、すばらしいレストランでした(*^^*)

そこからバスで、山の上にあるタオルミーナの街なかへ。

また今日の夜の楽しい時間を思って
スーパーでチーズやら生ハムやらを買い込んで、

マンゴーのアイスを食べ歩いたり
カフェでお茶したり。

こちらでは、ジェラートをブリオッシュに挟んで食べるのが通みたい。

念願のMarsalaもいただきました♪

杏仁のアイスにぴったりでびっくり!
2015年の流行カラーは、「マルサラ色」なのだとか。

今日はちょっと外に出るつもりが、
楽しくて、気づいたらもう夕方。
ホテルへもどります。

Atahotel Capotaormina

http://www.atahotels.it/capotaormina

わたしたちが2泊したこのホテルは
グランブルーってゆう映画の舞台にもなった
どうやら有名なホテルだったみたい。

サンセットを見たいねと、
またMareの階にあるプールサイドへ。

きれいなきれいなサンセットに
あの頃やこの頃をおもって、ちょっとうるり

Marine Dinner

はやくも4人最後のディナーは
ホテルのレストランで。

さみしいーさみしいーーーー

乾杯は、土着品種のNero D'Avora。

ブルーベリーのように凝縮した果実に、やさしいアフター。

もうお決まりのアンティパストミストは
ここでは、
タコのマリネやカポナータ、海老のカダイフ巻き

キングプラウンのタリオリーニと

Bottaga(まぐろの卵)のスパゲッティーニ

だいすきなまぐろがたくさん獲れるシチリアなので
せっかくだからグリルでも

カジキマグロも、おいしかったよ

ロケーション抜群のリゾートレストランにしては
リーズナブルでとってもおいしかった!
5皿とワインで、150€ほど。

楽しくて楽しくてたのしくて

わらいすぎておなかすくほど笑い転げた2日間でした

またすぐここに
戻ってこれますように!